1人暮らしで節約と貯金を成功させるポイントはコレ!

1人暮らしで節約と貯金を成功させるポイントはコレ!

1人暮らしは浪費がちで、ちっとも貯金ができないという意見がありますよね。 たしかに独身貴族だなんていって、自由に遊んで暮らしている人もけっこういますね。 でも、一人暮らしの方の多くは、できれば節約をして貯金をしたいと望んでいるのではありませんか? そこでポイントになるのが、節約術と貯金術の両立ですよ。 何をどのように節約するのか?どのレベルの貯金を目標とすればいいのか? 具体的に目安や方法を決めないと、結局なし崩しで失敗してしまうので注意してくださいね。
1人暮らしは浪費がちで、ちっとも貯金ができないという意見がありますよね。
たしかに独身貴族だなんていって、自由に遊んで暮らしている人もけっこういますね。

でも、一人暮らしの方の多くは、できれば節約をして貯金をしたいと望んでいるのではありませんか?
そこでポイントになるのが、節約術と貯金術の両立ですよ。

何をどのように節約するのか?どのレベルの貯金を目標とすればいいのか?
具体的に目安や方法を決めないと、結局なし崩しで失敗してしまうので注意してくださいね。

とにかく家計簿をつけて収入と出費の状態を確認する

お金を浪費してしまう一番の原因は、計画的にお金を使っていないからです。
その場その場で支払を済ませ、残っているお金はその時の気分で適当に使っていくという方が多いんですよね。

それで、給料日前になるとお金がほとんど残っていない状態を繰り返すんです。
こんなお金のヤリクリでは、貯金など夢のまた夢で終わってしまいますよ。

まず、とにかく家計簿をつける習慣をつけましょう。
簡単な買い物ノートぐらいでOKですよ。

いくらの収入があって、それをどのように使ったのか、日付けと品目と金額を記入してノートにするんです。

たったこれだけで、出費内容が把握できますし、収入と出費のバランスがまったくとれていなことも理解できるようになりますからね。

家計簿のデータから設客方法を考える

次に、節約の方法を考えるのですが、それはアナタがつけた家計簿を利用して具体的な方法を考えます。
例えば、ひと月の収入と出費をノートに記入したとしましょう。

これはアナタの浪費を知らせる生のデータで、最も節約のために必要な情報だと理解してくださいよ。
そこで、出費の項目を分類します。

・家賃(住宅ローンも含む)
・通信費用
・光熱費
・食費とその他の生活品の購入費
・借金の返済総額
・趣味
・交際費
・交通費


だいたいこのくらいの科目に分けて、すべての出費を分類してください。
ちなみに20代・30代の独身者の食費(その他の生活品の購入費も含む)と収入の比率は、25~27%で、若い人ほど食費の割合(エンゲル係数)が高いとされていますね。

手取りが20万円の人

例えば月収の手取りが20万円の人であれば、食費は5万~6万円程度となります。
まずは、この範囲内で十分収まるように調整しましょう。

そこで節約術ですが、毎週の月曜日に1万5000円を食費・生活品費と書いて封筒に入れ、それを使い切らないように翌週の月曜までがんばると良いでしょう。

ポイントは、このお金を他のお金に混ぜないことです。

なお、支払いのレシートを封筒に入れて残金を合わせるチェックをするのも必要ですよ。
こうして毎回3000円以上残るようにして、そのお金は月末に定期貯金などの貯金へ回すのがベストですね。

節約の基本はコツコツ

節約の基本はコツコツと一定額を積み立てること。

例えば毎月1万円を貯金すると決めたら、節約した費用の余りをすべて貯金へ回すようにすると上手くいきますし、節約へのモチベーションや満足感がアップしますね。

また、余ったからと他の用途で使わないのも節約術の鉄則ですからね。

通信費と交際費用

次に、通信費と交際費用を節約しましょう。

最近は格安SIMでネット使い放題のプランが3000円ぐらいでありますよね。
通話は専らスカイプやLINEなどで済ませれば、通信費は3000円以内で収まりますよね。

毎月1万円以上使っている方は、ここを徹底するのがベストですよ。
それから交際費も収入の10%以内が相場ですよ。
20万円の手取りなら2万円まで。

それで余った分は貯金へ回しましょう。

これぐらいすれば、毎月1万円や2万円の貯金は十分にできるはずです。
後は、自分のまじめさだけの問題ですよ。

テレワークで生活費の安い地方へ引っ越す

via pixta.jp
もし都市部で生活している人で、テレワークが可能な状態の人は、思い切って地方へ引っ越すのも得策ですね。

ワンルームの部屋なら、都市部と地方では2万円以上は違いますし、物価も何パーセントか安いですよ。
また、お金を使う機会が減るので、節約するのがラクなんですね。

生活環境はちょっと不便になるかもしれませんが、むしろ健康的でのんびりした生活が楽しめるメリットがありますよね。

過疎化の進む地方には移転者の住居をほぼ無料で提供

ついでに言えば、過疎化の進む地方には移転者の住居をほぼ無料で提供してくれたり、仕事を紹介してくれるケースもありますから、そういったところへ移住する方法もありでしょう。

スローライフとか自然に囲まれた生活を望んでいる方は、今のテレワーク・在宅ワークは絶好のチャンスですね。

無駄使いや慢性的な借金から解放され、少ないけれど安定した収入で、誰に気兼ねするでもなく、自分らしく生きるなんてすばらしいですよね。

実際に、そういったライフスタイルを実践している人が増えています。

身軽で軽快な生活へ

それはともかくとして、節約と貯金を実践することは、最終的に身軽で軽快な生活へと続きます。

それは健康的で精神的ストレスの少ない生き方ですから、老後の人生を豊かにしてくれることでしょう。

若いうちは意識しないことですが、元気でモノにこだわらない質素な生活は何物にも代えがたい宝物になりますよ。

そんな将来を思い浮かべながら、自分にちょうど良い節約と貯金を行っていきましょうね。
TOP