ESG投資のメリットやデメリットとは?どんな手法がある?

ESG投資のメリットやデメリットとは?どんな手法がある?

将来の年金問題を解決するために、さまざまな人が投資に目を向けています。 新型コロナウイルスの影響などもあって、余計に将来に不安を抱く人もいるのではないでしょうか。 今回は投資の中でも「ESG投資」について紹介していきましょう。 ESG投資のメリットやデメリット、商品の選び方などについて紹介していくので参考にしてみてください。 ESG投資をするにあたって、ぜひとも覚えておいてほしい情報ばかりを集めてみました。
将来の年金問題を解決するために、さまざまな人が投資に目を向けています。新型コロナウイルスの影響などもあって、余計に将来に不安を抱く人もいるのではないでしょうか。今回は投資の中でも「ESG投資」について紹介していきましょう。

ESG投資のメリットやデメリット、商品の選び方などについて紹介していくので参考にしてみてください。ESG投資をするにあたって、ぜひとも覚えておいてほしい情報ばかりを集めてみました。

ESG投資のメリット

こちらでは、ESG投資のメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあるのか分からないまま投資をしても失敗のリスクの方が高くなってしまいます。そうならないためにしっかりとどんなメリットがあるか把握しておいてくださいね。

まずはメリットを見ないと「どんな利益につながるんだろう」と疑問のままになってしまいます。

長期的な資産形成に向いている

ESG投資は長期的な資産形成をすることで、リスク低減効果が期待できます。そのため、短期的ではなく長期的な資産形成をしたい人におすすめなのです。投資対象である企業の価値が上昇することで大きなリターンを得られますが、会社の不祥事などが起こればすぐに信用を失ってしまう可能性があるのです。

企業価値の下落リスクなどを事前に想定して、評価に織り込むことができます。その結果、長期リターン確保を目指すことができるのです。

安定した運用が期待できる

ESG投資のメリットのひとつに安定した運用が期待できるというものがあります。長きにわたる運用パフォーマンスが期待できるのです。投資対象となる企業の投資価値が長期的に変動しにくいという考えが持たれているからでしょう。

短期的な利益追求型の企業は業績の良し悪しなどで価値が下落してしまいます。しかし、ESG投資におすすめされている企業の場合は一時的な経済悪化、業績悪化でも投資から外されるリスクが少ないと言われているのです。

資産運用の中には安定したものもありますが、ESG投資の安定さには負けると言われています。ただ、安定はメリットですが不変ではありません。投資である以上、なんらかのデメリットやリスクはあることも忘れないようにしてくださいね。

社会貢献につながる

ESG投資をすることで社会貢献ができるのもメリットのひとつです。ESG投資先は環境や貧困、人権や労働などさまざまな課題がある企業ばかりです。ESG投資はその企業の社会的課題解決の後押しをしてくれます。

そのため、一般的な投資と異なって社会貢献度が高いと言われているのです。投資をしながら社会貢献をしたい人にこそ、ESG投資がおすすめです。ただ、企業によっては社会貢献度が低いものもあるのでしっかり確認をしてから投資をしてください。

ESG投資のデメリット

こちらでは、ESG投資のデメリットについて見ていきましょう。ESG投資はメリットが多い投資ではありますが、デメリットも存在します。メリットだけではなくデメリットも知ることで、しっかりと対策を練ったESG投資ができるようになるのではないでしょうか。

メリットだけの投資なんてありえません。メリットとデメリットを知ることで、しっかりと冷静な投資ができるのだと言われています。

短期運用に向いていない

ESG投資は長期的な投資に向いている商品です。そのため、短期運用には向いていません。なぜなら、短期運用で得るリターンは小さくなりがちだからです。

ESG投資の場合はリターンだけではあく、ESGへの貢献等も考慮した投資先を重視します。そのため、短期的な運用目的で投資をする人の方が少ないのです。リターンが小さくなりやすいと分かっていて、継続する人の方が少ないでしょう。

選定に手間がかかる

ESG投資の場合は、ESG要素の分析なども行う必要があります。一般的な投資であれば財務情報などだけで十分という企業もあります。しかし、ESG投資においてはESGの方が重要視されるのです。そのため、投資先の選定に時間がかかるというデメリットがあります。

選定に手間がかかるということは、それだけ数多くの資料を分析しなければいけないということです。投資先の選定に時間をかけることで、余計な時間を取られるという人もいます。

初心者に向いていない

先述したように選定に時間がかかること、数多くの資料を分析しなければいけないということからESG投資は初心者向きの投資ではなことが伺えますね。投資経験が少ない人でも出来なくはありません。ただ、初心者が始めるのはハードルが高いと感じてしまう傾向があるようです。初心者向けの投資を探している人は、ESG投資を除外した方がいいかもしれませんね。

