貯蓄型保険の一括払いの概要!メリットやデメリットも解説

貯蓄型保険の一括払いの概要!メリットやデメリットも解説

貯蓄型保険を運用されている方は多いと思いますが、多くは月々や年での支払いの方が多いでしょう。 しかしこの貯蓄型保険、実は一括払いが出来るとご存知でしたか? ここでは貯蓄型保険の一括払いの概要と、メリットデメリットについてお伝えします。
貯蓄型保険を運用されている方は多いと思いますが、多くは月々や年での支払いの方が多いでしょう。しかしこの貯蓄型保険、実は一括払いが出来るとご存知でしたか?

ここでは貯蓄型保険の一括払いの概要と、メリットデメリットについてお伝えします。

貯蓄型保険一括払いの概要

では初めに、貯蓄型保険一括払いとは一体どのようなものなのか、そのあたりについてから触れていきます。

この場合の一括払いとは?

貯蓄型保険の一括払いという概念についてですが、この場合は「保険の契約時に必要な保険料をすべて払い込む」という意味合いになります。

もちろんどのような支払い方でも保障内容は変わりなく、そこは平準払いと扱い的にも同じと考えていいでしょう。

ただし多くの場合、一括払いには平準払いとは異なるメリットデメリットが発生することになります。もっとも、何をメリットデメリットとするかはその人次第ですので、後述もよく読んでどのように支払うかをしっかりと考えてください。

一括払いが可能な貯蓄型保険

一括支払いをしようと思っていても、どの貯蓄型保険が可能なのかが分からないと思われるかもしれませんが、基本的には「貯蓄型保険と呼ばれるものは大半」当てはまります。

終身保険、学資保険、要領保険、個人年金保険など、一般の方に身近な貯蓄型保険はすべて一括払いが適用されていると考えていいでしょう。

なお、貯蓄型保険ではありませんが医療保険等、その他の生命保険も一括払いが可能なものもありますので、お手持ちに余裕があるなら一度考えてみてもいいのではないでしょうか。

平準払いと何が違う?

先にもありましたが、一括払いに対して平準払い(月々や年での支払い。ステップ払いとも言う)という支払い方式があります。支払いの仕組みから、平準払いは単に「一括払いの分を除算して月々等に割り当てている」だけのように見えますが、細かなところで違うのです。

具体的には、まず一言だけ言えるのが「平準払いよりも一括払いの方が、支払い総額は大きい」ことです。

つまり平準払いは、「一度に支払わなくていいけど、その分多めに支払ってくださいね」という支払い方式なのです。

逆に一括払いは、「一度に支払ってくれたから、本来の値段でOK」というもので、どちらがあなたの環境に合うかをきちんと考えなければなりません。

一括払いのメリットとデメリット

次に貯蓄型保険への一括払いに際する、メリットやデメリットについて解説していきます。

一括払いのメリット

まずは一括払いのメリットからで、これを目的としている方は非常に多いでしょう。
相続税対策になる
3,000万円以下でも15%相当の課税がなされる相続税ですが、これに悩む方はかなり多いと思います。しかし貯蓄型保険の中でも、終身保険を一括払いすることで相続税対象の資産を減らすことが出来るのです。

そのまま現金で所持してしまえば、相続税でご自身の財産が潰されてしまいかねませんので、かなり有用だと考えられます。
解約返戻金が大きい
その保険商品によって異なる場合が多いのですが、終身保険などは一括払いをすると、時に解約返戻金が支払い額よりも大きいことがあります。よって、解約まで気の長い話ではあるものの、「大きく返ってくるお金」に期待して、一括払いをするのも一考の余地ありです。

ただしやはり保険商品によるところが大きいのと、より良い保険商品を探す知識などが求められます。
支払い総額が抑えられる
一括払いの最大のメリットとなるのがやはりコレです。一括払いは平準払いと違い、支払い総額が随分と抑えられるので、そこだけでもかなり節約となるのです。

一括払いのデメリット

次に一括払いのデメリットについてですが、大きなお金が必要であること意外、案外気づけないところがあるようです。
まとまったお金が必要
一括払いのデメリットと言えば大半がコレで、一括払いをするために非常に大きなお金が必要となります。そもそも一括払いの方が支払い総額が少ないのですから、出来るものなら皆一括払いをするに決まっています。

ですがそれが出来ないのは…何より手元にお金がないからなのです。
翌年から控除がきかない
実はこの貯蓄型保険の一括払い、「全額を契約時に払ってしまう」という性質上、控除は「その時限り」となってしまいます。つまり、本来毎年控除をかけるのが一般的な保険なのに、一括払いに限っては当てはまらないということですね。

メリットデメリットを考えて一括払いをしよう

「一括払い」というと、貯蓄型保険に限らず「その時はたくさんお金がいるけど、後が楽だし絶対お得」という固定観念があるでしょう。しかし必ずしも月払い、年払いが損というわけではなく、その人の環境によるところが大きいのです。

その事から、きちんとメリットデメリットを考えてから、決定することが重要です。
TOP