電子マネー支払い方式の種類は?特徴やメリットなどについて徹底解説

電子マネー支払い方式の種類は?特徴やメリットなどについて徹底解説

沢山の電子マネーがあり、どれを選べばいいのか迷っていませんか?ここでは電子マネーの支払い方式の種類、特徴、メリット、デメリットとそれぞれ分けて説明しています。 あなたにあった支払い方式を見つけて、快適な生活を送ってみませんか?
沢山の電子マネーがあり、どれを選べばいいのか迷っていませんか?ここでは電子マネーの支払い方式の種類、特徴、メリット、デメリットとそれぞれ分けて説明しています。

あなたにあった支払い方式を見つけて、快適な生活を送ってみませんか?

電子マネーの支払い方式の種類

電子マネーの支払い方式には
・プリペイド
・ポストペイ
・デビット

の3種類があります。それぞれの特徴があるので、用途に合わせて上手に利用しましょう。

プリペイド

プリペイドは2種類あります。

1つ目はチャージして利用する前払式のキャッシュレス決済です。チャージした分の金額を利用できるので、使いすぎの防止にもなります。JR東日本が提供するSuicaなどの交通系カードやセブンイレブンが提供しているnanacoなどの買い物系カードなど沢山のサービスがついたカードがあります。

2つ目は、使い切りのタイプです。このタイプは図書カードやQUOカードに分類され、あらかじめ利用できる金額が決められているので、贈答品として愛用されています。

ポストペイ

ポストペイは後払い方式の電子カードです。プリペイドと違い、使った分を翌月の支払いを銀行口座から引き落とされます。これはクレジットカードと紐付けているからです。

デビット

デビットは支払いと同時に登録している銀行口座から引き落とされる電子カードです。銀行口座からお金を引き出す面倒さがなく、使いすぎ防止にもなり安心してりようできると主婦層から人気があります。

プリペイドの特徴

プリペイドの最大の特徴は、事前にチャージをした金額内で利用できることです。カード会社のサービス内容によって買い物に応じてポイントが貯まるなど、お得なサービスがあります。

またプリペイドを発行するにあたり審査を受ける必要はありません。年齢制限も緩やかなため、カード会社によっては学生も発行可能です。

以上のことから、「日頃から使いすぎてしまう」「クレジットを持っていないけど、お得に買物をしたい」と考えている人にはプリペイドカードがおすすめです。

プリペイドのメリット

プリペイドカードのメリットは
・年会費の必要がない
・チャージできる
・ポイントが貯まる

があげられます。

年会費が必要ない

長く使ってもらうために年会費の請求がなく、カードブランドがVISAやMasterCardとなっているので、セキュリティも万全です。

チャージできる

事前にカードに入金しておくことで利用でき、足りなくなった場合入金と繰り返して使えます。

事前にチャージしておくので、残高を把握した上で買い物をできるので、使いすぎの防止や計画的なお金の使い方をできるので安心です。

ポイントが貯まる

カード会社によって100円や200円で1ポイントというポイントサービスがあります。ポイントを貯めて商品と交換したり、買い物にポイントを回して使用できるので、楽しく買い物ができます。

プリペイドのデメリット

プリペイドのデメリットでは
・利用額の限度がある
・デポジットがいくらかとられてしまう
・チャージした金額の返金はできない

があげられます。

利用額の限度がある

利用の限度額がありますが、繰り返しチャージをすれば利用可能です。しかし繰り返しチャージをしてしまうと、使いすぎ防止のために利用している人にとっては意味がありません。大きな買い物以外で使用すると決めて使うといいでしょう。

限度額に関しては、プリペイドを取り扱う会社に異なるので、しっかりと限度額を確認しましょう。

デポジットがいくらかとられてしまう

デポジットでいくらかとられてしまう部分ですが、カードの中にはICカードが内蔵されているため、保証金という形でいくらか徴収されてしまうのを念頭におきましょう。

カードを使わなくなった場合、カードを返却するとデポジットで支払った金額が返却されるので安心してください。

チャージした金額の返金はできない

チャージした金額の返金はできないというのは、法律によって原則できないことになっています。しかし、引っ越しなど諸事情により使わなくなった場合に限り、返金が認められる場合があります。

