30代男女におすすめ!生命保険の選び方とは?

30代男女におすすめ!生命保険の選び方とは?

働き盛りの30代男女は加入する生命保険にもこだわっておかないといけません(`・ω・´) 今回は、30代男女にとってどんな生命保険が向いているのかについて紹介していきましょう。 男女別で紹介していますので、これから生命保険に加入することを考えている人はぜひ参考にしてみてください!
働き盛りの30代男女は加入する生命保険にもこだわっておかないといけません(`・ω・´)

今回は、30代男女にとってどんな生命保険が向いているのかについて紹介していきましょう。男女別で紹介していますので、これから生命保険に加入することを考えている人はぜひ参考にしてみてください!

30代男性におすすめの生命保険の選び方

こちらでは、30代男性におすすめの生命保険はどうやって選ぶかについて見ていきましょう。30代男性は働き盛りであり、家庭を持つ人も少なくありません。

そのため、自分のことだけではなく家族のことも考えた生命保険の選び方をしないといけないのです。

死亡保障を準備する

30代男性の場合、死亡保障を最優先で考えた方がいいでしょう。50代や60代の男性ほど健康リスクが高いわけではありません。

住宅ローンの場合は死亡時に残債が清算されますが、その後の暮らしを支えるための保障は別に必要なのです。そのため、配偶者や子供のことも考えて死亡保障を重視する選び方がおすすめされています。

余裕があれば医療保険も考える

死亡保障が優先とは書きましたが、医療保険が不必要ということではありません。理想としては死亡保障も医療保障も気を配っておきたいところです。ですが、理想ばかりを追求した生命保険の選び方をすると保険料が高額になってしまいます。

そのため、医療保障は余裕がある時に考えるということでもいいでしょう。

通常の生命保険にも入院保障などがついているものが多いので、特約などをつけて保険料を高額にする必要はありません(;^ω^)

働けなくなった時のことを考える

会社員の場合は社会保障がありますが、自営業やフリーランスの場合は働けないことはダイレクトに収入減につながってしまいます。そのため、生命保険は働けなくなった時のための保障も考える必要があるのです。
30代の年間払込保険料の平均は、男性が193,000円、女性が163,000円で、男性の方が女性よりも30,000円高くなっています。男性は年間12万円~24万円を支払っている方が最も多く、女性は年間12万円未満の方が最も多いことがわかります。

さらに、30代の年間払込保険料の平均を月額換算すると、男性は約16,080円、女性は約13,580円となります。

30代女性におすすめの生命保険の選び方

こちらでは、30代女性におすすめの生命保険の選び方について見ていきましょう!

女性の場合は男性ほど死亡保障を重視する必要はありません。なぜなら、一家の収入源のメインは男性という家庭が多いからです。

ただ、収入源のメインが女性の場合は死亡保障を優先した方がいいかもしれませんね(;^ω^)

ある程度の死亡保障

先述したように、女性はある程度の死亡保障で構いません。

ただ、亡くなった場合に残された夫や子供が困らないようにある程度の死亡保障は考えておくべきです。すべての家庭が同じとは言いませんが、目安としては1,000万円ほどの死亡保険金を準備している人が多い傾向になります。

女性保険などを考える

女性の生命保険の場合、女性疾病に特化した女性保険などに注目した方がいいです。特に乳がんなどは年齢を重ねてからの病気ではなく若くして亡くなる方もいます。

そんな時にしっかり治療を受けられるように女性疾病に特化した保険に加入しておく必要があるのです。

妊娠前に医療保険に加入しておく

女性の場合、妊娠前に保険加入をしておくことをおすすめします。なぜなら、妊娠することで加入対象の保険が限られてくるからです(;´・ω・)

妊娠前に加入していれば、帝王切開といった手術が必要となる出産時に医療保障を受けられます。

働き盛りだからこそ生命保険にこだわろう!

30代は働き盛りということもあって生命保険の選び方に注意しなければいけません。男性は死亡保障、女性の場合は女性疾病に特化した保険など、自分たちの状態に合わせた選び方をするべきです。

特に女性の場合は30代から乳がんなどのリスクが高くなってくるので気を付けなければいけません。病気を発症してからでは保険加入をしても意味がないので、しっかり事前に備えておくようにしましょう。
TOP