1人暮らしでお金がたまらない状況を変えるには?

1人暮らしでお金がたまらない状況を変えるには?

1人暮らしでお金がたまらない、このような悩みを持っている人は多いと思います!実家から離れるとお金がカツカツになりがちな理由ですが、心の弱さが最も大きいというのが個人的な意見ですね。身の丈に合っていない家賃の高いところに住んでいるとか、明らかに維持費がかかる自動車に乗っているとか、そういうケースもあるとは思いますが、多くの人は身の丈に合ったところに住んでいて極端な無駄遣いをしていないにも関わらず貯金ができないのです。
1人暮らしでお金がたまらない、このような悩みを持っている人は多いと思います!実家から離れるとお金がカツカツになりがちな理由ですが、心の弱さが最も大きいというのが個人的な意見ですね。

身の丈に合っていない家賃の高いところに住んでいるとか、明らかに維持費がかかる自動車に乗っているとか、そういうケースもあるとは思いますが、多くの人は身の丈に合ったところに住んでいて極端な無駄遣いをしていないにも関わらず貯金ができないのです。

お金をまず貯金しよう

貯金がしたいと思いつつも、何だかんだで本気で貯金をしようとはしていないので、細かい無駄遣いが多いんですね。

1人暮らしは貯金をする絶好のチャンス

しかし、1人暮らしは貯金をする絶好のチャンスなので、本気で貯金に取り組むのがおすすめです!家族が増えれば貯金もなかなか難しくなりますし、1人暮らしの時期にお金を貯める癖をつけておきましょう。

お金を貯めるためには無駄遣いをできる限り減らすのが最も手っ取り早く、それでいて確実ですね。

収入を増やすためには、副業を始めるなど相当に時間や労力をかける必要がありますし、まずは無駄なものをカットするところから始めるのが基本です。

お金を貯めるポイントは労力をかけ過ぎない

お金を貯める上で重要なポイントは労力をかけ過ぎない点で、いちいち家電のコンセントを抜くみたいな節約は基本的に長続きしません。

心が弱くなくても、労力がかかるやり方はうんざりしてしまうものなので、お手軽なものを優先したいですね。待機電力を減らすみたいな労力がかかるものは、他に削るものがない場合の最終手段と思ってください。

そして、節約の方法よりもある意味で重要なのが、手にしたお金のうち一定額を貯金してしまうことですね。余った分だけ貯金するというのは典型的な失敗パターンで、節約を心がけ始めた段階だとまず余りません。

現状、お金がたまらないのであれば、いくら意識を変えようとしても簡単には変わらないのが普通です。何だかんだでお金を使ってしまって残らない可能性大なので、先に貯金しておき、残りのお金で生活するように切り替えるのがいいですよ!

1人暮らしの節約方法

via pixta.jp

月額の利用料金の見直し

手っ取り早くカットできるものは月額の利用料金を払うタイプのもので、スマホはまず手を付けたいところです。

3大キャリアのスマホを使っている場合、格安スマホに変えるだけでも相当の節約が期待できますよ!

格安スマホに変えてしまえば、それ以降は特に労力もなく毎月の節約ができるのが大きいですね。つながりにくさを感じるなどのデメリットもあるかもしれませんが、節約というメリットの方が勝っていると個人的には思います。

そして光熱費

電気代は毎月一定ではないですし節約には手間がかかりますが、電力会社を見直すのは割と楽です。

2016年の電力自由化により様々な企業が電力の分野に参入しているので、よりお得なところを選ぶのがおすすめです!

もっとも、電力会社を見直すことで電気代が大幅にカットできるなんてことは、まずありません。数パーセントくらいの電気代カットは期待できますが、年間で3千円も変化があれば上等な部類だと思います。

ただ、電力自由化により電力会社以外の参入が増えたことで、特典付きのプランが増えたんです(^^)たとえば、電力とガスをセットにしてお得に利用できるプランは電力自由化とガス自由化により、よく見られるようになりました。

実際のところ、バラバラに契約した方がお得なケースもあるので一概にセットがよいわけではありませんが、色々とお得なプランがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無駄な支出

あとは、ジムの会員になったけど、結局ほとんど利用していないというのは定番の笑い話ですが、このような無駄な支出を減らすのも重要ですね。

同様に、趣味にお金がかかっている場合、支出を減らすチャンスなので趣味の見直しも必要です!ただし、趣味をやめることで相当にストレスが増えそうなら、無理にやめるのはおすすめはしません。

他の節約方法でも同様ですが、何だかんだで最も重要なのは自分の体ですので、あまりにもストレスがかかる節約はよくありません。ストレスを避ける、健康をキープする意味でも食費のカットは慎重に行いたいところですね。

安いパスタと調味料だけでしのぐみたいな極端なやり方は問題なので、できる範囲で食費をカットしましょう!

自炊をしているのであれば食費カットはなかなか難しいですが、外食に頼り切りなのであれば自炊を始めるのが効果的ですよ。基本的には支出を減らす方が簡単ですので、最初に貯金をした上で支出を減らすのがおすすめです。

収入を増やす方法!

最後に収入を増やす方法ですが、アルバイトを掛け持ちするとか、自宅でできる副業を始めるのが定番です。

お金を効率よく貯めるのであれば割のいいアルバイトを狙いたいですが、仕事のキツさと時給は比例しやすいので体を壊さないように注意してくださいね。

データ入力といった副業でお金を稼ぐのもアリですが、睡眠時間を削ることのないようペース配分に気を付けましょう!
TOP