貯金ができるようになるコツとは?おすすめ節約も紹介

貯金ができるようになるコツとは?おすすめ節約も紹介

お金を貯めたいと思っても、貯蓄に回すお金が足りない場合があります。しかし同じ収入であっても、貯金ができる家庭はあるのです。 貯金をしたいなら、貯金ができている家庭のコツを真似してみましょう。考え方をちょっと変えるだけで、貯金できる体質に変えられます。 貯金するための考え方のコツと、おすすめ節約方法を紹介します。

貯金ができるようになるコツとは?おすすめ節約も紹介

お金を貯めたいと思っても、貯蓄に回すお金が足りない場合があります。しかし同じ収入であっても、貯金ができる家庭はあるのです。

貯金をしたいなら、貯金ができている家庭のコツを真似してみましょう。考え方をちょっと変えるだけで、貯金できる体質に変えられます。

貯金するための考え方のコツと、おすすめ節約方法を紹介します。

貯金ができるようになるコツ

貯金ができない人は、余ったお金で貯金しようとします。生活費を自由に決められると、妥協してしまい貯蓄額が減ってしまうのです。その一方で、貯金できる人は異なる考え方をしています。

貯金額を先に決める

貯金できる人は、先に貯金額を決めてしまいます。仮に1年後に100万円貯めたいなら、月々8~9万円の貯金額が必要です。なんのために貯金をするのか明確にすると、貯金する意識が高まります。

さらに貯金額を決めてしまえば、おのずと生活費も決まってきます。最初から残ったお金しかないと考えれば、どうにかして生活しようと工夫するものです。

例えば生活費10万円と決めて残りを貯蓄すると、節約意識がだらけます。貯蓄額を決めて生活費が8万円だとすると、より違和感なく節約意識が高まります。

自動引き落としの積み立てを使う

必要な毎月の貯蓄額がわかったら、自動引き落としの積み立てを利用しましょう。毎月貯金をしようと思っても、多くの方は損した気分になってしまいます。自動引き落としなら意識しないため、気づいたらお金が貯まっているでしょう。

積み立ては甘えの意識が影響されず、強制的です。強制であってもストレスが少ないのがいいところです。

積み立ての多くは、途中解約や一部解約ができます。お金が必要になったら引き出しも可能なため、心配せず貯金を続けられます。

貯める楽しみを持つ

貯金は苦しいものだと意識が働くと、長続きしません。一方で楽しみのために貯金をするなら、最後まで達成できる可能性があります。

誰でも強制されるのを嫌うものです。貯金も不安を解消するためではなく、楽しみのためにやりましょう。

旅行のためだったら、積み立ても苦ではないと感じるのではないでしょうか。家を買いたい、車を買いたいなど、大きな出費のための貯金も、楽しみながらやると続けやすくなります。

夫を味方につける

いざ貯金しようと思っても、夫の節約意識が低く邪魔される場合が少なくありません。夫がお小遣い以上に使う癖があるなら、夫も節約や貯蓄に巻き込んでしまいましょう。

人は、ダメと言われると否定したくなる性質があります。無理に節約させるのではなく、貯金は楽しいと教えてあげましょう。

節約や貯金を頑張ったら、夫も貯金を自由に使えるとわかれば、納得してくれるはずです。貯金は家族のためであって、夫の楽しみにも使えると説明してみてください。

貯金のためにやりたいおすすめ節約

毎月定期的に貯金するなら、節約もしなければなりません。節約といってもストレスが少ない方法をやるのがおすすめです。

次に紹介する方法なら、無理なく節約ができるでしょう

通信費を減らす

家庭で使うネット回線は、長く見直していない家庭が少なくありません。どんどん新しいサービスが登場しているため、もっと便利で安いサービスがあるかもしれないのです。

家でのネット利用時間が少ないなら、安いプランで十分かもしれません。携帯電話契約と組み合わせると、割引になるサービスもあります。スマホ代が高額な場合は、格安スマホへの乗り換えもおすすめです

ネット保険に見直す

子どもが小さいと保障の充実を求める傾向があります。ところがそのまま契約を続けると、不要な保障内容かもしれません。生命保険は年齢に応じて保険料も高くなるため、数年ごとに見直しましょう。

ネット保険も視野に入れてみると、月に数千円~数万円保険料が安くなる場合があります。必要な保障内容に見直しながら、保険商品を比較するのがおすすめです。

飲み会の機会を減らす

思ったより消費が大きいのが、飲み会の費用かもしれません。ストレス発散のために飲み会に参加しているなら、別の対策をとりましょう。同じ費用をかけて、自分の趣味に充てたほうが、ストレス解消になる場合があります。

無駄な趣味の費用を減らす

毎月なんとなく趣味にかけている費用は、見直してみましょう。雑誌の購入費、習い事の費用などが当てはまります。新聞を読む時間がないなら、ネットニュースで済ませる方法もあります。

貯金ができる人のコツを取り入れよう

貯金できている人のコツは、先取貯金です。楽しい目標を決めて、毎月の貯蓄額を一定にしてしまいましょう。

節約はほどほどにしながら、無意識で出費しているものを減らしてみてください。
TOP