アクサ生命の変額保険の特徴!メリット・デメリットをわかりやすく解説

アクサ生命の変額保険の特徴!メリット・デメリットをわかりやすく解説

アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」は、ラインで変額保険の運用ができるサービスをはじめた注目の保険です。 パフォーマンスの高さなどの評価が高いことや、運用に強い保険会社としても知られています。 アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」について、みていきましょう。
アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」は、ラインで変額保険の運用ができるサービスをはじめた注目の保険です。パフォーマンスの高さなどの評価が高いことや、運用に強い保険会社としても知られています。

アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」について、みていきましょう。

アクサ生命変額保険の特徴

アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」は、どんな内容の保険なのでしょうか。資産運用をする人におすすめと言われる変額保険ですが、どんな特徴があるのか気になるところです。

アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」が持つ特徴について、みていきましょう。

有期型保険

アクサ生命の変額保険「ユニットプラス」は、有期型です。有期型とは、保険期間が一定期間と決まっている保険で、養老保険の変額保険と考えればわかりやすいでしょう。

万が一保険期間中に死亡した場合は、死亡保険を受け取ることができ、満期を迎えた場合は満期保険金を受け取ることになります。

運用実績によって金額が増減しますが、死亡保険には最低保証がついているので低リスクです。

LINEで運用可能

アクサ生命の変額保険は、2020年春よりLINEアプリを利用したサービスを開始しています。アクサ生命のLINEアカウントを友達追加することで、サービスを利用することが可能です。

月々の支払いや契約日などをチェックできる他、積立金・払い戻し金の確認などを気軽にチェックできる業界初のサービスとなっています。

LINEアプリの利用は、若い人でも保険を身近に感じられることや、手軽さが強みです。

世界株式プラス型は利回りが高い

ユニットリンクの特別勘定は、全部で10種類あります。自由に組み合わせをすることができることが特徴です。

特に、外国株式の世界株式プラス型は利回りが良いためおすすめですが、世界情勢などに左右されることなどからハイリスク・ハイリターンと言えます。

世界の株式と日本の金融商品などを組み合わせて、うまく安定性をはかりながら運用すると結果的な実績が上がることが利点です。

変額保険「ユニットリンク」のメリット

アクサ生命の変額保険「ユニットリンク」は、どんなメリットがあるのでしょうか。有期型変額保険の特徴を活かしたメリットは、資産運用や保険などに得を与えます。

アクサ生命の変額保険「ユニットリンク」のメリットについて、みていきましょう。

払込みができなくなっても運用継続

ユニットリンクは、払込みができなくなった場合でも運用を継続してくれるメリットがあります。なんらかの事情で、払込みができなくなることがありますよね。

そんなとき、アクサ生命の変額保険は保険料の払込みをストップした状態で運用をキープしてくれるため、継続することができます。

払込みのトータルは少なくなってしまいますが、資産運用などで挽回することもできるのがメリットです。

終身保険に変更できる

ユニットリンクは有期型の変額保険ですが、積立金や満期保険金額を終身保険に変更することができます。終身保険を解約返戻金の一時払いで購入することになり、積立金はそのままで保険の保証も得られるのでお得です。

有期型保険で上手にお金を運用して、将来に備えた終身保険に変更すれば安心することができます。

資産の組み合わせが可能

変額保険の特徴ですが、資産の組み合わせが自由にできることはメリットです。組み合わせが変えられるというのは、情勢の変化などに対応できることになります。

投資信託の場合などは、組み合わせを変更するために一旦解約をしなければいけません。その点、変額保険は解約することなく変更ができるので、大きなメリットです。

変額保険「ユニットリンク」のデメリット

アクサ生命の変額保険「ユニットリンク」は、いろいろなメリットがありました。しかし、メリットが多くあってもデメリットはあります。

ユニットリンクのデメリットはどんなことがあるのか、みていきましょう。

死亡保障が必ずつく

アクサ生命の変額保険「ユニットリンク」は、必ず保障がついてきます。保険金額は最低200万円まで下げることができますが、そんなに要らないという人中にはいるでしょう。

しかし、最低200万円なのでそれ以下に下げることはできません。そのため、死亡保障は必要がないという人にはデメリットとなります。

10年以内の解約はペナルティ

ユニットリンクの大きなデメリットは、10年以内の早期解約をした場合手数料がかかることです。10年以上の運用では大きなリターンが期待できるユニットリンクですが、10年以内の解約では解約控除額が大きいためデメリットとなります。

結果的に、わずかな金額しか戻らないことになるため、ユニットリンクは10年以上運用することがおすすめです。

受取金の税金に注意

ユニットリンクは特約をつけた場合、年金受け取りができます。これはメリットですが、年金管理費が年金額の1%かかるため結構大きい金額です。

そして、払い込んだ保険料より満期保険額が増えた場合、税金がかかってしまいます。そのため、一時金で受け取る方が軽くなることもあるので覚えておきましょう。

アクサ生命の変額保険で資産運用してみよう

アクサ生命の変額保険「ユニットリンク」は、有期型保険なので生きている間に資産運用でうまく利用することができます。死亡保険に最低保証がついているので、低リスクでお金を増やすことが可能です。

パフォーマンス評価が高いアクサ生命の変額保険で、上手に資産運用していきましょう。
TOP