生命保険の見直しを考えている方おすすめ!60代が入るべき生命保険厳選5選

生命保険の見直しを考えている方おすすめ!60代が入るべき生命保険厳選5選

60代の方で加入している生命保険の保険料が高いと感じていませんか? 生命保険を見直すことで、少しでも保険料をおさえられるかもしれません。javascript:void(0) 今回は生命保険の中で、おすすめの保険をご紹介していきます。 加入されている保険の金額と比較して、もし安い場合は乗り換えを検討しましょう。
60代の方で加入している生命保険の保険料が高いと感じていませんか?生命保険を見直すことで、少しでも保険料をおさえられるかもしれません。

今回は生命保険の中で、おすすめの保険をご紹介していきます。加入されている保険の金額と比較して、もし安い場合は乗り換えを検討しましょう。

60代に必要な生命保険の3つのポイント

60代に必要な保険選ぶに当たって、必要な3つのポイントを紹介していきます。ご紹介したポイントを参考にして保険選びや、見直しをしていくとよいでしょう。

一生涯保障である終身保険を選ぶ

基本的に60代は、高額な死亡保険が不要です。お子さんが独立していて、また貯蓄も充分にあるケースが多く、お金を遺す必要性がないからです。

保険の見直しをするに当たって、掛け捨てタイプの定期保険や収入保障をする保険は見直していきましょう。金額が安くても、一生涯の保障が受けられる終身保険に加入することで葬儀費用や相続対策になります。

医療保険で充分な保障を確保したいかどうか?

保険に加入する方の資産や価値観によって変わりますが、医療保険が必要かどうかも大きなポイントです。予測外の病気やけがで貯金を減らしたくない方は、医療保険に入るといいですよ。

もし不要だと考えているならば、月々の保険料を減らすことができるので解約を考えましょう。

60代はがんや生活習慣病などのリスクが高いため対策をする

60代になると、がんや生活習慣病などにかかるリスクが高くなります。これは男女とも言えることです。

がんになる確率は、2人に1人と言われています。医学は日々進歩しているため、がんが治るケースも高くなりつつあります。

しかしその分、技術が高度化しており、先進医療高額や入院が長引場合は、高額な治療費がかかります。そのため60代は、がんや生活習慣病などをカバーできる保険がいいでしょう。
via pixta.jp

60代におすすめの生命保険5選

先ほど触れたおすすめのポイントを前提として、おすすめの生命保険。その中でも、終身保険を紹介していきます。

ご紹介する保険は、60代に必要なポイントを含んでいますので、ご参考にしてくださいね。

オリックス生命 終身保険RISE [ライズ]

保険料が比較的やすくて、貯蓄性も高い生命保険です。貯蓄と保障を両立させたい方に、おすすめの終身保険となります。
契約可能年齢:15歳~75歳
60歳男性 保険金額:200万円の場合 月払保険料:6,760円

楽天生命 楽天生命スーパー終身保険

楽天系列の会社が扱う保険なので、楽天ポイントがつくことがメリットです。保険料をおさえたうえで、楽天ポイントがついて欲しいと思われる方にとってはおすすめの生命保険となります。
契約可能年齢:30歳~75歳
60歳男性 保険金額:200万円の場合 月払保険料:6,720円

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身保険

リビング・ニーズ特約を付帯させることで、余命6ヵ月以内と宣告された場合は、保険金の一部を受けとれることが特徴です。受け取った保険金は、自由に使うことができるので、生活費や治療費などにあてることができます。
契約可能年齢:20歳~69歳
60歳男性 保険金額:200万円の場合 月払保険料:7,438円

アフラック アフラックの終身保険どなたでも

毎月支払う保険料を2000円から1000円単位で、保険金額を決めることができます。負担できる金額の範囲内で、死亡保障を受けることができるのはおすすめのポイントではないでしょうか。
契約可能年齢:40歳~80歳
60歳男性の場合 月払保険料:6,000円

マニュライフ生命 こだわり終身保険v2

ノンスモーカー料率(非喫煙者保険料率)を採用しています。これは、たばこを吸わないことで、保険料の負担を減らすことができます。たばこを吸っていないのであれば、マニュライフ生命もおすすめの一つとなります。
契約可能年齢:28歳~85歳
60歳男性 保険金額:200万円の場合 月払保険料:8,520円

現在加入している生命保険を見直して少しでも安い生命保険を選ぼう

今回は60代におすすめの生命保険について、一生涯で保障を受けたい方。保障を受ける期間を区切ることで、保険料を安くしたい方など目的別にまとめてきました。現在加入されている生命保険と比較して結果はどうでしたか?

もし、加入している保険料が高いと感じたのであれば、保険の見直しや乗り換えを検討してみましょう。
TOP