少しでも電気代を節約したいのであれば、電球をLEDへ交換しよう

少しでも電気代を節約したいのであれば、電球をLEDへ交換しよう

毎月の電気代が高くてもう少し安くなったらいいのにとお悩の方は多いのではないでしょうか?冷蔵庫を開ける時間をなるべく短くする、こまめに電気を消す、冷暖房器具をなるべく使わない、テレビをなるべく見ないなど、苦労しながら節約をされている方もいらっしゃいますよね。 そんな様々な節約方法を実践している方でも、「もっと節約したい……」なんて思い日々情報収集されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな節約を頑張っている方にオススメする節約アイテムが「LED」です。
毎月の電気代が高くてもう少し安くなったらいいのにとお悩の方は多いのではないでしょうか?冷蔵庫を開ける時間をなるべく短くする、こまめに電気を消す、冷暖房器具をなるべく使わない、テレビをなるべく見ないなど、苦労しながら節約をされている方もいらっしゃいますよね。

そんな様々な節約方法を実践している方でも、「もっと節約したい……」なんて思い日々情報収集されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな節約を頑張っている方にオススメする節約アイテムが「LED」です。

普段から節約を心がけている方なら、「電気をLEDに変えたほうが電気代が安くなる」と耳にしたことがあるのではないでしょうか。手軽に交換できるし、電球は生活になくてはならない必需品で使用頻度も高いので交換しようかなと悩んでいる人も多いものです。

しかし、電球をLEDに交換するだけで電気代が安くなる仕組みが分からないと本当に電気代が節約できるか不安ですよね。

そこで今回は、電気代の節約になぜLEDがオススメなのかを、白熱電球や蛍光灯と比較しながら詳しく見て行きましょう。少しでも電気代を節約したいと思っている方やLEDを導入して見たいとお考えの方は、是非最後まで見てくださいね。

LEDがオススメな理由

まず、LEDとは「Light Emitting Diode」の頭文字を取ったもので、その名の通り光る半導体のことを指し、発光ダイオードと呼ばれる半導体が電気を流すことで発光する物のことです。

LED技術はディスプレイをはじめ様々な分野で使用されており、家庭内の電気などとしても使われることが多いです。

発光する大まかな流れは分かったけど「なぜLEDを使うことで節約につながるの?」と疑問に思う方も多いと思うので、ここではLEDをオススメする理由についてご紹介します。

寿命が長い

まず、一番の特徴とも言えるのが寿命です。一般的な家庭で使われている白熱電球や蛍光灯と比べてもLEDは寿命が長いです。

昔から寿命と言われている白熱電球の寿命はおよそ2,000時間程度、蛍光灯の寿命はおよそ1万3000時間程度といわれていますが、LEDの寿命はおよそ4万時間程度といわれています。

1日10時間使用したと想定した場合では、白熱電球は3ヶ月から6ヶ月、蛍光灯であれば、約3年と7ヶ月ですが、LEDを使用した場合では、約11年もの使えます。単純に計算するとLEDの寿命は、白熱電球の約20倍で蛍光灯の約3倍近くも差があることがわかりますよね。寿命が長いということは交換するスパンが長くなり、結果的に購入費用を抑えられるので節約に繋がります。

例えば、価格が200円の白熱電球と1,000円の蛍光灯、2,000円のLEDをそれぞれ10年間、毎日10時間使用した場合で計算すると、白熱電球は20から40回交換が必要なため、購入コストは4,000円から8,000円になります。蛍光灯の場合は、3回交換が必要になるので購入コストは3,000円になります。

しかし、LEDの場合は10年間の使用であれば交換は不要なため、初回購入費用の2,000円のみで済みます。1個あたりの値段は高いものの、寿命が長いので長期利用の場合はLEDが1番お得です。

また、近年ではLEDの普及が進んでいることもあり、価格が下がってきているのでさらに節約できるのではないでしょうか。

省エネ効果がある

LEDをオススメする理由の2つ目は、消費電力を抑えられるということ。LEDは白熱電球のおよそ20%、蛍光灯の約40%ほどの消費電力で利用できるため、大きな省エネ効果があります。消費電力が低いということはもちろん電気料金を抑えることがきます。

例えば電気料金の目安単価を27円/kWhとした場合、12Wの蛍光灯を1日10時間利用すると電気代は1年間で1,183円ですが、9WのLEDであれば887円と年間296円節約することができます。

また、4人家族が全員別々の部屋で1日10時間電気をつけていたことを想定し計算した場合は、蛍光灯の場合は年間4,732円、LEDの場合は年間3,548円となるので、1年間で1,184円もの差が出ることが分かりますよね。

数字だけ見れば地味な差かもしれませんが、10年、20年と積み重なると大きな節約になりますよ。

LEDを導入するためには?

