ドルコスト平均法とは?毎月積み立てをするメリットとデメリットを解説

ドルコスト平均法とは?毎月積み立てをするメリットとデメリットを解説

資産運用をはじめたい人なら、聞いたことがある「ドルコスト平均法」ですが、実際どんなものなのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。税制優遇された積立投資が人気となっている傾向があり、メリットがあるのがドルコスト平均法です。 ドルコスト平均法の意味やメリット・デメリットについて解説していきます。
資産運用をはじめたい人なら、聞いたことがある「ドルコスト平均法」ですが、実際どんなものなのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。税制優遇された積立投資が人気となっている傾向があり、メリットがあるのがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法の意味やメリット・デメリットについて解説していきます。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、結局なんであるのか詳しくみていきましょう。
長期的な資産形成に向いていると言われていますが、いったいなぜなのでしょうか。

まずは、ドルコスト平均法の意味をきちんと知ることが大事なことです。

ドルコスト平均法の意味

ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を一定期間一定額続けて購入していく手法のことです。長期的なスパンを前提とした方法で、投資信託などの金融商品を決まった期間決まった金額で投資し、リスクを分散して資産を増やすことができます。

ドルコスト平均法は、定額購入法とも言われています。USドル建ての投資だと勘違いする人もいますが、ドル建ての投資のことではありません。

最近多いのは、つみたてNISAやiDeCoなどに適用されています。

ドルコスト平均法協会

ドルコスト平均協会とは、ドルコスト平均法についての特徴やリスクをしっかりと伝える役割を行う団体です。日本社会におけるドルコスト平均法を正しく伝えることで、過剰な期待や不安を抑えられる役割を担っています。

ドルコスト平均法による投資が絶対にいいという中身が見えないうわさに振り回されず、リスクもしっかり伝えることをしていることが特徴です。間違った知識によって、過剰な期待をしてしまい失敗することを避けられることを伝えていこうという団体となっています。

ドルコスト平均法の計算

ドルコスト平均法は、積立投資の評価=量×価格(売却時の金額)となります。一括投資とドルコスト平均法は、よく比較されますがどういった違いがあるのでしょうか。

一括投資との違いは、一括投資で購入した場合相場が下落後利益を上げることは難しくなります。最終的に評価額が変わらなかったとしても、ドルコスト平均法で積み立てた場合、リスクとリターンを時間で分散化しやすい利点があるわけです。

結果的に一括投資は元本割れしてしまう可能性があり、ドルコスト平均法は利益を得やすいことがわかります。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法がいいと言われるメリットとは、どんな点があるのでしょうか。計算方法をみてもわかるように、長期的な投資に向いていることは1つのメリットです。

ドルコスト平均法がおすすめされるメリットについて、みていきましょう。

定期・定額購入なので簡単

ドルコスト平均法の大きなメリットは、一定期間の間定額を定期的に購入する方法なので、手間がかからないことです。つまり、ほったらかしにしても問題がありません。

変動を気にして何かをする必要性がないため、最初の仕組みを作ってさえしまえば自動的に積立がされていきます。そのため、忙しい人や初心者の人でも気軽にはじめることができるわけです。

機械的に積立をされていくため、投資をスタートするタイミングも気にしなくて良いこともメリットとなります。

高値摘みを回避できる

購入額が決められているドルコスト平均法は、価格が高いときは購入口数が少なくなり、価格が低いときは購入口数が多くなります。基準値が下がった場合でも、たくさん購入できたということになるため、毎日相場をチェックしてドキドキする必要がありません。

相場を読み間違えて高値摘みしてしまうことを回避できることが、メリットです。これは、投資にとってリスクを軽減できるため、低リスクで安全な投資をできることになります。

長期投資なら低リスク

ドルコスト平均法は、長期投資に向いている方法です。少額からスタートをすることもできるので、若い世代でもはじめやすいことと、長期的な投資であれば負けが少ないことはメリットとなります。

基準値が下がったタイミングで多くの口数を購入しておき、その後価格が高くなれば負けることが少ないことになります。そのため、20年以上の長期投資であれば、そのチャンスが多くなるため低リスクで安全にお金を動かせることになるわけです。

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法はメリットも多くありますが、デメリットも当然あります。賢くドルコスト平均法を活用して運用するためには、デメリットをしっかり理解しておくことが必要です。

ドルコスト平均法のデメリットについて、みていきましょう。

短期のハイリターンは望めない

ドルコスト平均法は、長期投資であればメリットとなります。短期間でハイリターンを求める人には、向かない方法です。

長い時間を掛けてたくさんの口数を購入することがドルコスト平均法の目的なので、短期で多くのリターンを望むことは難しいと言えます。ドルコスト平均法を活用するなら、ある程度の期間がないと購入価格を平準化することができないため、長期的に考えなければいけません。

そのため、安定した収入や貯蓄が必要となります。

手数料が高い場合もある

ドルコスト平均法は、定期的に定額を購入することになるため手数料がかさんでしまうこともあります。投資信託の場合、販売手数料・信託報酬・信託財産留保額などの手数料が掛かるケースがあるためです。