JR東日本のSuicaを例に出すと、Suicaの中にある残高の返金はできませんが、Suicaを返却する場合に限り、デポジットと残高を返金することができます。お手持ちのプリペイドの会社に問い合わせてみましょう。

プリペイドを使う上での注意点

プリペイドを使う上での注意点は
・利用できない加盟店がある
・利用明細がすぐに反映されない
・返品してもすぐに残高が戻らない
・残高不足が生じる
・返品による残高超過が生じる

ということが考えられます。

1つ目のご利用できない加盟店があるでは、カードによっては利用できる店が限定されています。限定される理由として、沢山の商品を自社から買ってもらいたいからポイントを付与しますよというサービスを取り扱っているからです。

2・3つ目の利用明細や商品を返品しても残高が戻らないという現象が起きるのは、通常買い物をすると店からカード会社に利用承認情報というのが送られるのですが、店の状況によって送るのにタイムラグを生じる場合があります。焦らずに待ち、時間がたっても反映されない場合には問い合わせて確認してみましょう。

4つ目の残高不足が生じるのは、利用していて残高を把握していない場合に生じます。買い物をしたら残高を確認する癖をつけておきましょう。

5つ目の返品による残高超過が生じるのは、カード会社によって利用限度額が設けられているため、返品をしても返金分が反映されない場合があります。カードを利用して減算されれば返金される可能性があるので、この場合もカード会社に問い合わせて確認しましょう。

ポストペイの特徴

ポストペイカードはクレジットカードと紐付けたカードなので、事前にチャージをする必要がなく手軽に決済できるのが特徴です。ポストペイ型の電子マネーにしておくと、電子マネーの特徴であるタッチして支払いという手軽さで、カード支払いができるようになります。

ポストペイのメリット

ポストペイのメリットは
・支払いがスムーズ
・他の人に触られないので衛生的
・ポイントが貯まる
・事前にお金の準備する必要がない

ことがあげられます。

支払いがスムーズ

現金で支払いをする場合、財布からお金を取り出して店員に渡し、おつりを受け取るという手間があります。またクレジットカードのような暗証番号を入力したり、サインをするという手間がありますが、ポストペイの場合は端末にかざして支払いが終わるのでスピーディーに買い物ができます。

他の人に触られないので衛生的

クレジットカードだと店員に渡すので、人によってはそれが嫌でクレジットカードでの支払いはしたくないという人もいるかもしれません。ましてや手を頻繁に消毒する昨今では、余計感じることでしょう。

しかしポストペイでは、端末にかざすだけなので、店員に渡す心配もなく衛生的にいいと言えるのではないでしょうか。

ポイントが貯まる

利用すると、現金払いではない自動的にポイントが付与されるサービスがあります。最近はデバイスとクレジットを連動してポイントの確認ができるので、月の買い物額でポイントがどれくらいつくのかがわかると思います。

小さな買い物でもこつこつと貯めていけば、いつもより豪華な食事ができたり、素敵な商品と交換できたりと嬉しいことがいっぱいあります。

事前にお金の準備の必要がない

プリペイドとは反対に、支払いはクレジットカードと同じように翌月払です。残高が足りなくてヒヤヒヤした経験はありませんか?

