学資保険はゆうちょがおすすめ!3つのコースと特徴を解説

学資保険はゆうちょがおすすめ!3つのコースと特徴を解説

学資保険を選ぶ際、返戻率の高さはポイントだとされます。 その点、ゆうちょの学資保険はそこまで高いとはされません。 しかし、安心安全であり、ゆうちょの学資保険にしかない備えがあり魅力的です。 そこで、なぜゆうちょの学資保険をおすすめできるのか、詳しく解説していきます。
学資保険を選ぶ際、返戻率の高さはポイントだとされます。その点、ゆうちょの学資保険はそこまで高いとはされません。

しかし、安心安全であり、ゆうちょの学資保険にしかない備えがあり魅力的です。

そこで、なぜゆうちょの学資保険をおすすめできるのか、詳しく解説していきます・

ゆうちょ生命の学資保険は3つのコース

まずはゆうちょの学資保険にある3つのコースをそれぞれみていきましょう。それぞれを特徴別にご紹介します。

これから学資保険を検討されている方は、ご自身のライフプランと照らし合わせながら読み進めてみてくださいね。

大学入学時の学資金準備コース

18歳を満期とし、一括で満期金を受け取るコースです。大学入学及び、準ずる進学に対しての資金を備えることができます。

学資保険には、中学や高校進学と同時に祝い金が出るものがあります。祝い金として受け取ると、都度一時所得として税金が加算されるため、結局返戻率は下がることに。

このコースの特徴は、祝い金がないため返戻率が高くなります。

小中高+大学入学時の学資金準備コース

5歳・11歳・14歳・17歳で学資金を受け取ることができるコースです。加入年齢は3歳までと低くなっています。

返戻率は低くなりますが、学用品の費用や制服代など、進学に合わせて必要な資金を用意できるメリットがあります。

大学進学と同時に一人暮らしをする子どもには、マンションの敷金礼金として準備ができるでしょう。

大学入学時+在学中の学資準備コース

3つのコースの中で最も返戻率が高いのがこの大学入学時+在学中の学資準備コースです。18歳から21歳までの4年間で、満期金を4分割して受け取ります。

支払い完了は18歳ですが、12歳で完了させることも可能。その場合、支払終えてから受け取りまでの期間が長くなるため、さらに返戻率が上がります。

返戻率を気にするなら、保険そのものはシンプルにして特約などは付けないこともポイントです。

ゆうちょ生命の学資保険の特徴

学資保険を提供している生命保険会社は多くあります。なぜ数ある中からゆうちょ?と思いますよね。

ここからはゆうちょで学資保険に加入するメリットをみていきましょう。どんな特徴が特筆すべき部分なのでしょうか。

短期払いが可能

学資保険の満期金は支払い完了から受け取りまでの年数が長い方が、返戻率が上がります。

ゆうちょの学資保険は短期払いをすることが可能ですので、プランによっては返戻率を高くすることができるのです。

0歳児に加入して12歳までに支払いを済ませることが可能となるので、返戻率があがります。

なおかつ、何かと物入りになる中学生以降、保険料の支払いが無くなるのはありがたいですね。

満期のタイミングを選べる

17歳・18歳・21歳と満期のタイミングを選ぶことができます。17歳であれば大学進学にかかる費用、18歳であれば入学金や一人暮らしの準備金、21歳であれば在学中の一人暮らしなど、それぞれのライフステージで決めることが可能。


21歳を満期とするプランは、払い込みが18歳までと長くなるため、月々の負担が軽減されます。どのように備えていくか、しっかりとライフプランを考えながら選びましょう。

加入可能年齢が高い

学資保険は生命保険ですので、年齢と体調によっては加入ができない保険もあります。その点ゆうちょの学資保険は、契約者の加入年齢が65歳と高めの設定。お孫さんへのプレゼントとして、学資保険に加入することができるのです。

ただし、お孫さんへプレゼントするなら、贈与税の対象となることは注意が必要。

黙ってサプライズで保険に加入するのではなく、必ず一言相談してから加入するようにしましょう。

安心なゆうちょ生命の学資保険で子どもの将来に安心を

全国どこでもある郵便局ですから、子ども将来を考えてすぐにでも加入してあげるのが良いでしょう。ただ、ライフプランをきちんと考えることが大切です。

どの時点で満期金を受け取るようにするのが自分にとって、子どもにとってベストかを考えてあげましょう。
TOP