長期投資となるため、思っているよりも手数料が多く掛かってしまえばマイナスに転じてしまう可能性もあります。しかし、ノーロードと言われる販売手数料がかからない投資信託も増えているため、それらを選ぶことがおすすめです。

投資のタイミングによって損失もある

ドルコスト平均法は、短期間投資でハイリターンを求めることは難しい方法です。そのため、相場が上がったタイミングで投資をすることができません。

大きなリターンを期待できる場合でも、投機できないことがデメリットです。そのため、投資で大きなもうけを期待したい人にとっては、ドルコスト平均法はメリットを感じられないことになります。

そしてドルコスト平均法は、価格の標準化によってメリットがありますが、もし下落し続けた場合は元本割れをしてしまう可能性もあることも覚えておきましょう。

ドルコスト平均法のはじめ方

実際、ドルコスト平均法をはじめたい場合は、どうやってはじめたら良いのでしょうか。ドルコスト平均法を取り入れて運用している商品を選ぶことで、ドルコスト平均法をはじめることができます。

ドルコスト平均法をはじめる方法について、みていきましょう。

投資信託

ドルコスト平均法で運用する場合「つみたてNISA」や「iDeCo」の制度を活用するなら、投資信託がおすすめです。ファンドと購入額を決めたら、あとは自動に積立がされていくため初心者でもはじめやすいことがメリットとなります。

投資信託は、少額からスタートできるため資産を多く準備できない人でもはじめられるため、20代や30代でも無理なく低リスクでできます。投資に手間がかからず、相場に左右されずコツコツとはじめたい人におすすめです。

変額保険

変額保険とは、死亡保障だけでなく資産形成をしていくことができる金融商品です。日本ではあまりメジャーではありませんが、ドルコスト平均法を活かすことができる生命保険の商品となります。

運用の成果によっては増える可能性もありますが、減る可能性もあることが特徴です。そのため、ドルコスト平均法を活用して運用のリスクを抑えることはメリットにつながります。

変額保険は保険料が変わらないため、ドルコスト平均法を投資方法として選ぶことも可能です。

外貨建て保険

外貨建て保険は、円建て保険と比較すると利回りが高いこととリスクを分散化できるメリットがあると言われています。ドルコスト平均法を外貨建て保険で運用する場合は、保険料が円建てである商品のみ利用可能です。

日本国内で販売されている外貨建て保険は、ほとんどがドル建てであるためドルコスト平均法が活用できないものが多いと言えます。ドルコスト平均法を外貨建て保険で活用する場合は、保険料を毎月支払っていくならリスクを低減することがメリットです。

しかし、一時払いだと購入する時点の為替レートに左右されてしまうため注意が必要となります。

ドルコスト平均法の注意点とおすすめ

ドルコスト平均法を上手に活用するためには、注意点も踏まえておくべきです。長期的な資産運用に適していることは確かですが、万能というわけではありません。

絶対に損失を防ぐ投資方法ではないことを念頭に置いて、検討するようにしましょう。

下落が続いた場合はマイナスになることも

価格の平準化があることで、ドルコスト平均法はリスクを抑えることができます。そのため、万能な投資方法だと認識している人が多くいますが、ドルコスト平均法でもマイナスになる可能性はあることを覚えておきましょう。

ドルコスト平均法でマイナスが懸念されるのは、価格が下落し続けてしまった場合です。投資した金融商品を売却したいタイミングで、急激な下落が続く可能性も考えられます。

ほっときっぱなしで良いとはいえ、終わりが近づいてきたら一部を安定している資産に乗り換えるなども考慮しておく必要があるでしょう。

上昇が続いたケースは一括投資が得

相場の上がり下がりに左右されることなく、長期的な投資ができるドルコスト平均法ですが、ときには上昇し続ける場合もあります。もし、価格が上昇しつづけた場合は、積立投資よりも一括投資の方が有利となることを覚えておきましょう。

上昇が続いてしまうと、ドルコスト平均法のメリットはなくなります。ドルコスト平均法を使って投資する場合は、金融商品選びの時点でどのような値動きをするのかしっかりチェックしておくことが必要です。

インデックスファンドを選ぶ

ドルコスト平均法を始める場合、銘柄選びは重要です。銘柄を選ぶ際に覚えておきたいのは、インデックスファンドかどうかという点があります。

TOPIXなどの指数と同じような動きをする投資信託のことを言います。インデックスファンドは手数料が安いことと、わかりやすいことから初心者におすすめです。

低コストでわかりやすいことが特徴のインデックスファンドを選べば、費用を抑えられ値動きもチェックしやすいのではじめての人でも取り掛かりやすいでしょう。

ドルコスト平均法をうまく利用して長期的なプランを立てよう

ドルコスト平均法のメリット・デメリットなどについて解説しました。長期的な投資を低リスクで安全に行いたい人にとっては、メリットが多いドルコスト平均法なので、初心者や資金が少ない人でもはじめられます。

ドルコスト平均法のメリットやデメリットを理解して、長期的な投資を考えてみましょう。
TOP