ここまで、LEDをオススメする理由についてご紹介してきましたが、実際にLEDの導入をしようとしてもどのような作業をすればいいかわからない方も多いですよね。

形状によっては自分で変えられないパターンも存在し、時間と費用がかかってしまうこともあります。ここでは白熱電球や蛍光灯をLED化するためにはどのような作業が費用になってくるかをみて行きましょう。

電球やシーリングライト

電球やシーリングライトなどの一般的な部屋で使われている電球の交換は比較的簡単で、自分で交換可能です。
まず最初に、交換したい箇所の電球はどのような電球が入るのか規格を確認します。

大体は電球本体に規格が書いてあるのでそれと同じものを購入すれば問題ないですが、分からない場合は家電量販店やホームセンターへ電球本体か、電球の規格がわかる写真を持っていって直接店員さんに聞けば教えてくれます。

あとは、自宅のソケットに電球を回し入れれば完成です。このように電球やシーリングライトは手軽にLED化することが可能です。初めての方や電気のことがあまりわからない方でも手軽にトライできるのでオススメです。

直管型蛍光灯

直管型蛍光灯をLEDに交換したい場合は、バイパス工事というものが必要になります。これは、LEDを利用できるように装置をつけたり、配線をLEDに適したものへ変える工事のことで、個人で行うことはできません。もし、直管型蛍光灯の部分をLED化したいという場合は、工務店などに依頼しましょう。

ご家庭の電気を全てLED化したいという方は、電球やシーリングライトといった自分でも交換ができそうなところから少しずつ交換をして行きましょう。そうすれば、かかるコストは購入コストだけで済みます。

また、今後リフォームする予定があるのであれば、その際に、バイパス工事やLED照明をつけてもらうなどもできる可能性があるため、工務店やリフォーム会社と事前によく打ち合わせをしておきましょう。

電気の使い方を見直す

このようにLEDライトの消費電力が少なく寿命が長いからといってもLEDに変えたところで、電気をたくさん使ってしますと無駄遣いをしてしまったら意味がありません。もちろん、節約したいと考えている人であれば、電気をつけっぱなしにすることに抵抗がある方が多いかと思いますが、たまにつけっぱなしにしてしまうこともあるのではないでしょうか?

そんなうっかりミスをしているのでから損をしてしまうことが多いです。そのような人為的なミスを防ぐためには、どのような対策をすれば電気代を節約できるのかを考えてみましょう。

こまめに電気を消す

当たり前ですが、電気を使っている間は電気代が発生しますし、照明を明るくするほど消費電力が上がり電気代が高くなるので、明るさを調節できるのであれば今より一段階暗くすることで電気代を抑えることができます。

日中は外の光を取り込んで電気をあまり使わないようにしたり、オフの時間は少し照明の明るさを落としてみるなどの小さな積み重ねが節約には大事ですよ。

人感センサー機能付き電球を設置する

人を感知して電気をつけたり消したりしてくれる人感センサー機能付きの電球に変えることで電気の消し忘れをなくすことをでき、電気代を節約することができる可能性があります。

特に玄関の電気は、家を急いで出ることも多いこともあるので稀に消し忘れてしまったということもあるのではないでしょうか?そんなときに、人感センサー機能付きの電球を設置しておけば、自動で電気のオンオフを行ってくれるので消し忘れることは無くなります。それだけではなく、夕方や夜に帰宅する際にも自動で電気がついてくれるので、暗い中電気のスイッチを探すことをも無くなります。

電気代だけではなく、電気を探してつける手間も省けるので一石二鳥ですね。

電球を掃除する

照明にゴミやホコリが詰まっているとそれだけで電気は暗くなります。特にシーリングライトのカバーにはホコリがたまりやすいので、定期的に掃除ことがオススメです。

このシーリングライトや電球にホコリがついたままで利用すると、綺麗な状態と比べて光量が落ちてしまうので電気を使用する際に光量をあげてしまう可能性があります。

先ほどもお伝えした通り、消費電力は光量によっても変化します。明るさを調整できる電気を使われている場合はできるだけ光量を落として使うことをオススメします。そうすることによって消費電量を少し抑えることができるので、節約につながりますよ。

LEDを上手に活用して電気料金を抑えよう

いかがでしたか? ワット数のことや細かい仕組みについては専門的な知識が必要なため詳しく理解することは難しいですが、単純に消費電力が少ないLEDを使えば白熱電球や蛍光灯に比べて電気代を安く抑えられます。

それに加え、LEDの寿命は長く、その寿命はなんと白熱電球の約20倍で蛍光灯の約3倍近くもあるので電球を交換する手間や購入コストを抑えられるでしょう。

このようにLEDに変えることで節約することができるので、電気代を少しでも抑えたいと考えている方は実践みてはいかがでしょうか?

また、ご紹介した人感センサー機能付き電球以外にも、スピーカーが内蔵された電球や、色を変えることができたりと面白い機能を取り入れたLED電球もたくさんあります。

もちろん節約をすることが第一の目的なので余計な機能がついた電気は不要ですが、せっかく交換するなら面白い機能が搭載された電球へ変えることで気分が変わっていいのではないのではないでしょうか? 
TOP