ただ、書籍などでESG投資に関するものも多く販売されています。ESG投資をしたい人は、そういったものの情報も取り入れてから行うようにしましょう。書籍などには最低限の基礎知識が書かれているので、初心者こそ読んでおくべきものです。

ESG投資商品の選び方

こちらでは、ESG投資商品の選び方について見ていきましょう。

ESG投資と言っても、さまざまなスタイルがあります。株式、債券、投資信託などに分かれているので、それぞれの特徴について紹介していきます。これからESG投資を始めたい人は、ぜひどんな特徴があるのかをチェックしてみてくださいね。

株式投資

ESG関連の銘柄を購入する場合は、投資家自身が情報を入手して評価しなければいけません。詳細な分析のためにはある程度の知識を必要とするので、若干難しいでしょう。ただ、各企業のESGに対する取り組みなどはコーポレートサイトなどで確認ができるようです。

企業をESGの観点から評価するという方法もあります。その評価で優秀な企業で構成される株価指数のひとつであるESG指数やESGスコアを利用しましょう。それらを利用して選ぶ方法があることも覚えておいてください。

債券投資

ESG投資の債券投資の場合は、個人向けの場合は特定のプロジェクトを使途としたテーマ債が多い特徴があります。国内企業によってプロジェクト内容が変わってくるので、しっかりと比較しなければいけません。

債券の適格性を評価する外部機関の評価やESGスコアなどを参考に選ぶのが一般的です。ちなみに外部機関の評価のことをセカンドオピニオンと言います。病院でも同じことが言えますが、外部機関の意見などを参考にするのもおすすめですよ。

投資信託

ESG投資で投資信託を選ぶ人は、ESGに取り組む企業を中心に構成されたファンドから自分に適したタイプを選ぶことができます。ファンドの投資基準や投資先などを確認して選ぶのが一般的ですね。

さまざまな投資信託先があるので、自分に適した企業があるかどうかをチェックしましょう。ファンドを選ぶこともあり、投資方針などもチェックしておくことをおすすめします。優良企業の投資信託をしていたとしても、投資方針が異なることで利益に影響を及ぼす可能性があるからです。

ESG投資の代表的な手法とは?

ESG投資にはさまざまな投資手法があります。それぞれで特徴が大きく変わってくるので、しっかりとチェックしておいてくださいね。こちらでは、ESG投資の中でも代表的な投資手法の3つを紹介します。

これから紹介する3つ以外にも投資手法はありますが、代表的なものを知りたい人はこの3つを覚えておきましょう。それぞれの特徴を把握して、自分がどれに適しているかをチェックしてみてください。

ネガティブ・スクリーニング

ネガティブ・スクリーニングは否定的な選別と呼ばれる手法です。ESGの観点で投資不適格とみなされた銘柄を投資候補銘柄から排除していきます。消去法と言った方が分かりやすいかもしれませんね。絶対に選ばない銘柄をピックアップして除去することで、自然とどれを選べばいいのかを見極めていくスタイルです。

ただ、気をつけたいポイントとしてこれは『投資に向いていない銘柄を除去』するだけです。除去されていない企業すべてがESGに積極的に取り組んでいるわけではありません。そのため、否定的な選別によって除去したからといって残ったものがすべて優良ではないのです。

その辺の見極めを間違えないようにしないと間違った選び方をする可能性があります。ある意味、上級者向けの手法と言っても過言ではありません。見極めに自信がある人におすすめの方法と言ってもいいでしょう。

ポジティブ・スクリーニング

ポジティブ・スクリーニングは肯定的な選別と呼ばれています。ネガティブ・スクリーニングは選ばないものを除去するスタイルでしたが、ポジティブ・スクリーニングはその逆でESG課題に取り組んでいる銘柄を選んでいくスタイルです。

ただ、これは複雑な問題の分析が必要になるので初心者にはおすすめされていません。初心者にも向いていない方法なので、ある程度投資慣れしている人におすすめされています。

インテグレーション

ESG投資におけるインテグレーションは、ESG情報の開示や取り組みに積極的な企業に投資を振り分ける手法となっています。つまり、情報の正確さや豊富さで選ぶと言っても過言ではありません。

ちなみにこのインテグレーションは米国で主流となっているものと言われています。そのためか、日本でも関心が高まっていて、ESG投資においてインテグレーションの手法を選ぶ人も増えているのです。

ESG投資を始めてみよう

ESG投資は社会貢献等もできることから、多くの人の関心を集めています。そのため、投資をするならESG投資と考えている人も多いようです。ただ、ESG投資は社会貢献ができるなどのメリットがありますが初心者には向いていません。ある程度投資異慣れしている人におすすめされています。

だからと言ってまったく初心者ができないわけではありません。中には「ESG投資じゃないと嫌だ」という人もいるでしょう。しっかりと情報を収集することで初心者でもESG投資で成功することは不可能ではありません。
TOP