外国債券のメリットとは?注意すべき点について

外国債券のメリットとは?注意すべき点について

外国債券にはさまざまなメリットとデメリットがあります。 リスクを減らすためにもしっかりと良い点と悪い点を知っておきましょう。 逆に知識を持っておかないと、最初は良くても泥沼にはまってしまう可能性があります。 投資は損失の沼にハマってしまうと抜け出せなくなるので注意しましょう。
外国債券にはさまざまなメリットとデメリットがあります。

リスクを減らすためにもしっかりと良い点と悪い点を知っておきましょう。逆に知識を持っておかないと、最初は良くても泥沼にはまってしまう可能性があります。

投資は損失の沼にハマってしまうと抜け出せなくなるので注意しましょう。

外国債券のメリットは?

こちらでは、外国債券のメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあるかを知って、自分でも出来そうかなどを見極めるようにしてください。

金利が高い

外国債券は国内債券と比較して金利が高い傾向にあります。

基本的に海外の方が金利が高いこともあって、外国債券をメインにしている投資家も多いほどです。ただ、金利が高いということはそれだけリスクもアップしているということになるため注意は必要。

低資金スタートが可能

外国債券と言えども投資信託であることから、低資金スタートが可能となっています。投資信託会社によりますが、100円や1,000円からのスタートをすることができるのです。

無理のない範囲で投資をすることができるので、初心者にもおすすめされています。

分散投資が可能

外国債券を購入することが分散投資につながることがあります。外国債券は複数の債券に投資する人が多いからです。

リスク分散のために最初から分散投資を選ぶ傾向があるので、万が一の際もリスクを軽減できます。

外国債券のデメリットは?

こちらでは、外国債券のデメリットについて見ていきましょう。投資なのでデメリットやリスクがあることは当然です。

ただ、それらを知っておくことでリスクによる影響を最小限に抑えることができるのではないでしょうか。

為替変動リスク

外国債券の場合は債券の償還時に受け取れる金額が為替変動によって変わってくる場合があります。為替によって基準値も変動するリスクがあるのです。

特に、為替ヘッジなしの場合は為替リスクがあるため要注意。また、各国で値動きの幅も大きく異なります。

新興国債券と先進国債券でも特色が異なるため、注意点は変わります。

これは外国債券ならではのリスクと言ってもいいでしょう。

信託報酬が必要

外国債券だけに限らず、投資信託を選んだ時点信託報酬が発生します。

ファンドによって信託報酬が変わってくるので、なるべく費用を落としたいなら、手数料が低いところを選ぶようにしましょう。

ただ、あまりにも低すぎるのは不安が残ってしまうので、他のファンドと比較してあまり差異がないかどうかもチェックした方がいいでしょう。

流動性リスク

流動性リスクは外国債券だからではなく、国内債券でもありえることです。明確な格付けがないことから、分かりやすい基準値はありません。

そのため、投資信託の成績などからリスクに対するものを把握するしかないのです……。

ある意味、経験がものを言うという感じかもしれませんね。

リスクの中で、明確な対策が取れないのは流動性リスクや為替変動リスクでしょうか。ある意味、運用している人の腕の見せ所と言っても過言ではありません。

外国債券はメリットとデメリットを知ってから取り掛かろう

外国債券はメリットやデメリットを把握してから行うようにしてくださいね。リスクを知らないまま初めてしまい「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

私も投資では失敗していますし、失敗が経験になることもありますがなるべくなら失敗なんてしたくないですよね。

だから、自分自身でリスクに備える必要があるのです。備えると言っても、リスクやデメリットについて把握することくらいしかないんですけどね!

無理のない範囲でしっかり資産運用をしてもらいましょう!
TOP