脱税にならない!相続税をできるだけ少なくするおすすめ対策紹介

脱税にならない!相続税をできるだけ少なくするおすすめ対策紹介

相続税は場合によっては、かなりの税額に達することもあり得ます。 不動産などの場合、現金化もすぐには難しいですよね。 できるだけ相続税を少なくするための対策はいろいろと紹介されています。 その中でも手軽にできる相続税対策についていくつかピックアップしてみましたよ。
相続税は場合によっては、かなりの税額に達することもあり得ます。

不動産などの場合、現金化もすぐには難しいですよね。

できるだけ相続税を少なくするための対策はいろいろと紹介されています。

その中でも手軽にできる相続税対策についていくつかピックアップしてみましたよ。

不動産を利用した相続税対策

via pixta.jp
不動産は預貯金と比較して、相続税の負担が少なくなる傾向が見られます。

そこでまだ余裕があれば、不動産投資することで相続税対策ができるかもしれません。

不動産を購入するなどして相続税を少なくする方法について、いくつか見ていきますね。

小規模宅地等の特例を活用する

小規模宅地等の特例とは、例えば親の所有する土地に親子が住んでいたとします。

そして親が亡くなった場合、同居する子供がその不動産を引き継ぎ、引き続き住む場合には適用されます。
この時、土地の相続税の評価額を減少できます。

土地によって減少幅はまちまちですが、最大80%減額できるので、かなり相続税の課税額を安く抑えられますよね。

更地は賃貸アパートにする

もし更地を抱えているのであれば、賃貸アパートなどの建物を建築するといいでしょう。

賃貸アパートを建設することで、更地と比較して不動産の評価額が下がります。

土地の借地権割合によって変わってきますが、だいたい1~3割近く評価額がダウンします。

また住人を確保できれば、賃貸収入を得られます。

これを家族に引き継げば、彼らが安定した収益を得られるメリットも期待できます。

タワーマンションの購入

タワーマンション節税というワードが近ごろ注目されているのを知ってますか?

実はタワーマンションを購入することで、相続税が節税できるとして関心が集まっています。

タワーマンションの特徴として、販売価格と相続税の評価額の差が大きくなりやすいとされています。

もし手元にそれなりにまとまった預貯金があれば、タワーマンションを購入することで相続税対策ができます。

生命保険を活用した相続税対策

via pixta.jp
いざという時のために、生命保険に加入している人も多いでしょう。

実はこの生命保険をうまく活用することで、相続税を安くできるかもしれません。

生命保険には非課税枠が設けられているなど、相続税の節税に利用できるので頭に入れておきましょう。

生命保険金の非課税枠を利用する

生命保険金には相続税の非課税枠があるのは、あまり知られていないかもしれませんね。

500万円×法定相続人の数を差し引いて生命保険金の相続税は計算できます。

例えば法定相続人が3人いた場合、1500万円の保険をかけてもこちらの保険金には課税されないわけですね。

しかも生命保険の場合、ほかの相続人の了承なく相続させられます。

「どうしてもこの人に自分の遺産を受け取ってほしい」という人がいる場合におすすめですね。

子供や孫に保険をかける

子供や孫が生命保険に入っていない場合、これを機に加入するのもいいですね。

ここで相続税対策のポイントになるのが、祖父母や両親が保険料を支払うことです。

こうしておけば生命保険の相続税評価額は解約返戻金がベースになります。

契約初期の段階の解約返戻金は低額になりがちです。

解約返戻金の金額が低い段階で相続させるようにすれば、実質上の節税対策につながります。

若いころはあまり必要ないかもしれませんが、いざという時のために早い段階で生命保険に入るのは子供や孫にもメリットですよ。
最寄りの税務署(資産課税部門(担当))にご相談ください。ただし、税務署の閉庁日(土・日曜日・祝日等)は、相談を行っておりません。

できる限りの対策をして相続税を安くしよう

相続税が課税される場合、時として高額になることが多いです。

ですから節税できるのであれば、できうる限りの対策をした方がいいです。

上で紹介した方法のほかにもいろいろな相続税対策があるので、チェックしてみませんか?
TOP