低解約返戻金型終身保険とは?積立の選択肢としておすすめする理由

低解約返戻金型終身保険とは?積立の選択肢としておすすめする理由

保険の加入を検討する際、種類で悩むこと多いですよね。 複雑で、どれが自分のライフプランに合っているのか判断は難しいところです。 今回は、低解約返戻金型終身保険について解説をしていきます。 貯蓄性の高い低解約返戻金型終身保険を積立の選択肢として検討してみてください。
保険の加入を検討する際、種類で悩むこと多いですよね。複雑で、どれが自分のライフプランに合っているのか判断は難しいところです。

今回は、低解約返戻金型終身保険について解説をしていきます。貯蓄性の高い低解約返戻金型終身保険を積立の選択肢として検討してみてください。

低解約返戻金型終身保険とは

まずは、低解約返戻金型終身保険とはどんな保険なのかを知りましょう。用語こそ難しい響きがしますが、基本的には終身保険です。死亡保証・高度障害保証が一生涯続くことは一般の終身保険と変わりません。

では、低解約返戻金型はどんな特徴があるのでしょうか。

貯蓄性の高い終身保険

低解約返戻金型終身保険は、通常の終身保険よりも貯蓄性が高く、将来の備えとして選択できる保険です。

通常の終身保険よりも保険料が安いのが特徴。ただし、保険料支払い期間中に解約をすると、解約返戻金が少ないことは注意すべき点です。貯蓄性が高いというのは、加入してすぐからではなく、保険料を全て支払った後の期間、と考えてください。

通常の終身保険とはどう違う?

死亡保証・高度障害保証が一生涯続くことは、通常の終身保険と変わりがありません。

通常の終身保険よりも解約返戻金を低くし、保険料も低く設定。保険料の支払いが完了すると、解約返戻金は通常の終身保険と同じ率になります。ということは、無理なく満期まで支払いが完了できるかが鍵です。

保険を選ぶとき、保証を考えると高めの保険に加入することは少なくありません。

しかし低解約返戻金型終身保険の場合、不測の事態で保険料を払えないとなると、保証を受けられないどころか損をしてしまいまうので注意が必要です。

貯蓄のために加入する際に気を付けておきたいこと

貯蓄だけを目的に低解約返戻金型終身保険を選択するのであれば、少し選択肢の幅を広げた方が良いと言えます。

と言うのも、先ほどからお伝えしていますが途中で解約すると損をしてしまうこと、またマイナス金利の今、以前ほどの返戻率ではなくなってきているからです。また、低解約返戻金型終身保険はインフレに弱い側面もあります。

数十年をかけて返戻率を100%以上にするなら、投資信託など資産運用で貯蓄をしていった方が効率的であるのは否めません。

低解約返戻金型終身保険の活用法

貯蓄性の高い低解約返戻金型終身保険は、どんなことに活用できるかを考えていきましょう。保証もあって、貯蓄性も高いので計画的に一定額を貯めることが可能です。ライフプランに組み込めば、必要な時の蓄えとなるでしょう。

老後の資金として

保険料の支払い完了後に返戻率が高くなるので、老後の資金として重宝するでしょう。

老後の資金は、独身者であっても2000万あった方が良いとも言われます。残念ながら年金だけでは十分な資金とは言えないのが現実です。もしも、フリーランスであったとしたら厚生年金分がないのも補填しなければなりません。

早い段階で老後の蓄えとして資産形成を始めましょう。

教育資金の準備として

子どもの教育資金としての準備として重宝します。教育資金を貯蓄する保険の代表は学資保険ですが、加入の条件によっては低解約返戻金型終身保険の返戻率の方が高くなります。

また、教育資金が不要となった場合は継続して貯蓄を続けることが可能です。学資保険か低解約返戻金型終身保険かを選ぶときはプランナーに相談してみるのが良いでしょう。

自分のお葬式代として

自分の死後の準備として、低解約返戻金型終身保険を活用するのも良いですね。

自分のことは自分でしたい、と考える人は多いでしょう。葬儀の大きさにもよりますが、一般的には200万円、火葬のみであっても20万円はかかります。戒名の料金や、盛大に通夜から執り行うならその費用もかかるので、現実的に結構な出費になることもあります。

低解約返戻金型終身保険は遺族の生活までをケアできるほどの保険金は確保できません。「葬式代」の準備と捉えるのが良いでしょう。

低解約返戻金型終身保険をおすすめする理由

低解約返戻金型終身保険は貯蓄性の高さが注目されますが、おすすめする理由はそれだけではありません。
他にもおすすめできる理由があります。解約しないことを前提に考えたとき、おすすめできる理由はどんなことがあるのでしょうか。

積立効率が高い

やはり低解約返戻金型終身保険をおすすめする最大の理由は、通常の終身保険よりも積立効率が高いことです。今や銀行にお金を預けても増えていかない時代です。少しでも貯蓄を増やすのであれば、返戻率が高い商品を選ぶことは必須なのです。

もちろん、外貨建ての保険などもっと積立効率の高い商品もありますが、リスクを取るか安定を取るかの問題もあります。低解約返戻金型終身保険はバランスが良い商品と言えるでしょう。

