不動産投資ローンでこだわるべき「金利」とは?

不動産投資ローンでこだわるべき「金利」とは?

不動産投資をする場合は、不動産投資ローンに申し込む人がほとんどのはずです。 投資となれば大きな金額が動くため、キャッシュで購入することは難しい人が多いからです。 不動産投資ローンの申し込みをする際に注目したいポイント、それが金利です。 今回は不動産投資ローンの金利に関するポイントなどをチェックしていきましょう(`・ω・´)
不動産投資をする場合は、不動産投資ローンに申し込む人がほとんどのはずです。投資となれば大きな金額が動くため、キャッシュで購入することは難しい人が多いからです。

不動産投資ローンの申し込みをする際に注目したいポイント、それが金利です。

今回は不動産投資ローンの金利に関するポイントなどをチェックしていきましょう(`・ω・´)
不動産投資ローンと住宅ローンの大きな相違点は、他人に貸して収益を得るのか自分が住むのかという物件購入の目的です。この目的を基準にして、さまざまな違いがあります。

不動産投資ローンの金利を左右するポイントは?

不動産投資ローンの金利を左右するポイントはいくつもあります。こちらでは、どんなポイントが金利を左右するのか見ていきましょう!

借主の属性

不動産投資の融資の際に見られる属性がいくつもあります。年齢や収入、居住状況、家族構成、金融資産などです。

属性によって申し込みした人の与信を数値化して「融資しても大丈夫か」ということを審査するのです。

簡単に言えば、融資申し込み者の経済的なポイント、社会的なバックグラウンドなどをチェックされます。銀行も慈善事業ではないので、属性に不安がある人に融資などはできません。

購入する物件の質や収益性

融資審査は借主の属性だけをチェックされるわけではありません。購入する物件のレベルや収益性もチェックされます。

借主の属性が良くても、明らかに収益に問題がある、質が悪い物件のために融資をしても、銀行にとっては不安だけが残ってしまうからです。

低金利になりやすいのはマンション

不動産投資ローンの融資は、マンションの方が他物件よりも低金利になりやすいことを知っていますか?

マンションの方が立地条件が良い、賃料が安定しているなど銀行にとっても安心できる材料が揃っているからです。

特にC構造のマンションは法定耐用年数が長いため、資産価値も長期的になることから木造アパートよりも融資が受けやすい、金利が低くなりやすい特徴があります。

不動産投資ローンの借入限度額や金利について

こちらでは、不動産投資ローンの借入限度額や金利について見ていきましょう。物件を見つければいくらでも借りられるというわけではありません。

借入限度額や金利のことを知って、お得に不動産投資が出来るようにしておきましょう。

サラリーマンの場合は年収の5倍から10倍程度

一般的にサラリーマンの場合は年収の5倍から10倍程度の融資を受けられると言います。比較的長めに勤めている場合は7倍から10倍の間だと言われています。

ただ、銀行によって若干借入限度額が変わってくることもあります。そのため、ある程度の目安として覚えておくようにしましょう(^_^;)

変動金利とは?

変動金利は固定金利よりも低く設定されることが多いです。そのため、不動産投資ローンを組む際には固定金利ではなく変動金利を選ぶ人が多いですね。

変動金利の場合は、金利が低い時に融資を受ければ支払う利息も少なく済むメリットがあります。

固定金利とは?

固定金利は返済期間を通して金利が変わらず設定されているものです。変動金利のように金利が変動されることがなく、一定金利のまま返済をすることができます。

固定金利は金利があがらないメリットがありますが、変動金利のように下がることもないというデメリットがあることも覚えておきましょう。

不動産投資ローンを申し込む際は金利に注目しよう!

不動産投資ローンを申し込む際は固定金利と変動金利に注目しましょう。どちらにもメリットとデメリットがあります。

自分の返済スタイルなどをチェックして、どちらにするべきなのか決めてください。少しでも低い金利を、と求めるなら不動産投資の物件はマンションにした方がいいでしょう。

マンションは耐用年数が高いこともあり、比較的金利も安い傾向があるのです。少しでも金利を下げたい人は、そういった物件選びの工夫もするようにしましょう。
TOP