これが最強!電子マネー+クレカ5つのお得な組み合わせ

これが最強!電子マネー+クレカ5つのお得な組み合わせ

電子マネーとクレカの連携は、さまざまなメリットがあることから活用されている人も多いと思います。 しかしどの組み合わせが最強なのか、知りたいところですよね。 ですのでここでは、最強と言える電子マネーとクレカの組み合わせを、5つご紹介させていただきます。
電子マネーとクレカの連携は、さまざまなメリットがあることから活用されている人も多いと思います。

しかしどの組み合わせが最強なのか、知りたいところですよね。ですのでここでは、最強と言える電子マネーとクレカの組み合わせを、5つご紹介させていただきます。

何がどうお得になるの?

単純にお得と言っても、一体何がお得なのか…そんな疑問にお答えすべく、まずは電子マネーとクレカを組み合わせることで、何がお得になるのかをご説明します。

ポイント還元がある

ポイントの還元については、電子マネー+クレカと組み合わせることのメリットにおいて、最もよくあるものとなります。

通常、現金を支払って電子マネーにチャージする方式になると思いますが、それで得られるのは電子マネーのメリットだけですよね。

しかしクレカからチャージをすることで、「電子マネーへのチャージ」としてクレカ利用分に対して一定のパーセンテージの還元を受けられる訳です。

つまり電子マネーとクレカそれぞれのポイントを、二重取りできるということですね。

自動チャージができる

電子マネーだけの利用となると、残金が少なくなればチャージをすることになり、意外と面倒なところがあります。しかしクレカと連携しておくことで、悩みの種である毎回のチャージが設定により自由自在となるんです。

ただし、電子マネーをチャージで利用する人は「使いすぎ」を懸念しているのであって、これがメリットにならないこともあるでしょう。

ですので自動チャージは必ずしもメリットとは言えないのですが、計画的にご利用できる人であれば非常に使いやすくなるはずです。

状況で使い分けられる

電子マネーの普及率は昨今かなりのものですが、電子マネー単体だと未だ手が届かない部分もあるのが現実です。

しかし電子マネーとクレカの組み合わせにより、状況により電子マネーを利用する、またとある状況ではクレカと使い分けることが出来るでしょう。

クレカであれば大抵の店舗で利用できますので、電子マネーのフォローとして所持しておくのは有効と言えます。そしてどうせ一緒に持つなら、「最強の組み合わせを」…と言うことです。

どれとどれが最強の組み合わせ?

via pixta.jp
では一体、どの電子マネーとどのクレカが最強の組み合わせとなるのかを、ここで具体的にご紹介させていただきます。

世の中たくさんの電子マネー、クレカがありますが、電子マネーを基準として、普及率の高いものを抜粋させていただきます。

WAON+イオンカードセレクト

都心部でも郊外でも、どこにでもあるイオングループは、皆様にとても身近な存在となります。

そして実際、電子マネーとしてWAONを利用されている人も多いと思いますが、やはり組み合わせで最強となるのは同社発行のイオンカードとなるでしょう。

イオンカードセレクトでWAONへの自動チャージを設定しておくと、「200円=1P」でポイントが貯まります。そしてイオン系列の多くの店舗で、WAON決済は「200円=2P」となりますので、1.5%の還元が見込めて非常にお得です。

nanaco+セブンカードプラスまたはSoftBankカード

nanacoを所持されているなら、セブンカードプラスは必須と言っても過言ではありません。

セブンカードでチャージすることで、ポイントこそ「200円=1P」であるものの、セブンカードにも付与されるのでポイントの二重取りとなるんです。

なお、先にSoftBankカードを所持している状態でもしJCBであるなら、nanacoを持つといろいろとお得でしょう。決済時にチャージポイントが付きますので、同じくポイントを多めに獲得することが出来ます。

Suica+ビッグカメラSuicaカード

JR東日本が発行するSuicaは、ICカードも兼ね備えており全国各地で利用できる、最強の一角となる電子マネーです。そんな最強の一角と組み合わせるカードは、やはりビッグカメラSuicaカードとなるでしょう。

通常のポイントチャージでは、0.5%しかポイント還元がありませんが、ビッグカメラSuicaカードでのチャージならなんと3倍の1.5%となるんです。しかもクレカへのポイントも付与されますので、結果的には実質最大で3.5%もお得になります。

iD+dカード(dカードゴールド含む)

天下の大手キャリアであるdocomoが発行する電子マネー「iD」は、年々ますます知名度を上げつつあります。となるとできるだけお得なカードと連携したいところで、最強と言えるのはやはり同社発行のdカードとなるでしょう。

還元率に関してはおおまかに1%程度なのですが、特定の店舗で力を発揮することから、その店舗によく通われる人ならおすすめとなるでしょう。

マツモトキヨシ、タワレコ、紀伊國屋書店などいくつかありますので、連携を考えるなら一度サイトでそのラインナップを見てみましょう。

楽天Edy+楽天カードまたはリクルートカード

現状、電子マネーで最強と言えるのは楽天Edyと言わざるを得ません。

加入店舗数、サービス数など、どれを取っても一級品であり、是非ともお得なカードと組み合わせたいところですが、やはり相性抜群なのは楽天カードでしょう。

ポイント自体はいつもの「200円=1P」なのですが、使用できる店舗が他とは桁違いであることから、どんどんポイントが貯まっていきます。

しかも二重取りの状態なのは変わらないので、加えて貯まったポイントはまた楽天Edyチャージ可能です。

自分の生活スタイルに合ったものを選ぼう

最強の組み合わせとなる電子マネーとクレカを選んだはいいものの、結局自分の生活スタイルに合っていなくては、還元されるものもされません。

単純に「数字上で一番お得」を選ぶのではなく、自分の置かれた環境の中でモアベターな組み合わせを選ぶことが、結果的に最良となるでしょう。
TOP