ポストペイではヒヤヒヤする気持ちを持たずに安心して利用できるのもメリットです。

ポストペイのデメリット

ポストペイのデメリットは
・使いすぎてしまう
・返金が困難

の2つがあげられます。

使いすぎてしまう

支払いの手間が少ないということは、お金を使う感覚も薄れているということが言えます。また支払いが翌月なので、意識をしていないと沢山の物を買い込んでしまい、支払明細書を見て青ざめてしまう可能性もあります。

計画性をもって使用し、使いすぎないように気をつけましょう。

返金が困難

クレジットと同じで、商品を購入した支払いは翌月になります。支払いはまだなので、商品を返却しても返金はされないので、注意が必要です。

カード会社によっては、引き落としにならない場合や一度引き落とされてからカード会社を通じて口座に返金されるので、該当月の支払い明細書やWEBで処理されているのか確実に確認しましょう。

ポストペイを使う上での注意点

デメリットでも言いましたが、クレジットと紐付けているため、使いすぎてしまうと翌月の返済が厳しくなる可能性があるので注意が必要です。手間がかからずスピーディーにできるのがメリットですが、現金で支払っていたときのように残高を確認するという動作がなくなるため、常にどれだけ使っているのかを確認する癖をつけておくようにしましょう。

デビットの特徴

デビットカードは、買い物をして支払った金額が即座に銀行口座から引き落とされるのが特徴です。

デビットカードには
・J-Debit(ジェイ・デビット)
・国際デビット

の2種類があります。
J-Debit(ジェイ・デビット)は、ATMで利用しているキャッシュカードで利用できるものを指し、J-Debit(ジェイ・デビット)に加盟している店舗で利用可能です。加盟店は日本全国にありますが、利用できるのは国内限定です。

国際デビットは、VISAに加盟している海外での店舗で利用可能で、海外で買い物をした場合、現地の通貨と円換算されて即座に日本にある口座から引き落としされます。事前に現地のお金を用意をする手間がなく、便利に使えるのではないでしょうか。

デビットのメリット

デビットのメリットは
・使いすぎる心配がない
・審査無しで発行できる
・お金の管理が簡単

があげられます。

使いすぎる心配がない

口座に残っているお金から引き落とされるので、計画的に使うことができます。クレジットの分割払いやリボ払いが利用できないため、自分の支払い能力以上の支払いがないため安心して利用できるのではないでしょうか。

審査無しで発行できる

原則銀行口座の残高から支払われるので、審査なしで発行が可能です。クレジットカードで利用できるのは18歳以上ですが、デビットは15歳以上から利用可能なので、早い段階で申し込みができます。

お金の管理が簡単

通常銀行口座から引き出しがあれば記録に残りますが、何に使用したのかは自分で記録に残さない限りわかりません。しかしデビットは、何に支払いをしたのかが可視化しているので、お金の管理も簡単にできます。スマートフォンからでも見れるので、通帳記入をしなくても管理ができるので便利です。

デビットのデメリット

デメリットは
・分割払いができない
・ETCカードの発行や利用ができない場合がある

があげられます。

分割払いができない

デビットは原則銀行口座にある残高のみでの支払いなので、クレジットカードと同じように分割払いはできません。しかし、口座に残っている金額のみという縛りがあるため、高い買い物ができず消費する心配がないというメリットでもあると考えられます。

ETCカードの発行や利用できない場合がある

ETCカードは、クレジットカードと同じく、与信枠があるため利用できません。また公共料金やプロバイダーといった毎月引き落とされるものやポイント付与といったサービスも適用されないため注意しましょう。

デビットを使う上での注意点

支払いをするときに銀行口座から即座に引き落とされ、何に買い物をしたのかわかりやすいデビットカードですが、クレジットカードのような与信枠がないため、使えるものに制限があります。

上記でも書いた
・ETCカード
・ガソリンスタンド
・高速料金所での支払い
・毎月引き落とされるもの

に対しては使用できないので注意しましょう。

電子マネーの支払い方式を理解して、普段の買い物に利用しましょう

プリペイド・ポストペイ・デビットの3種類は、それぞれメリットとデメリットがあります。この2つをしっかりと理解し、あなたにあったカードを選択することが重要です。どれもがお金の管理をスマートフォンで確認できるので安心ですが、使う用途によって使い分けることで、ポイントも貯まり生活が豊かになります。

普段の買い物で上手く使い分けて、実りのある生活を送りましょう。
TOP