新型コロナウイルスによる情勢の悪化を踏まえた外国債券見通し

新型コロナウイルスによる情勢の悪化を踏まえた外国債券見通し

新型コロナウイルスによって、色々なものが壊れてしまいました。ワクチン接種が進んでいますが、日常を取り戻すのは少し先になりそうです。そんな中でも外国債券の動きは活発化しています。多くの専門家が、外国債券の見通しについて意見交換をしています。
新型コロナウイルスによって、色々なものが壊れてしまいました。ワクチン接種が進んでいますが、日常を取り戻すのは少し先になりそうです。

そんな中でも外国債券の動きは活発化しています。多くの専門家が、外国債券の見通しについて意見交換をしています。
1年以上にわたって、新型コロナウイルスの影響を受けてきた国内の景気は、ワクチンの接種などが進んでいけば持ち直すとみる企業が多くなっています。

最近の外国債券の状況とは?

最近の外国債券は、新型コロナウイルスによって、リーマンショック依頼の大きなダメージを負ってしまっています。

しかもそのダメージは、今後さらに大きく深くなることが予想されていますので、今後も引き続き注目しなければいけません。現在の外国債券の状況はどのようになっているのでしょうか?

高利回り債券価格が下落している

米中貿易摩擦が激化した2019年の7月に政策金利の引き下げを実施しました。その数か月後には、新型コロナウイルスの影響によって、アメリカ、中国だけでなく世界各国で経済の先行きが不透明になってしまいました。

新型コロナウイルスの影響が徐々に世界に広まりつつあった2020年3月ころから、高利回り債券価格が下落しはじめます。一般的に不況になると、他の投資商品よりも安全性の高い債券は手元に残したくなるのですが、今回の新型コロナウイルスでは、大きく売り込まれてしまった時期もありました。

低位安定

新型コロナウイルスへのアプローチとして、ワクチン接種が世界各国で進んでいます。特にイスラエルなどでは大きな成果が出てきていますので、新型コロナウイルスの終息への道が見え始めたという方も増えてきました。

現在のアメリカ国債の利回りは、低位安定の状況が続いています。債務は膨らみ続けていますので、国の信用リスクも高まっています。これは戦争時の動きと似通っています。

新型コロナウイルスによって、景気が不透明ですので、安定している国債を手放す方は少なくなっていますので、今後もしばらくは低位安定が続くと予想されます。

外国債券の今後の見通しは?

外国債券の今後の見通しはどのようなものなのでしょうか?正直なところ、新型コロナウイルスの影響が強すぎて、どんなに知識の豊富な専門家であっても、今後の見通しをたてることは難しいと言えます。

しかし、外国債券にチャレンジする方にとっては、今後の見通しを知ることは必須です。難しい中でも予想している専門家の意見をまとめてみました。

リフレトレードが期待できる

外国債券に対して、最も影響力が大きいのはアメリカです。そのためアメリカの動向を知ることは欠かすことができません。

アメリカでは、2021年の前半は、バイデン大統領による追加景気対策や、最低賃金の引上げ、各州への財政の支援などによって、リフレトレードが進むと予想されている人が多かったです。

このリフレトレードは、前アメリカ大統領のトランプの時にも期待されていましたが、そこまで大きな成果を得ることはできませんでした。そのため、バイデン大統領のアプローチがどのような影響を及ぼすかに注目があつまっています。

投資チャンスかも

外国債券の価格が、新型コロナウイルスの影響によって急落している状況は、考えようによってはチャンスかも知れません。

外国債券が急落することによって、外国債券の利回りは反対に急上昇しているからです。特にアメリカの債券は、新型コロナウイルスの蔓延以降、急激に価格が下落しています。

現在の外国債券は、下げ止まりなどの期待や毎年高いクーポンを貰うことができるメリットなど、通常の外国債券ではありえないようなメリットがあります。個人投資家の方でしたら、改めて投資を行うチャンスが到来しているとも言えます。

外国債券は分散投資がおすすめ

外国債券は、これまでに無いような不安定な状況が続いています。

新型コロナウイルスの終息時期や終息までの経済の動きなどによって、状況は著しく変化すると予想されます。

そのため、リスクを少なくすることができるように、外国債券は分散投資しつつ、日々の世界経済における変化をしっかりと追い続けることが重要になってきます。
TOP