少額投資のことなら楽天のミニ株を検討しよう!

少額投資のことなら楽天のミニ株を検討しよう!

投資と聞くと大金が動くものというイメージを持っている人がいます。 それは間違いではありませんが、少額投資が可能な商品も多くあるのです。 今回は楽天でおすすめされているミニ株について見ていきましょう。
投資と聞くと大金が動くものというイメージを持っている人がいます。それは間違いではありませんが、少額投資が可能な商品も多くあるのです。

今回は楽天でおすすめされているミニ株について見ていきましょう。

楽天でおすすめの少額投資・ミニ株について

こちらでは、ミニ株がどんなものかについて見ていきましょう。投資と言っても手軽にできる商品が増えたこともあって、分からない人も多いです。

ミニ株もそのひとつであり、これから株式投資を始めたいなという人に向けて紹介しますね。

通常の株より小さい単位

名前の通りミニ株は小さい単位で行われるものです。

通常の株式投資では単元株が採用されているため、100株単位で販売されているものは、100株単位でしか購入できません。

つまり、10株や50株などの販売がないのです。ミニ株はそういった単元株ではないため、10株などの小さな取引が可能となっています。

費用は10分の1程度

ミニ株は通常の株式投資よりも小さい単位でやりとりをするため、当然ながら費用も抑えられます。ある程度の目安として通常費用の10分の1程度と言われているのです。

そのため、株取引初心者の人でも手軽に始められるメリットがあります。

証券会社に口座を開く必要がある

ミニ株を始めるにはミニ株を提供をしている証券会社で口座を開かないといけません。証券会社によってミニ株は呼び方が変わってくることもあるようです。

プチ株やS株なども基本的にミニ株と同様の商品なので検討してみてください。
。実は1万円前後と少額から始められる投資方法が存在します。それが1株単位からの取引も行うことができるミニ株取引です。

ミニ株のデメリットとは?

ミニ株はリスクが低いこともあってメリットの方が大きいように思われています。しかし、実際はデメリットも僅かながらあるのです。

こちらでは、どんなデメリットがあるのかについて紹介していきましょう。これからミニ株を始める人は余計に覚えておくべきと言ってもいいでしょう。

指値注文ができない

株式取引の定番と言えば指値注文です。

しかし、ミニ株の場合はこの指値注文ができないという特徴があります。そのため、欲しい株式が買えたとしてもいくらで買えたのかが分からないハラハラ感があるのです。

ある意味スリルではありますが、リスクを抑えたい側にとっては危険なハラハラ感なので気持ち的に「大丈夫かな?」という思いの方が強いと言えます。

タイムラグある

ミニ株の場合は注文してから値段が決まるまでにタイムラグがあるのです。

タイムラグによって価格が上昇して、思っていた以上に高い価格で買ってしまったということもあります。ミニ株ならではのデメリットと言ってもいいですが、このスリルを楽しんでいる人もいるようです。

そのため、ミニ株から通常株式の取引をしている人はちょっとやり方に慣れないという意見もあります。

制限がかかっていることもある

ミニ株について証券会社によってさまざまな制限がかけられていることがあります。発注制限であったり、取引時間が制限されたりなど証券会社によって異なる特徴があるのです。

ミニ株を始める際は、証券会社にしっかりと制限のことを聞いておかないと実際に取引を始めてから「これは知らなかった」と言うことになりかねません。

楽天で少額投資ならミニ株を検討しよう

少額投資をしたい人は楽天でミニ株を考えてみてください。まず株式投資の取りかかりとしてミニ株で勉強をするのもアリです。

ミニ株であればリスクも最小限に抑えられるので、万が一のことがあっても金銭的な損失を最小限にとどめることができます。

ただ、ミニ株と通常株式ではやり方が異なる部分もあるので注意してください。特に証券会社ごとの制限はしっかり確認しておく必要があります。
TOP