学資保険はソニー生命が人気なのはなぜ?学資保険を選ぶポイントを解説

学資保険はソニー生命が人気なのはなぜ?学資保険を選ぶポイントを解説

子どもの進学にはお金がかかります。 しかも年々増加傾向にあると聞くと、将来の不安って募りますよね。 学資保険は早く加入すればするほど良いため、備えとして加入している人は多数です。 今回は、学資保険を選ぶポイントと、学資保険の中でも人気のソニー生命の学資保険をご紹介します。
子どもの進学にはお金がかかります。しかも年々増加傾向にあると聞くと、将来の不安って募りますよね。

学資保険は早く加入すればするほど良いため、備えとして加入している人は多数です。今回は、学資保険を選ぶポイントと、学資保険の中でも人気のソニー生命の学資保険をご紹介します。
学資保険とは、生命保険会社が販売している、子どもの学費を貯めるための保険です。契約時に定めた保険料を払い込むことで、子どもが一定の年齢になったときに、「祝い金」、「満期金」という名目でまとまった額の給付金を受け取ることができます。

学資保険を選ぶポイント

学資保険はいろんな生保会社が出しています。どの商品を選べば良いのか迷うほどです。

大切な子どもための進学資金ですから、少しでも多く返ってくる保険を選びたいですよね。

何を基準に学資保険を選べば間違いないのでしょうか。押さえるべきポイントを3つお伝えします。

返戻率の高さ

返戻率とは、保険料として支払った総額に対してどれだけ戻ってくるかの割合です。受け取る総額÷支払いの総額計算することができます。

返戻率が高ければ高い程、戻りが良いということです。%で表すとすれば、もちろんですが100を超える商品が返戻率の高い商品になります。

返戻率は払い終えてから受け取りまでの期間が長ければ長い程高くなるので、少しでも返戻率を上げるなら早めの加入をしましょう。

月々の保険料

どれだけ返戻率が高くて将来の不安がないとしても、保険料の支払いで生活が苦しくなっては元も子もありません。無理せず継続して払えるかどうかは必ず確認をしましょう。

というのも、保険料が払えなくなって解約をするとしたら、学資保険は元本割れをすることがほとんど。

毎月払うのはちょっと無理がありそう…と感じるなら、児童手当を貯蓄に回すといった代替え案を考えましょう。

貯蓄型か保証型か

教育資金を貯めるなら貯蓄型を選ぶのが基本です。

もしも、貯蓄は個人でもできそうだから万が一に備えたい、というのであれば保証型も良いでしょう。オプションの特約を付けることで、子どもの医療保障が追加できます。

ただ、この特約を付けることによって返戻率は下がるので注意が必要です。貯蓄もしたいし保証もほしいのであれば、医療保険は別途で加入するのが良いでしょう。

ソニー生命の学資保険が人気の理由

現在、150万件に近い加入者を誇るソニー生命の学資保険。「学資保険と言えばソニー生命」と言わしめるほど人気の商品です。

なぜ、多くの先輩パパママがソニー生命の学資保険を選んできたのでしょうか。その人気の秘密をみていきましょう。

貯蓄性が高い

ソニー生命の学資保険は返戻率が高く、貯蓄性が高いため人気です。

契約者が30歳で払い込み期間が18歳まで、受取が22歳という場合返戻率は102%、払い込みを10歳までに繰り上げていると返戻率は105.5%にまで上がるとのこと。

しっかりと貯蓄ができることに加え、大学進学までに払い込みが終われば進学資金の心配を長年心配せずともいられる精神的な安心があります。

学資金の受け取り時期が選べる

学資金の受け取りを、どの期間にするかを選ぶことができます。

たとえば、中高の入学時にそれぞれ一時金を受け取る方法や、大学入学時に受け取る方法など、家計に無理のないようにそれぞれ設定が可能。

中高の入学時に受け取るなら、制服やクラブで必要な経費等に充てることができます。また、17歳満期もあるので、早生まれであっても安心です。

ライフプランナーに相談できる

自由にプランが組めるということは、それだけ選択する幅が広いということ。保険の知識が豊富でなければ、ちゃんと家庭に合ったプランを選ぶのはとても難しいでしょう。

ソニー生命には金融全般に詳しいライフプランナーがいます。自分たちでは予測できないことも視野に入れてプランを組んでくれるので、心強い相談相手となるでしょう。

困ったらライフプランナーに相談できるソニー生命で安心を

子どものためを考えると、出来る限りのことをしてあげたいのが親の気持ちです。でも、どの保険が正しいかなんて本当に選択が難しい!

ソニー生命のライフプランナーに相談しながら、ぴったりの学資保険を選んでみてください。

早めの備えで安心を手にしましょう。
TOP