ネット銀行が危険だと言われる理由ってなに?気になったから調べてみました

ネット銀行が危険だと言われる理由ってなに?気になったから調べてみました

皆さんもネット銀行の口座を作った時に、危ないから辞めた方が良いと言われたことはありませんか?一般的な実店舗の銀行と比べて、ネット銀行は危険だと言われています。 なぜ危険だと言われるのか。 気になったので調べてきました。
皆さんもネット銀行の口座を作った時に、危ないから辞めた方が良いと言われたことはありませんか?一般的な実店舗の銀行と比べて、ネット銀行は危険だと言われています。

なぜ危険だと言われるのか。

気になったので調べてきました。

ネット銀行が危険だと言われる理由ってなに?

わたしは、なぜ危険だと明確な理由を知らないままで、ネット銀行は危険だと思っていました。

テレビのニュースなどでは、ネット銀行でのトラブルが報じられると、より危険だという認識が強くなっていきます。

しかし、ネット銀行を利用したことがない方や、なぜ危険が理解できていない方にとっては、危険だと言われても、本気で心配することができずにいます。

ネット銀行が、なぜ危険だと言われるのか、気になったので調べてきました。

フィッシング詐欺

ネット銀行を利用する上で気を付けなければいけないのが「フィッシング詐欺」です。

フィッシング詐欺とは、電子メールなどを無差別に送信し、メールに記載されているURLをクリックするさせる詐欺です。

URLをクリックすると個人情報が盗まれてしまいます。

電子メールの内容は、大手企業を装ったモノや、友達を装ったモノなど種類は様々です。特に銀行を装ったメールが騙されやすく、口座番号や暗証番号を入力してしまい、預金が引き出されてしまうみたいです。

オンライン銀行詐欺

オンライン詐欺とは、インターネット上にある、パソコンを便利に使用することができるフリーツールや、アダルト画像や動画などをダウンロードをした時や、不正なホームページを閲覧した時に、不正プログラムがパソコンに侵入してしまい、ウイルスにコンピューターが侵されてしまうことによって起こる詐欺です。

コンピューターに侵入したウイルスは、いろいろな情報を引き出されてしまいます。

暗証番号や口座番号、PINコードなどが盗まれてしまい、お金お引き出されてしまうといった事例が多数あるのです。

ネット銀行を利用する際の注意点とは?

リスクはありますが、やはりパソコンやスマートフォンから利用できるネット銀行は、非常に便利なアイテムであることは間違いありません。

ネット銀行を上手に使うためには、リスクを回避しつつ上手に使用する必要があります。

IDとパスワードを忘れると利用できない

ネット銀行は、利用する際に専用画面のログインする必要があります。

そのため、ログインの時に必要となるIDやパスワードを忘れてしまうと利用することができません。しかし、忘れないようにわかりやすいパスワードを設定してしまうと、流出するリスクが高くなります。

忘れた時のために、別のところにメモを取ったり、スマートフォンでしたら生体認証などでログインできるようにしておくことが重要になります。

使えないシーンがある

ネット銀行は、24時間利用できるといったメリットがある反面、使えないシーンがあることを忘れてはいけません。

ネット銀行というくらいですから、インターネット回線が利用できる時でないと使用することができません。
また、ネット銀行の定期メンテナンスの時であったり、パソコンやスマートフォンが故障や紛失などの理由で使用できない時なども使うことができません。

また、ネット銀行が使用しているサーバーなどのトラブルがおきてしまった時なども利用することができません。

リスクを踏まえた上で上手に利用しよう

ネット銀行が実店舗型の銀行と比べて危険だと言われ続けているのには、いろいろな理由がありました。その理由を知ることで、より安全にネット銀行を利用することができるのも事実です。

ネット銀行を使う際には、そういったリスクを理解した上で、上手に利用するようにしましょう。
TOP