【20代お金事情】20代でお金を貯めるためには?他の人たちはどんな使い方をしているのか?

【20代お金事情】20代でお金を貯めるためには?他の人たちはどんな使い方をしているのか?

貯金をすることで将来の不安を軽減することができます。 でも、生活をしながら貯金って言葉にするのは簡単ですが実行するのは難しいんですよね。 年金問題など将来に関して不安なところがあります。 だからこそ、働き盛りの若い世代の時からお金を貯めることを考えておくべきなのです。 今回は20代のお金事情について紹介していきましょう。 20代で貯金をするのは難しいのか、お金の使い方はどうなのかなどを参考にしてみてください。
貯金をすることで将来の不安を軽減することができます。でも、生活をしながら貯金って言葉にするのは簡単ですが実行するのは難しいんですよね。年金問題など将来に関して不安なところがあります。

だからこそ、働き盛りの若い世代の時からお金を貯めることを考えておくべきなのです。

今回は20代のお金事情について紹介していきましょう。20代で貯金をするのは難しいのか、お金の使い方はどうなのかなどを参考にしてみてください。

20代で貯金は難しいのか?

こちらでは、20代で貯金は難しいのかということについて見ていきましょう。現在貯金を目指している人も、上手くいっていない人も参考にしてみてくださいね。

給与自体が少ない

結論から言えば、給与が少ないです。

特に20代前半は社会人になったばかりということもあり、給与は低い傾向にあります。その中から貯金をするお金をねん出するのはなかなか難しいのです。

家と仕事の往復だったら貯金をすることはできるかもしれません。でも、そういうわけにはいかないですよね。人付き合いもありますし、ストレス発散もしなければ爆発してしまいます。

だから、給与が少ない以上は貯金に回せるお金が作れないというのが現状のようです。

もちろん、少ない給与をやりくりして貯金をしている人もいます。給与が少ないのでお金を貯めにくいというだけであって、全員が貯められないわけではないようです。実家暮らしの場合は、20代の中でも比較的貯めやすい方かもしれません。

会社の規模によっては生活で精いっぱい

会社の規模になどによりますが、20代のサラリーマンやOLは生活で精一杯のようです。大企業ともなれば20代前半でもかなり給与は高いんでしょうけどね。地方や中小企業の会社では、なかなか貯金まで回せない人の方が多いようです。

ただ、貯金をする習慣を付けている人は多くいるようです。硬貨用の貯金箱に毎日入れられるだけ入れるという人がいます。1円でも10円でも『お金を貯める』という習慣をつけているのです。

その習慣は将来役立つので積極的に続けていきましょう。1日1円でも1年で365円、50円でも1年続ければ18,250円になります。

お金を貯める習慣をつけることで達成感を得られることもあります。習慣化させることで、貯金の楽しさを覚えたという人も少なくありません。

20代の貯蓄額の平均は?

調査は11月6日から4日間にわたって行われ、20代の男女1000人から有効回答を得た。前回調査の実施時期はコロナ禍前の19年12月だった。

「現時点での貯蓄額」については、「50万円以下」が最多の40.8%。以下「0円」(18.2%)、「50万円超~100万円以下」(14.1%)、「100万円超~200万円以下」(10.2%)、「200万円超~300万円以下」(6.6%)などの順となった。未婚者に限ると平均貯蓄額は61万円。こちらも前回の47万円から14万円増加した。
20代の平均貯蓄額は106万円となっています。地域などによっては前後するでしょうが、平均貯蓄額として100万円前後という感じでしょうね。ただ、実家で暮らしているのかひとり暮らしなのかでも貯蓄額は変わってくるようです。

基本的に20代の人たちは一部を除いて貯蓄がないという人の方が多いようです。どちらかと言えば、20代は自分のためにお金を使うという人が多いのでしょうね。

ただ、地域によって給与が大きく変わってきますが、給与が安くても物価が安いなどのメリットがあるようです。給与が高い地域でも物価が高ければ貯金に回せるお金は少なくなるので、給与差はあまり変わらないという考え方の人も少なくありません。

20代のお金の使い方とは?

こちらでは、20代のお金の使い方について見ていきましょう。20代の人たちはどんなお金の使い方をしているのでしょうか。実際にどんなお金の使い方をしているかを知ることで、貯金ができるのか、できないかが分かってくるはずです。

ライフイベントが多い

基本的に20代はライフイベントが多いです。結婚や出産、子育て、マイホーム購入など自分たちの生活に関わる出費が多くあります。

20代に結婚式が重なって金欠になった、という経験を持っている人も多いのではないでしょうか。時期によっては1年間で5件、6件と結婚式が続くことがありますよね。

ちなみに私は1ヶ月に3回の結婚式に出席したことがあります。あの時は、飛んでいく諭吉を見ながら血の涙が流れていたような気がします。

結婚式は挙げる側も出席する側も出費が続きます。そのため、なかなか貯金に回せるお金がないという人も多いのです。

趣味に使う人が多い

20代前半は社会人になったばかりの人が多くいます。そのため『自分で稼いだお金を趣味に使う』という人も少なくありません。初任給で10万円超えの時計を買ったという人もいれば、ゲームなどに使ったという人もいます。

