住宅ローンの審査期間や金融機関による特徴について

住宅ローンの審査期間や金融機関による特徴について

住宅ローンの審査期間はドキドキしますよね(;´・ω・) 時間が何倍にも感じてしまう人も少なくありません。 今回は住宅ローンの審査期間の目安などについて紹介していきましょう(`・ω・´)
住宅ローンの審査期間はドキドキしますよね(;´・ω・)

時間が何倍にも感じてしまう人も少なくありません。今回は住宅ローンの審査期間の目安などについて紹介していきましょう(`・ω・´)

住宅ローンの審査期間とは?

住宅ローンの審査期間と言っても、事前審査や本審査などがあります。それぞれで期間が必要になるので、1回だけの審査ではないことを覚えておきましょう。

こちらでは、住宅ローンの審査期間について見ていきましょう。
住宅ローンの審査は大きく分けて、「事前審査」と「本審査」があります。

事前審査の場合は?

事前審査の場合、大体4日前後と言われています。長くても1週間程度で事前審査結果を教えてもらえるでしょう。ただ、自営業者や他にもローンを組んでいる人が多い人は1週間以上かかることもあるようです。

サラリーマンなど安定した収入の人は、比較的早めに事前審査結果が教えてもらえます。

ただ、事前審査が通っても本審査で通過できなかったという人もいます。そのため、事前審査が通ったからと言って安心しないようにしましょう(^_^;)

本審査の場合は?

本審査は平均が1週間前後となっています。長くなる場合は2週間、3週間になることもあるようですね。審査のタイミングなどによっても日数の変化があるようです。

例えば連休前などの場合は、余計に審査日数がかかってしまいますよね。

他にも本審査の場合は追加書類の提出を求められることもあります。そうなると、更に日数がかかると考えておきましょう。

金融機関によって審査期間は変わる?

目安としては先述した通りですが、金融機関によって審査期間は変わってくることもあります。

不安な場合は住宅ローンの申し込みをした時に、担当スタッフに「どのくらいで審査は終わりますか」と聞いておくといいかもしれませんね。

金融機関によって変動がある場合は、その金融機関での目安を教えてもらえるからです。

金融機関による審査期間の特徴とは?

こちらでは、金融機関による審査期間の特徴について見ていきましょう( *´艸`)

これから住宅ローンを考えている人は覚えておいた方がいいかもしれませんね。

メガバンク

メガバンクは不思議ですが、具体的な審査期間が分からないケースが多いようです。メガバンクすべてではありませんが、他の金融機関のように目安を教えてくれないことが多いようです。

実際にネット上の口コミなどを見ると、メガバンクでは「審査期間を訪ねたけど教えてもらえなかった」という意見もあるようです。

ネット銀行

ネット銀行は基本的に「スピーディな対応」が特徴的です。事前審査であれば、即日回答も珍しくありません。しかし、事前審査が短い分、本審査が長めになる可能性があるようです。

なぜなら、必要書類の郵送期間が含まれるからです。

こちらからネット銀行に郵送、ネット銀行からこちらに郵送などの手間がかかってしまいます。郵送期間を除けば3日、4日で本審査の結果が分かることもあるようですね。

その他の銀行

フラット35などを扱う金融機関の場合、本審査が最短3営業日のところもあります。そのため、早く融資を受けたい人はフラット35などを扱っているところを選んだ方がいいかもしれませんね。

ただ、フラット35などは質の高い住宅をメインにしているところがあるので中古住宅では審査が通りにくいという噂もあります。

事実は定かではありませんが、実際に中古住宅でフラット35を利用しようとしたけどダメだった、という意見も多くあります。

住宅ローンは審査期間も考えて申請しよう!

住宅ローンの申し込みをする場合は、審査期間も考えておく必要があります。仕事をしながら、という人が多くいるでしょう。

そのため、金融機関との連絡があまり頻繁に取れない場合もあるのです。そういった人は、なるべく審査期間が短く済むようなところがいいかもしれませんね( *´艸`)
TOP