資産運用の初心者にありがちな失敗と成功するコツを紹介

資産運用の初心者にありがちな失敗と成功するコツを紹介

老後の生活資金が心配など、資産運用に興味を持つ人が増えてきています。 しかし、興味があってもなかなか実行に移せない方もいるでしょう。 リスクがあるのではないかと、迷っている人もいるはず。 そこで本記事では、資産運用の初心者によくある失敗や成功するコツを紹介します。
老後の生活資金が心配など、資産運用に興味を持つ人が増えてきています。

しかし、興味があってもなかなか実行に移せない方もいるでしょう。

リスクがあるのではないかと、迷っている人もいるはず。そこで本記事では、資産運用の初心者によくある失敗や成功するコツを紹介します。
2020年時点で日本は低金利のため、銀行にお金を預けていてもほとんど増えません。

資産運用の必要性

コツコツお金を貯めれば、老後の資金作りも問題ないと考える人もいるでしょう。しかし、どんなに働いても老後までに生活資金を貯められる見込みがないと心配する人もいます。

まずは、資産運用の必要性について考えてみましょう。

資産運用はしたほうがいい?

普通預金や貯金の口座にただお金を預けておくよりは、資産運用したほうが少しでも持ち金を増やせそうです。そんな風に期待しても、悪いことではありません。

いつ予想外の出費があるかもわからないため、資産は増やしておくに越したことがないのです。将来の豊かな生活のためにも、資産運用は検討してみたほうがよいでしょう。

資産運用の目的は?

資産運用の目的は、人それぞれです。老後の生活資金作りという人もいれば、マイホームのため、結婚資金を作りたいという人もいます。

何の目的も持たずに資産運用するよりは、目的があったほうが計画的にお金を動かすことができます。

何かに使うだけでなく、ただお金を増やしたいという目的でもよいので、明確な目的や目標を作ってから資産運用を始めましょう。目的を持つことで、お金の大切さを考えることもできます。

世の中のお金の動きがわかる

資産運用をしていると、必然的に世の中のできごとに敏感になってきます。お金が社会でどのようにまわっているかもわかってくるため、社会生活についてより深く考えるようになるでしょう。

社会の中で自分がどのような役割を果たしているか、存在の意義なども感じるようになってきます。

少額でも、資産運用をすることで自分らしく生きることに前向きになれるのです。

資産運用の初心者にありがちな失敗

via pixta.jp
資産運用には、多少なりともリスクがつきものです。いかにリスクを抑えてリターンを生むかが資産運用のコツですが、初心者は失敗もしがちです。

よくある失敗について、紹介しましょう。

資産運用のリスクを理解していない

初心者が資産運用してみようと思ったきっかけで多いのは、夢のような儲け話を知ったときです。マンションに投資して、ほったらかしで副収入を得ている会社員の成功ストーリー。

仮想通貨への投資で莫大な利益を得たITオタクの話など、レアな成功物語を単純に真に受けてしまう人がよくいます。

確かに成功した人もいますが、成功者も常にリスクと向き合っています。自分だけはリスクのない資産運用ができるとは、思わないことが大切です。

自分に不向きな運用方法で無理してしまう

資産運用の知識不足で、自分に合う運用方法が見つからないことがあります。誰かの成功例をマネするだけでは、無理がたたって失敗しかねません。

何事も我慢強い人など、自分向きではない運用を続けてしまうことがあるため注意しましょう。

低リスクの運用方法はリターンも少ない

安全が一番なのは確かですが、低リスクの運用方法ばかりねらっているとリターンも少ないままです。少ない利益で長年コツコツと資産運用するのも、計画的であれば問題ありません。

しかし、低リスクの資産運用は利益も少ないことは頭に入れておく必要があります。

資産運用で初心者が成功するコツとは?

分散投資が基本

100万円の資金を元手に、資産運用を始めるとします。定期預金が自分向きだと思って、定期預金に100万円投じてしまうとします。

これでは、他にもっとお得な資産運用方法があっても資金を活用できません。定期預金は手堅い資産運用方法だとしても、もっと他の方法で運用していたら大きく増えたかもしれないのにと後悔する可能性もあります。

ハイリスクの投資方法は、さらに一括投資が危険です。万が一損失が出た場合、元手をすべて失ってしまうこともあります。

分散投資をしておけば、問題が起こったときに別の投資方法に頼ることができます。複数の運用方法で利益が出た場合は、倍増の利益になる点もメリットです。

長期投資が安全

長期間にわたって続けられる資産運用方法があると、安定的な収益率に期待できます。短期間の運用のほうが、利益と損失の振れ幅は大きくなりがちです。

利益が大きくなればよいものの、損失が大きくなることもあり得るため、短期間よりは長期間の投資をしたほうがリスクを減らせるのです。

福利効果で資産倍増

資産運用して利益が出たら、うれしくなって一時金を引き出してしまうこともあるでしょう。しかし、増えたお金をさらに投資にまわすことでさらなる利益を得ることが可能です。

こうした福利を得たければ、資産運用で利益が出てもぬか喜びせずさらなる投資をするのが成功のコツです。

初心者にありがちな失敗を防いで資産運用上手になろう!

資産運用は、初心者でも上手くやることが可能です。ただし、どんなリスクがあるかや運用方法の向き不向きなどは、しっかり検討する必要があります。

まずは初心者にありがちな失敗に気を付けて、資産運用にチャレンジしてみましょう!
TOP