すべての20代が同じとは言いませんが、基本的に貯蓄よりも使う側が20代のお金の感覚なのではないかと思われます。

勉強に使う人が多い

20代で資格などのためにお金を使う人も少なくありません。将来のためのスキルアップとして、資格取得などをする人が多いです。私も20代の時にいくつか資格を取得していますね。

意外なことに学校を卒業してから勉強した方が楽しいんですよね。同じ勉強を学生時代にしていてもきっと真面目にしなかったでしょう。でも、社会人になってからする勉強はどこか真剣にしていた気がします。

なんとなく大人が勉強をするのはカッコイイという印象があったからかもしれません。

奨学金の返済

20代の経済を逼迫しているのは、実は奨学金の存在。大学の学費を奨学金で賄っている場合、その金額に応じて支払いは長期に亘ります。たとえば、4年制の大学で月5万を奨学金として借りた場合は、240万円が元本となり、月の返済額を一番低い金額の13,874円した場合で 、返済期間は15年ほどかかります。

給与が低い20代において月々13,874円というのはかなりの痛手です。奨学金という名前ですが、中身はローン。

若い年代から返済に追われているのは大変ですよね。

20代で貯金をする人の目的とは?

こちらでは、20代で貯金をする人たちの目的について見ていきましょう。どんな目的を持って20代という若い世代から貯金をしているのでしょうか。どんな目的があるのかを知ることで、貯金をしようか考える人もいるのではないでしょうか。

結婚費用

結婚費用としてお金を貯めている人も少なくありません。恋人がいる人たちがお互いに結婚資金を貯めているという感じなのでしょう。

結婚式・披露宴の費用が350万円ほど、結婚指輪の費用が30万円ほどなので一朝一夕で貯められる金額ではありません。中には親が出してくれる人もいますが、近年は自分たちで貯めて資金をクリアしてから結婚式を挙げるよ言う人も増えています。

もちろん、先に入籍だけ済ませて……という感じですね。

教育資金

子供の教育資金として貯めている人たちも多いです。教育資金として貯めているのは、既に結婚して子供がいる家庭が多いです。子供の場合、幼稚園から大学まで公立に進学させたとしても820万円ほどです。

こどもひとりを大学まで行かせるのは1,000万円ほどかかるっていいますよね。学費だけではなく生活費や教材費用などを含めると、もう少し高くなることでしょう。

住宅購入費

結婚している人たちはマイホーム購入資金として貯めている人も多いです。マイホームと言えば、年配の人が購入するというイメージがありました。でも、近年は20代の若い世代でも購入できるようになっているのです。

費用も決して難しくないものがあるので、そういったもののために貯金する人が増えています。

ローコスト住宅なども取り扱っている会社が増えてきたので、無理なく若い世代でもマイホームを持つことができるのです。勤続年数などがあれば、比較的住宅ローンも通りやすいと言われていますよね。

もちろん、すべての人がローン審査をクリアできるわけではないのですけど。

20代でお金を貯めるためには?

こちらでは、20代でお金を貯めるためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。お金を貯めたいけどなかなか貯められないという人もいるはずです。

そんな人たちは、これから紹介するポイントを押さえて貯金をするようにしてみてください。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、お金のやりくりが上手になります。

「何に使ったかな?」という考えのままだと無駄な出費につながりかねません。

しかし、家計簿をつけることで「これはいらなかったかも」と後から反省することができるのです。そうすることで「この前はこれで失敗したかな」と無駄を反省して繰り返さないことにつながるのです。

家計簿でお金の流れをはっきりさせることで、しっかりとお金の管理やコントロールができるようになります。

貯金口座を作る

むしろ貯金用の口座を作ることもおすすめです。入出金の口座を同じにしているからこそ、余計に「これだけ使おうかな」という風になります。最初から取り出せない貯金用講座を作ってみてはいかがでしょうか。

貯金用講座を作ることで「引き出してはいけないお金」を作ることができます。そうすることで無駄な使い方を抑えることができるのです。

給料の一部を貯金する

貯金のためには給料の10%を貯金するのがいいと言われています。10万円だったら1万円という感じですね。ただ、給与が少ない20代ではなかなかこれを実行するのは難しいでしょう。

10%と言っても給与を受ける側にとっては大きなお金です。生活にかかるお金ということもあり、なかなか踏ん切りをつけられないという人も多いですね。

定期預金などであれば引き出すことができないので、ある意味あきらめもつくんでしょうけどね。ただ、20代の場合は定期預金を作るほどの財力がない人が多いのです・

20代でお金を貯める習慣をつけよう

20代でお金を貯めるためには「習慣」を作ることから始めてください。先述したように硬化用貯金箱に1円でも10円、50円でも構いません。貯めるという習慣をつけることが、将来の役に立つからです。

貯金の習慣を付けている人は、無駄遣いをしない傾向にあります。それは子供の時でも大人になってからでも同じです。貯める楽しみを見つけている人は、無駄遣いを嫌悪する方向にあるのです。

結婚のため、出産のため、子供の学費のため――。

さまざまなライフイベントを経験したい人はお金を貯めておくようにしましょう。特に子供に関してはいろいろなお金がかかるので、お金はいくらあっても困らないほどですからね。
TOP