マイナポイントの注意点ってなに?デメリットも知っておこう!

マイナポイントの注意点ってなに?デメリットも知っておこう!

マイナポイントはさまざまな魅力がありますが、デメリットや注意点もあります。 こちらでは、どんなデメリットや注意点があるのかを見ていきましょう(`・ω・´) 注意点などを知っておくことでマイナポイントを上手く使えるようになるかもしれません!
マイナポイントはさまざまな魅力がありますが、デメリットや注意点もあります。

こちらでは、どんなデメリットや注意点があるのかを見ていきましょう(`・ω・´)

注意点などを知っておくことでマイナポイントを上手く使えるようになるかもしれません!

マイナポイントのデメリットは?

マイナポイントはメリットが多いのですが、デメリットもあります。

こちらでは、どんな部分がデメリットに感じられているのかを見ていきましょう(`・ω・´)

キャッシュレスの種類で有効期限がある

キャッシュレス決済サービスの種類によっては有効期限がある場合があります。

基本的に総務省でマイナポイントの有効期限は定められていません。

しかし、マイナポイントと一緒に付帯されるポイントなどは有効期限があるのです。

そのため、マイナポイントと一緒に有効期限がないと考えているといつの間にか失効している場合があるのです(;´・ω・)

マイナンバーカードがないともらえない

当然ながら、マイナンバーカードがないとマイナポイントはもらえません。

マイナポイントのためにマイナンバーカードを作ろうと思っても1ヶ月から2ヶ月かかってしまうので、2020年11月現在から作ろうとしてもマイナポイントの付与期間ぎりぎりになりそうですね。

準備が面倒

マイナポイントのために準備が結構ややこしかったりします。

慣れている人であれば問題ないのですが、こういった手続きが初めての人は苦労することでしょう。

準備が面倒な点がデメリットだと言う人もいるようです。

マイナポイントの注意点

こちらでは、マイナポイントの注意点について見ていきましょう(`・ω・´)

どのような注意点があるのかを知ることで、しっかりとマイナポイントを活用することができるかもしれません(*´ω`*)

ポイントを貯められる期間が限定されている

マイナポイントは貯められる期間が決まっています。

2021年3月末までが貯められる期間となっていて、それ以降は現在未定です。

ただ、マイナポイントの利用者が総定数より遙かに低いので延長の可能性もありますが2020年11月現在はそういった発表はないので2021年3月末で終了する可能性が高いと見てもいいでしょう。

対象となるキャッシュレス決済サービスを使っているか

キャッシュレス決済サービスのすべてがマイナポイントの対象というわけではありません。

クレジットカードは対象のものの方が少なく、対象のサービスであってもやり方を間違っていればマイナポイント還元の対象外となってしまいます。

そのため、しっかりと自分のキャッシュレス決済サービスが間違っていないかを確認しましょう。

利用者照明用電子証明書の有効期限

マイナポイントの申し込みにはマイナンバーカードについている「利用者証明用電子証明書」を利用しなければいけません。

ただ、厄介なことにこの電子証明書の有効期限は5年となっています。

マイナンバーカードの有効期限よりも短いので注意しなければいけません。

マイナポイントを申し込もうとしても、電子証明書の有効期限が切れていることで申し込みができなかったという人もいるからです。

念のために電子証明書の有効期限が切れていないかを確認してからマイナポイントの申請をしましょう。

しっかり注意点を抑えてマイナポイントを貯めよう

デメリットや注意点はありますが、マイナポイントはそれらを抑えることで上手く活用できます。

しっかり確認などをすることでデメリットも注意点もカバーすることができるからです。

マイナポイントを手にするためには、さまざまな準備が必要ですがしっかりとやり方を覚えて、ミスがないようにしましょう!

ミスがあれば、それだけマイナポイント取得の道が遠のいてしまうからです。
TOP