保険料が割安

通常の終身保険よりも月額の保険料が割安なのは大きなメリットでしょう。保険料支払い中の解約返戻金は、おおむね70%で抑えられているため、その分保険料が割安です。

「途中で解約しない」前提であれば、保証も付く上に将来の返戻率は高く保険料が割安なのはお得になります。「数十年お金を寝かす」と考えれば、同じ終身保険でも低解約返戻金型終身保険の方がお得でしょう。

元本割れのリスクが低い

返戻率が決まっているため、元本が割れる心配が少ないのがメリットです。

資産運用で投資を選ぶ人もいますが、運用方法によっては当然ですが元本割れのリスクがあります。同じく、貯蓄性の高さが売りの変額保険も、運用状況によってはマイナスになることもあります。資産運用でお金に働いてもらうなら、誰だって元本割れは避けたいですよね。

途中で解約しなければ、終身保険としての返戻率は変わりません。

長期運用すれば、リスクが少ない商品なのです。

低解約返戻金型終身保険はこんな人におすすめ

低解約返戻金型終身保険は万人に向けた保険ではありません。むしろ、何の用途で低解約返戻金型終身保険に加入するのかがきちんと理解していないと、最悪損をしてしまうこともあります。

ご自身が低解約返戻金型終身保険の加入に向いているかどうか、チェックしてみてください。

とにかく保険料を抑えたい人

終身保険に加入したいけど月々の保険料をとにかく抑えたい方におすすめです。

終身保険は一度加入すると保険料は変わらず保証が一生続きます。定期型の保険は保険料を抑えられますが、保証の期間は限られているのがデメリットです。

満期後に新たに定期保険に加入するとなると、年齢に応じて保険料は高くなってしまいます。年齢が上がるとともに健康面の不安も出てきます。いざ保険の見直し、といったときに健康面から加入ができないのでは不安ですよね。

人生100年と言われる時代。保証は長く、そして安く継続できる方が安心です。

保証と同時に貯蓄したい人

低解約返戻金型終身保険は貯蓄性の高さが注目されますが、保険ですので保証があることそのものがまず大きなメリットです。

子どもが小さいうちや、ご自身が働き盛りのうちは万が一何かあると生活が大きく変化してしまいます。「いつまでも健康」と胡坐をかいているのは、少し危なっかしい考えでしょう。自分に何かがあった後、確実にお金を残したい人は、貯蓄性の高い保険を選んで間違いがありません。

年齢が高く学資保険に加入するのが難しい人

子どもの教育資金のために学資保険に加入する人は多いのですが、年齢制限がネックです。たとえば、孫のために学資金をプレゼントしたいなら、学資保険よりも低解約返戻金型終身保険に加入しておくと相続税対策にもなり喜ばれるでしょう。

死亡保険金には500万円×法定相続人の人数という相続税非課税枠があります。現金で残すよりも、税金対策になるのです。

独身にとって低解約返戻金型終身保険とは?

家族がいる人にとって低解約返戻金型終身保険は入るか入らないかのチョイスです。でも、独身者にとっては「必要か不要か」から始まります。自分ひとりだしな…と医療保険だけでも良いかな、と感じるのではないですか?

独身者にとっての低解約返戻金型終身保険の必要性を考えてみましょう。

貯蓄目的の終身保険加入はむしろおすすめ

銀行に預けていてもお金は増えていかない時代です。バブル期の数%の利率なんて、今や嘘にも思える超低金利時代です。どうせ増えないお金を銀行で寝かせおくなら、低解約返戻金型終身保険に加入してリターンを少しでも多く受け取る方が良いでしょう。

正直、1人で生きていくのは気楽さもありますが「万が一」の不安もあります。自分で生活を面倒みないといけないので、お金はどれだけあっても良いものです。

貯蓄目的で低解約返戻金型終身保険に加入するのはむしろ独身者だからこそおすすめです。

独身でも父子家庭・母子家庭だと加入がおすすめ

独身であっても、父子家庭・母子家庭であれば低解約返戻金型終身保険に加入がおすすめです。将来、万が一自分に何かあったとき、家族のために確実に残せるお金があった方が良いでしょう。

それに、早いうちから加入していたら、親の介護が必要になったとき、介護費の捻出にもなります。介護には思っている以上の出費があり、長期間となる可能性も否定できません。ある程度の蓄えは必ず必要になります。

自分に何かがあったときのために低解約返戻金型終身保険に加入するのは生活を困らせない大事な選択です。

お金に余裕があるなら必ずしもマストではない

全くの1人で、預貯金にも十分な余裕があるのであれば、低解約返戻金型終身保険の加入はマストではありません。すでに資産を形成しているのであれば、複利でさらに投資で利益を上げていくことができるでしょう。

むしろ、自分でお金のマネジメントができるのであれば、投資で資産を形成した方が効率が良いでしょう。

保険は何かがあったときのための保証です。資産に余裕があるのであれば、次はインフレ対策ができる金融資産を保有するのも良いですね。

低解約返戻金型終身保険は積立の1つとして独身にもおすすめ

低解約返戻金型終身保険は将来設計のために選ぶと良い保険商品です。既婚の人はもちろん、独身の人も、保証はあるに越したことはありません。

とは言え、資産運用を保険だけで行うのは効率が良いとは言えないのも事実です。ライフプラン及び資金状況に沿って運用方法を考えるのが大切です。

何のために貯蓄をするのか、またどれだけの額がいつまでに必要なのかを考えながら商品を選ぶようにしましょう。
TOP