ファイナンスの意味ってなに? 使い方はしっかり覚えておこう!

ファイナンスの意味ってなに? 使い方はしっかり覚えておこう!

ファイナンスと聞くと「お金のことかな?」というぼんやりとしたイメージは出てきますよね。 果たしてファイナンスの本来の意味とはどんなものなのでしょうか。 今回はファイナンスの意味について紹介していきますね!
ファイナンスと聞くと「お金のことかな?」というぼんやりとしたイメージは出てきますよね。果たしてファイナンスの本来の意味とはどんなものなのでしょうか。

今回はファイナンスの意味について紹介していきますね!

ファイナンスとはどんな意味を持つのか?

こちらでは、ファイナンスにはどんな意味があるのかなどについて紹介していきましょう。ある程度のぼんやりとした意味しか分からない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)

財源、資金

ファイナンスには、事業の元手となる「資金」や収入を生み出す「財源」という意味があります。これらは「お金」単体を意味することが多く、銀行や企業などで多く使われている言葉でもあります。

例えば「プロジェクトのためのファイナンスが足りない」という言葉だと、端的に「お金が足りない」という意味になるんです。

資金調達、融資、金融

事業に必要な「資金調達」、資金を融通するための「融資、金融」を意味します。お金の「供給・調達」という意味であり、銀行などで多く使われていますね。

「自分の仕事は主にファイナンス担当です」という言葉であれば、資金調達や融資担当などの意味になるのです。

資金の管理、財政

資産や収支の管理である「財務、資金管理」や国や自治体が収入・支出をする経済行為を「財政」と言います。基本的にこちらでのファイナンスは「お金の管理」を意味することがほとんどです。

同じファイナンスという言葉でも、一緒に使う言葉が異なることで大きな意味の変化になります。
ファイナンスとは、企業がどのように資金を調達しどのように運用していくべきかを考える経営学の一分野です。

ファイナンスという言葉が使われるようになったのは?

こちらでは、ファイナンスという言葉の語源などについて見ていきましょう! 語源を知ることで、ファイナンスという言葉が持つ意味なども深く知ることができるはずです。

語源はラテン語

ファイナンスの語源はラテン語の「支払って終わらせる」を意味する言葉だと言われています。これが転じて、資金調達や融資、そして金融全般を意味する財政、資金などに変わっていきました。

そのため、最初の語源と現在のファイナンスは少し意味が違ってきているかもしれませんね(;^ω^)

さまざまな使い方がある

ファイナンスは先述したようにさまざまな意味を持ちます。そのため、使い方もいろいろあるのだと覚えておきましょう。

例えば、資金調達活動を意味する「ファイナンス活動」や小口融資を意味する「マイクロファイナンス」などもあります。

ファイナンスと一緒にある言葉で比較的意味が分かりやすくなっているんですよね(;^ω^)

意味自体が幅広く和訳は難しいとされている

ファイナンスという言葉は、和訳するよりも「英語」の方が意味が通じやすいと言われています。

例えば、先述した「マイクロファイナンス」は小口融資を意味します。でも、小口ファイナンスという言葉より「マイクロファイナンス」の方が何となく意味が分かる気がしませんか?

他の言葉も同じであり、落ち着いてみれば「あ、こういう意味なんだ」と分かりやすいものが多いんですよね(;^ω^)

ビジネス用語として使われていますが、意外と一般的には分かりにくい言葉になっているものもあるので覚えておきましょう(`・ω・´)

ファイナンスを使う時は意味に注意しよう!

ファイナンスという言葉は使い方次第で意味が大きく変わってきます。そのため、使い方には気を付けなければいけないのです(;´・ω・)

使い方次第で相手に悪いイメージを与えてしまう可能性もあるのだと覚えておきましょう。

ただ、しっかり覚えておけば間違った使い方はしないのではないでしょうか。先述した例のように、ファイナンスと一緒に使う言葉は分かりやすいものが多いからです(`・ω・´)
TOP