【初心者でも簡単にできる】スマホを使った株の買い方を解説

【初心者でも簡単にできる】スマホを使った株の買い方を解説

株を購入してみたいと思ったことはありませんか。 初心者にとっては、「株取引」と聞くとハードルが高いと感じるかもしれません。 しかし、現在は株取引をしたことがない方でも、スマホから簡単に株取引ができるようになっています。 今回は初心者でも簡単に、スマホから株を購入する方法について解説します。
株を購入してみたいと思ったことはありませんか。初心者にとっては、「株取引」と聞くとハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし、現在は株取引をしたことがない方でも、スマホから簡単に株取引ができるようになっています。

今回は初心者でも簡単に、スマホから株を購入する方法について解説します。

スマホで株を購入するときの準備

最初に、スマホから株式を購入するためには、以下3つの準備が必要になります。
(1) ネット証券で口座開設する
(2) スマホから株取引をするための専用アプリをダウンロードする
(3) 株を購入するための資金を証券口座に入金する
準備を整えてから、株取引をやってみましょう。

スマホで株を購入するときの方法

次に、スマホから株取引を行うための手順を解説します。

手順①:証券会社にログイン(取引画面)

まずは、証券会社のトップページからログインします。ログイン画面で、IDとパスワードを入力してログインを選択しましょう。

証券会社によっては株取引専用のツールを用意しています。ツールがある場合は、そのツールにログインしてください。

手順②:購入したい銘柄を検索

次に、購入したい銘柄を検索します。検索欄は、だいたい画面の上にあることが多いです。そこに、購入したい株の会社名、もしくは4桁の銘柄コードを入れて検索します。

購入したい銘柄が見つからない場合は、気になるテーマや業種から銘柄を選ぶこともできます。

手順③:買いたい銘柄を選び注文画面へ

購入したい銘柄が決まったら、その銘柄を選択します。そして、画面の上のほうに「注文」、または「取引」ボタンがあるのでクリックしてください。

手順④:取引の種類を選択

注文画面を進めていくと、取引の種類を選ぶ箇所があります。取引の種類は現物取引と信用取引の2種類あり、さらにその中に買い注文と売り注文があります。
【現物取引】 証券会社に入金している金額の範囲内で、株の購入をすることができる
【信用取引】 入金している金額や所持している株を担保にして、入金している以上の金額の株を購入することができる
今回は「現物取引」の買い注文を選びましょう。信用取引は上級者向けのため、今回は説明を省きます。

手順⑤:数量・価格・執行条件・期間など注文内容を入力

株取引の注文をするときには、何株買うのか?いくらで買いたいのか?などを選択してください。証券会社によって差はありますが、これから紹介する6つの項目でカバーできます。
【数量】 現物取引の場合、数量の単位は1単元(100株単位)となります。1株だけ購入するということは、できませんので注意が必要です。
【数量】 現物取引の場合、数量の単位は1単元(100株単位)となります。
1株だけ購入するということは、できませんので注意が必要です。
【注文方法】 成行 価格を指定せず、素早く購入する方法
指値 価格を指定せず、素早く購入する方法
【価格】 株価がいくらになったら買うのかを選択します。
注文方法を「成行」にした場合は、購入するときの価格は選べません。
【執行条件】 購入しようとしている株が、実際に注文されるための条件を選びます。
先ほど出てきた、指値も執行条件の内の一つです。
下記に、紹介する条件を選択することができます。
引け・大引け 前場や後場の終了時に注文する条件
不成または大引不成 取引時間中は指値で発注する。前場や後場が終わる時間までに取引が成立しない場合、成行注文として注文を成立させる条件
このように、執行条件を決めておくことで、株の売買するタイミングを逃さないようにすることができます。
【預り区分】 預り区分は「一般」を選択します。
中には、選べない区分があるため注意しましょう。
区分の種類については、次の3つがあります。

・一般
・特定
・NISA

【期間】 注文の有効期間を決めることができます。
選んだ期間内に、指定した条件で注文ができなければ、その注文は失効となります。
失効になったとしても、お金がなくなるわけではありませんので、再度条件を設定して注文をしましょう。

手順⑥:注文内容の確認と発注

手順①~⑤までの入力内容を決めて「注文」ボタンを押すと確認画面が表示されます。確認画面で、入力した注文内容に間違いがないどうか確認します。

最後に、注文が確定します。

ほとんどの証券会社では確定時「パスワード」が求められますので用意しましょう。以上、①~⑥までの手順を踏むことで、スマホから株を購入することができます。

スマホから株を購入するためのやり方をマスターし実際に購入してみよう

今回は、スマホから株を買うための方法を解説していきました。株取引を初めてやる方にとっては、慣れていないうちは抵抗感を感じる方もいるでしょう。

まずは、少額で株取引に挑戦して、慣れてきたら金額を増やすといいかもしれません。この機会に、スマホから株取引に挑戦してみませんか。
TOP