10万円以下で買えるおすすめの株主優待銘柄を教えてください

10万円以下で買えるおすすめの株主優待銘柄を教えてください

株主優待は、銘柄を所有している方にその株を発行している会社から、日頃の感謝を込めて贈られるサービスです。10万円以下でも受けとることができる株主優待が増えてきていますので、資産運用をはじめるのなら、お得な株主優待のある銘柄を選ぶようにしましょう。
株主優待は、銘柄を所有している方にその株を発行している会社から、日頃の感謝を込めて贈られるサービスです。

10万円以下でも受けとることができる株主優待が増えてきていますので、資産運用をはじめるのなら、お得な株主優待のある銘柄を選ぶようにしましょう。

10万円以下で買える株主優待銘柄を選ぶポイント

最近では、10万円以下でも随分といろいろな種類の銘柄を選べるようになりました。

しかし初めて選ぶ方にとっては、選択肢が多すぎて迷ってしまうといったデメリットもあります。そこでこちらでは、最初に10万円以下で買える株主優待銘柄を選ぶポイントをご紹介していきます。

配当利回りをチェックする

株主優待のある銘柄を選ぶ場合であっても、当たり前ですが配当利回りのチェックは欠かせません。業績を今後も伸ばせていけそうな銘柄から選ばないと、いかに株主優待が魅力的であっても本末転倒です。

業績が悪い企業の銘柄は、株主優待の内容も改悪されてしまうリスクもありますので、配当利回りのチェックは必ず行うようにしましょう。

優待内容から選ぶ

株主優待の内容は、銘柄によって大きくことなります。

有名デパートの割引券や居酒屋のお食事券、アクティビティのチケットなど内容が大きくことなりますので、自分が使えそうな株主優待の内容の銘柄を選ぶことが重要になります。

近所で使えるような株主優待の銘柄がおすすめです。

10万円以下で買えるおすすめの株主優待銘柄

10万円以下で買えるおすすめの株主優待銘柄をご紹介していきます。

10万円あるといろいろな選択肢がありますので、迷ってしまう方も多いと思います。今回は、いろいろな種類の株主優待を集めてみましたので、ぜひさんこうにしてください。

1位:三越伊勢丹ホールディングス

三越伊勢丹ホールディングスの株主優待は、10パーセント引が適用される優待買物割引カードになります。

所有している株数によって利用限度額が異なり、100株で利用限度額30万円、300株で利用限度額40万円、500株で利用限度額50万円、1,000株で利用限度額100万円となっています。

10,000株以上を所有すると利用限度額300万円になり、まとまった買い物をする方に有利となります。

2位:イワキ

イワキは2019年に株主優待を新設した企業です。5万円以下で株主優待を受けることができますので、初めて株主優待を狙う銘柄としては最適だと思います。

100株以上のイワキ株を、継続して1年以上保有している株主の方に、3,000円相当のイワキグループで販売している化粧品詰め合わせセットを貰うことができます。詰め合わせセットのコースは三種類から選ぶことができます。

3位:ジョルダン

ジョルダンは、乗換案内のサービスを提供している会社です。ジョルダンの株主優待は、乗換案内PREMIUM(株主優待版)の半年間の利用権になります。3月末と9月末の年に2回配布されます。

通常の乗換案内と乗換案内PREMIUM(株主優待版)の違いは、海外路線検索や車名の検索、便名検索ができること、そして改札名や出口名の表示ができることです。一般的には月額300円かかるサービスですが、株主優待の場合には、これらの機能が無料で使用することができます。

4位:ヤマダ電機

ヤマダ電機の株主優待は、ヤマダ電機で使用できる割引券になります。3月と9月の年二回の配布です。株主優待チケットは、所有している株数によって優待内容が異なります。

3月末の時期には、100株以上所有している株主に対して500円分の優待券が1枚、1000株以上所有している株主に対して500円分の優待券が10枚、9月末の時期には、1100株以上所有している株主に対して500円分の優待券が2枚、1000株以上所有している株主に対して500円分の優待券が10枚を受けとることができます。

5位:一家ダイニングプロジェクト

一家ダイニングプロジェクトは、飲食店やブライダル施設を運営している会社です。

100株以上所有で2,500円相当の食事優待券、200株以上所有で5,000円相当の食事優待券、400株以上所有で10,000円相当の食事優待券を受けとることができます。

この食事優待券は、屋台屋 博多劇場やこだわりもん一家、TANGO、あらた、大衆ジンギスカン酒場ラムちゃんなどで使用することができます。

自分の生活を豊かにしてくれる銘柄を選ぼう

株主優待券は、それぞれの会社によって、内容が大きくことなります。人によって興味のあるものはそれぞれ違いますので、自分のとって最も魅力的な内容の株主優待のある銘柄を選びましょう。
TOP