貯金運用する場合の割合はどれくらいを考えるべき?

貯金運用する場合の割合はどれくらいを考えるべき?

貯金がある状態で資産運用を始める人は多くいます。 でもどのくらいの割合にすればいいのか悩む人っていますよね(;´・ω・) 私も実際「どこまで資産運用に使っていいんだろう」と悩んでいた時期がありました。 今回は、運用をする際の貯金を使っていい割合などについて紹介しますね(‘ω’)ノ
貯金がある状態で資産運用を始める人は多くいます。でもどのくらいの割合にすればいいのか悩む人っていますよね(;´・ω・)

私も実際「どこまで資産運用に使っていいんだろう」と悩んでいた時期がありました。今回は、運用をする際の貯金を使っていい割合などについて紹介しますね(‘ω’)ノ

貯金で投資運用する場合の割合とは?

via pixta.jp
こちらでは、貯金を投資に使う割合について見ていきましょう。目安が分かれば投資方法も見えてくる人も多いのではないでしょうか(*´ω`*)

生活に影響がないか

結論から言えば、生活に影響を及ぼさない程度です。人によって金額は変わってくるので、明確に〇〇円残したらいいなんて言い方はできません(;´・ω・)

それぞれの生活スタイルで使うお金も変わってくるからです。

明確な割合はない

基本的に明確な割合はありません。

割合も含めて自分で決めて投資をしなければいけないからです。ある意味他人に目安を教えてもらった方がやりやすい人もいるかもしれませんね(;´・ω・)

でも、投資は自己責任なので使っていいお金も自分で決めるようにしましょう。

年齢を目安にしよう

年齢を目安にする人も多いようです。投資失敗をすれば老後資金を更に削ってしまうことになります。そのため、老後の貯蓄がなくなるリスクも考えないといけないからです。

逆に働き盛りであれば多少は無理をすることが出来るかもしれません。逆に老後が近づいてきている人は、無理をすると数年、十数年先の将来を破たんさせることになります。

割合を決めておかないとどうなる?

via pixta.jp
こちらでは、割合を決めておかないとどうなるのかについて見ていきましょう。実際に割合を決めていない人がやりやすい失敗を紹介します。

無理な投資をしてしまう

計画性がないと無理をしてしまう人が多くいます。ある意味依存症に近いものがあるのかもしれません。

損失を出しているけど、利益が出たら取り戻せるなんて考え方は今すぐに投資をやめるべきです。その時点でギャンブル依存症のようになってしまっているため、投資から一度離れる必要があります。

生活が成り立たなくなる

依存症のように「取り戻せる!」という考えを持つことで、生活費も投資に浸かってしまいます。その結果、その日の食べるものにさえ困るような生活をしてしまう人もいるのです。

支払いが成り立たず、マイホームも差し押さえられたというケースもゼロではありません。

基本的に3ヶ月分の生活費は残しておく

基本的に3ヶ月分の生活費を残しておくように考えましょう。もちろんこれは最低ラインです。本来であれば、ここまでの無理はしていけないのだと覚えておきましょう。

損失が大きくなればなるほど、博打を打たないといけなくなります。こうなってしまえば損失を取り戻すなんてことはほとんど無理でしょう。計画を立てていれば、ここまでになる前にストップができます。

計画がないからこそ、どこで止まればいいのか分からなくなってしまうのです。

貯金で資産運用をする場合は割合を決めておこう

貯金で資産運用をする場合は、必ず割合を決めておきましょう。そうすることで、万が一でも停止位置を見誤らずに済むからです。資産を増やしたいなら、必ず計画を立てないといけません。

セミナーなどに参加することで割合に関するアドバイスを受けることもできます。

無理な投資をするのではなく、まずは知識や技術を身に着けてから行うようにしましょう。勉強をした分だけ、それが投資の役に立つからです。

最初は上手く行ってもビギナーズラックは長く続きません。最後に儲かる人はそれだけの努力をしているのだと覚えておきましょう( *´艸`)
TOP