転職で年収が下がる人の特徴とは?転職で年収を下げないコツを解説

転職で年収が下がる人の特徴とは?転職で年収を下げないコツを解説

転職すれば年収が上がるかなと思いきや、年収が下がることがあります。年齢と共に年収が上がると、勘違いしていないでしょうか。実は、年収が下がってしまうケースがあります。 どんなときに年収が下がるのか、転職する場合に年収を下げないコツを紹介します。今より年収アップを目指す方は、下げない対策を試してみましょう。

転職で年収が下がる人の特徴とは?転職で年収を下げないコツを解説

転職すれば年収が上がるかなと思いきや、年収が下がることがあります。年齢と共に年収が上がると、勘違いしていないでしょうか。実は、年収が下がってしまうケースがあります。

どんなときに年収が下がるのか、転職する場合に年収を下げないコツを紹介します。今より年収アップを目指す方は、下げない対策を試してみましょう。

年収が下がる人の特徴

年収が下がってしまうのは、3パターンがあります。1つは賞与に関する問題、2つは年収が下がる業界に転職をしたためです。最後は、もともと年齢が高い人が転職するケースです。

賞与が下がった

賞与は一定期間働いた人に支払われるものです。途中入社した場合は、賞与がないまたは賞与の額が下がる恐れがあります。

転職で賞与の額を下げないために、転職の時期をよく考えましょう。現在勤めている会社で賞与をもらってから、転職する方法もあります。

新しい会社での賞与の額が気になる場合は、事前の確認がおすすめです。とくに支払いでボーナス払いがある場合は、転職先の賞与の関係で、支払いが難しくなる場合があります。

年収が下がる業界に転職をした

年収が下がることがわかっていても、あえて転職を選んだほうがいい場合があります。

新たなスキルアップを狙う場合は、未経験から始めるため、年収が下がるでしょう。また本当にやりたい仕事であれば、年収の低さはあまり関係がありません。

今後伸びる業界である場合も、最初の年収の低さは許容範囲だといえます。会社自体の業績が上がってくれば、年収が高くなる可能性があります。

年齢が高い人が転職した

年齢が高い人が転職する場合は、新しい会社で年収が下がる傾向にあります。もともと勤めていた会社は、年齢を考慮して妥当な年収が得られていたためです。新たに転職する会社は年齢のルールに縛られず、今までより年収が下がる場合が少なくありません。

転職は、年齢を重ねれば重ねるほど、難しくなると考えておきましょう。とくに前の会社で、本人のスキルはそれほど重視されず、年齢だけが給与額に反映されていた場合は注意が必要です。

また年齢が高い人であっても、新たな職場のスキルがないと、新人と同様に扱われてしまいます。

転職で年収を下げないコツ

転職で年収を下げたくないなら、対策をしましょう。業種を比較するか、個別に交渉することでも年収を下げずに済みます。

給与交渉をする

求人内容で年収が低い場合は、面接時に交渉してください。転職理由で、今までの年収より下げたくない希望が強いなら、交渉すべきです。

採用が決まって働きだしてからでは、給与交渉はできません。面接時に交渉しておけば、お互いの不一致が減らせるでしょう。働きたい側が最低欲しい金額がわかり、採用する側も支払えるのか検討できます。

面接時に給与交渉する場合は、最後に提示しましょう。先方の質問が終わり、最後に質問を聞かれたときに、給与交渉するのがおすすめです。

同じ業界に転職する

転職先で大きく年収を下げたくない場合は、同じ業種への転職がおすすめです。今までと同じ業種であれば、どのくらいの給与が妥当なのか判断できます。求人で提示された給与額が低ければ、スムーズに交渉しやすいでしょう。

同じ業種であれば、今までの経験を活かせます。以前の会社で役職がついていれば、転職先でも管理職になり、収入を維持できるかもしれません。

年収が高い業界に転職する

転職時に年収を下げたくないなら、年収の高い業種を選ぶ方法があります。金融系、医療系、証券会社などは、比較的年収が高くなっています。

逆に年収が低くなる可能性が高いのは、小売や食品関係です。年収が高い業種と比べると、100~200万円くらい差が出る可能性があります。

年収が下がらない対策をしよう

転職を考えているなら、年収を下げない対策がおすすめです。給与交渉をする方法や、年収が下がらない転職先を選びましょう。

ただし目的がある転職の場合は、年収下がるのにこだわらず、目的達成を優先させてください。
TOP