ネット銀行で住宅ローンを借り換えるメリット!借り替え時の注意点も知ろう

ネット銀行で住宅ローンを借り換えるメリット!借り替え時の注意点も知ろう

住宅ローンの借り換えの候補にネット銀行をお考えですか? お得に借り換えられるため、ネット銀行で住宅ローンを借り換えるのは良い手段です。 ですが、気を付けておきたい注意点も数点あります。 メリットと注意点との両方とをお伝えしますので、借り換え先をネット銀行にするか検討してください。
住宅ローンの借り換えの候補にネット銀行をお考えですか?

お得に借り換えられるため、ネット銀行で住宅ローンを借り換えるのは良い手段です。ですが、気を付けておきたい注意点も数点あります。

メリットと注意点との両方とをお伝えしますので、借り換え先をネット銀行にするか検討してください。

ネット銀行に住宅ローンを借り換えるメリット

ネット銀行にまだまだ不安を感じる人は少なくありません。何となく「危険なのでは?」とイメージが先行しています。

オンライン専門の銀行だからこそ、住宅ローンを借り換えるメリットが多いのです。どんな内容が一般的な銀行よりお得なのか、詳しくみていきましょう。

金利の安さ

一般的な店舗型の銀行に比べ、ネット銀行の住宅ローンは金利が安く設定されています。

マイナス金利政策の影響で、以前よりも全体的に金利は低い傾向。それでも、店舗を持つ銀行よりはさらに金利が低くなっているのは大きなメリットです。

ネット銀行での最低金利は0.4%を切るほどです。主要のメガバンクは0.5%に届く金利ですから、その差は歴然と言えます。

ネット申し込み

申し込みのほとんどをネットで完結できるのもネット銀行のメリット。

店舗型の銀行で手続きをしようとすれば、平日の昼間に休みを取らなければなりません。会社の休みが平日であれば問題ありませんが、会社員だと難しいですよね。

銀行の窓口に出向くことなく手続きが完了するのはとても便利。ただ、大手メガバンクでもネット専用住宅ローンだと本契約まで来店不要でできるものが登場しています。

保証料がかからない

住宅ローンを返済できなくなってしまった際、保証会社に返済してもらうため、保証会社と保証契約を結びます。その際の費用が保証料です。

一括で払うこともできますし、毎月に上乗せして払うことも可能。この保証料がかからない、保証料0円の住宅ローンがネット銀行には豊富にあります。

保証料がかからないため、費用を抑えて返済できるのです。

ネット銀行に住宅ローンを借り換えるときの注意点

ネット銀行で住宅ローンを借り換えるのは金利の低さが魅力です。ですが、住宅ローンの借り換えは金利だけで選ぶのは得策ではありません。

ライフプランを考えた上で、全体的な出費を考察することが大切です。ネット銀行で住宅ローンを借り換える際に気を付けたい注意点についてみていきましょう。

事務手数料

事務手数料は融資する銀行が手続きの際に徴収します。銀行によって手数料は異なりますが、借入額の2.2%程がネット銀行では一般的とのこと。

たとえば、融資額が3000万円であれば、66万円が別途かかることになります。

店舗型の銀行によっては、3~5万円が手数料となる場合があり、トータルの諸経費で考えると低金利だから必ずお得とは限りません。

審査が厳しめ

ネット銀行のメリットでもある、オンラインのみでの申し込み。対面型でのやりとりがないため、審査が厳しいとされています。

自己資金率、勤続年数、雇用形態はもちろん厳しい審査の対象です。また、旧耐震基準の物件は住宅ローンが通りにくいとされます。

昭和56年5月31日以前の耐震基準で建てらえた物件かどうかは事前に確認しておきましょう。

自分で煩雑な手続きをする

オンラインで全て手続きができるのは便利ですが、逆に言えば全ての手続きを自分ですることになります。書類の手配はもちろん、内容に不備がないかと自分でチェックをしなければなりません。

知識が無ければ、煩雑な手続きで期間が延びてしまう可能性があります。不動産業者を窓口にできないのは、知識のない人にとっては大きなハードルです。

ネット銀行で住宅ローンを借り換えるなら諸経費を考える

金利が低くてお得に感じるネット銀行での住宅ローンの借り換え。確かに、平日に休みを取る必要もなく、オンラインで完結できる上に金利が低いのでお得です。

ですが、諸経費を全て考えた上で検討することが大切。ご自身のこれからのライフプランを考えて、どの銀行で借り換えるかを決めるようにしてください。
TOP