おすすめの資産運用ヘッジファンドや選び方のコツについて

おすすめの資産運用ヘッジファンドや選び方のコツについて

資産運用でヘッジファンドを選ぶ際、どのような選び方がいいのでしょうか? 私は「どこでも同じでしょ」と思っていたのですが、全然違いますね……(-_-;) 今回はおすすめのヘッジファンドや、選び方のコツについて紹介していきましょう!
資産運用でヘッジファンドを選ぶ際、どのような選び方がいいのでしょうか?

私は「どこでも同じでしょ」と思っていたのですが、全然違いますね……(-_-;)

今回はおすすめのヘッジファンドや、選び方のコツについて紹介していきましょう!
ヘッジファンドとは、さまざまな取引手法を駆使して市場が上がっても下がっても利益を追求することを目的としたファンドです。ヘッジ(hedge)は直訳すると「避ける」という意味で、相場が下がったときの資産の目減りを避けるといったところから用いられています。

利回りが高い資産運用ヘッジファンドとは?

こちらでは、国内でも代表的なヘッジファンドについて紹介していきましょう。どこを選ぶか決めていない人は、ぜひ候補のひとつにしてみてください!

EXIA

国内で勢いが強いヘッジファンドとして、注目されている会社です。月利ベース平均3%前後で運用しているのです。成功報酬型の手数料控除後なのも良い点ですね。

結果をみて、出資者も増えているようです。結果をしっかり出しているため、これからも期待できる会社と言えるでしょう。

出資者が交流できる催しも開かれているため、横のつながりも生まれやすいといったメリットもあります。

レオス・キャピタルワークス

レオス・キャピタルワークスは講座が分別管理されているので、万が一破たんしたとしても預けている運用資産は守られます。このことから、出資者も安心できますよね。

ただ、運用資産が守られているとはいっても元本保証がされているわけではないのです。そこを勘違いしている人がいるので注意してくださいね(・_・;)

ただ、保有している資産残高に関して信託報酬が年1%ほどかかるようです。そこの部分が少しデメリットに感じられてしまいますね。

ベイビュー・アセット・マネジメント

創立20年の歴史があるので、経験や実績などが他社とは比較になりません。リーマンショックも乗り越えているので、実績に関しては高い安心感があります。

ただ、最低出資額が1,000万円からと高額になっています。

そのため、個人投資家から見るとかなりハードルが高いんですよね。つまり、余剰金として3,000万円ほどがないと利用は難しいと言えます。

ヘッジファンド選びで失敗しないためには?

こちらでは、ヘッジファンド選びで失敗しないためのポイントについて見ていきましょう。どのようなポイントに注目するべきなのかチェックしてみてください!
via pixta.jp

実績があるか

基本的にヘッジファンド選びで重視したいものは「実績」です。創業年数なども重視すべきではありますが、実績がなければ意味がありません。

どのような実績があるのかなどを重視して選ぶことでリスクを減らすことができます。

会社がしっかりしているか

企業自体がきちんとしているヘッジファンドを選ぶことも大事です。

例えば、オフィスが実際に存在していない場合や事務所がマンションの部屋だったりすると怪しさの方が増してしまいますよね(;´・ω・)

しっかりとした会社であれば、きちんとオフィスを構えているはずなので、実店舗などをチェックすることも重要だと言えます。

ファンドマネージャーの顔を確認できるか

顔出しをしているヘッジファンドを選ぶことも重要です。ファンドマネージャーの顔が分かることで利用者も安心することができるのです。

自分のお金で実践しているヘッジファンドマネージャーばかりです。重要なパートナーであるからこそファンドマネージャーが顔出しをしている会社を選ぶことが重要なのです。

さまざまなポイントに注意して資産運用ヘッジファンドを探そう!

ヘッジファンドはしっかりとポイントを押さえた選び方をすることが大事です。どれだけ身長にしても、失敗をすることはあります。だからこそ、妥協のないヘッジファンド選びが重要なのです。

後悔しないために、実績や会社のしっかりとしたヘッジファンドを選んでください。今回紹介した会社はどれも信頼できる会社ばかりなので、おすすめです。

まだヘッジファンド会社を決めていない人は、候補のひとつにしてみてもいいかもしれません。

しっかりとした会社を選んで、堅実な利益につなげてもらいましょう。
TOP