ファイナンスとは?会社経営するなら知っておきたい用語と株の話

ファイナンスとは?会社経営するなら知っておきたい用語と株の話

ファイナンスとは「資金」「財政」「金融」のこと。 日本語だとそれぞれ違った意味があるのに、ファイナンスだと「お金」にまつわる全体的な単語になってしまいます。 ファイナンスとはお金の流れ。 経営する会社のお金がどう流れているのかは把握をしておくのは基本です。 ファイナンスに関する用語を解説していきます。
ファイナンスとは「資金」「財政」「金融」のこと。

日本語だとそれぞれ違った意味があるのに、ファイナンスだと「お金」にまつわる全体的な単語になってしまいます。

ファイナンスとはお金の流れ。

経営する会社のお金がどう流れているのかは把握をしておくのは基本です。ファイナンスに関する用語を解説していきます。
ファイナンスとは、企業がどのように資金を調達しどのように運用していくべきかを考える経営学の一分野です。

直接金融と間接金融

会社経営におけるファイナンスとは主に「資金調達」を意味します。会社経営をしていると経営資金を調達しておきたいときは少なくありません。

資金調達の方法は「直接金融」と「間接金融」の2種類。どのような違いがあるのでしょうか。

直接金融

事業主や企業など、お金の借り手が株式や債券などを発行し、投資家に買ってもらう方法が主です。

もしも自分が投資家であれば、購入する株式って安定性があるか、あるいは伸びしろがある面白い会社かになりますよね。ということは、投資家にとって魅力的な株でないと、直接金融での資金調達は難しくなるということです。

そのため、中小零細企業のファイナンスとして直接金融に頼るのはごく一部とされます。

間接金融

間接金融とは平たく言うと借金です。銀行などの金融機関が企業に対して貸し出す方法。中小零細企業のファイナンスは間接金融がメインです。

ところで皆さん、銀行が舞台のあの「倍返し」なドラマって見てました?

あのドラマの1部で、主人公の父親は町工場の資金繰りに行き詰りまり悲しい最後を迎えます。中小ベンチャーは銀行と良い関係づくりを目指すことが良いと言われるのは、資金繰りが間接金融メインとなるためです。

中小零細企業がファイナンスで直面する問題

「中小零細企業こそ日本経済を支える柱」ってよく聞きますよね。そんな中核にこそ、資金繰りが簡単になれば良いのですがなかなか難しいのも事実。

中小零細企業は担保や資金力が少なく、幅広い資金繰りとなる直接金融は困難。反面、国の助成金や補助金、またクラウドファンディングといった新しいファイナンス方法も登場しています。

直接金融・間接金融のメリット・デメリット

直接金融でも間接金融でも、それぞれにメリット・デメリットがあります。これから投資を考えている人も、株式投資がどのように役に立ちリターンがあるのかわかっていただけるはず。

融資を受ける人も、株式投資を考えている人も、それぞれどんな良いことがあるのか、チェックしてみてください。

直接金融のメリット

株式などの直接投資商品の魅力は何といっても配当金の利回り。この利回りが良いから投資が資産運用として人気なわけです。

直接金融で資金繰りをするメリットとしては、間に銀行を挟まないためマージンが発生しません。資金調達コストが安いことは企業にとって大きなメリット。

また、注目されれば多くの投資家から投資してもらえるのも魅力ですね。

直接金融のデメリット

ニュースの株主総会で怒涛のごとし経営陣が怒られている場面ってみたことありますよね?直接金融は投資家が株主となるため、株主に発言権があります。また、投資してもらったリターンとして配当が必要。

投資家のデメリットは元本割れしてしまう可能性です。この元本割れのリスクが、中小零細に対して直接金融を困難にさせています。

間接金融のメリット

企業がファイナンスとして間接金融を選ぶメリットは、審査さえ通れば融資してもらえることです。また、銀行だって損をしたくないため、ファイナス面の経営サポートを行ってくれるのもメリット。

銀行は預金者が預けたお金を企業に貸し付け、その利息で預金者に利息が支払われます。たとえ融資した企業が倒産したとしても、預金者のお金は守られる仕組み。

預金者として間接金融のメリットを考えると「預けたお金は守られる」ことです。

間接金融のデメリット

企業が間接金融を利用するデメリットは、貸付に対する利子の支払いです。銀行は貸し付ける企業の倒産を避けるため、借りて側の審査をします。自社情報をかなり提示しなければなりません。

借入時に不動産を担保とすることもありますが、万が一倒産して返済が困難になった場合差し押さえられます。審査を通れば簡単に借りられますが、その分、資金調達コストが高いのがデメリットです。




ファイナンスを知ることは会社経営の第一歩!

お金の流れを知ることは、融資を受ける側にも投資をする側にも大切。言葉はそれぞれ難しいですが、イメージしながら読むと理解しやすいですね。

これから独立して起業しようとするなら、どうやって経営を波に乗せていくのか、お金の流れはしっかり理解しておきましょう。
TOP