ファイナンスとは何を意味する?難しく考えず簡単に覚えておこう!

ファイナンスとは何を意味する?難しく考えず簡単に覚えておこう!

ファイナンスという言葉をテレビなどでもよく耳にしますよね。 なんとなく「ファイナンスってこういう感じ」という考えはあっても明確な意味を聞かれると「えっと……」と言葉に詰まってしまうのではないでしょうか。 今回は、ファイナンスとは何か簡単に説明をしていきましょう(`・ω・´)
ファイナンスという言葉をテレビなどでもよく耳にしますよね。

なんとなく「ファイナンスってこういう感じ」という考えはあっても明確な意味を聞かれると「えっと……」と言葉に詰まってしまうのではないでしょうか。

今回は、ファイナンスとは何か簡単に説明をしていきましょう(`・ω・´)

ファイナンスとは何を指しているのか?

こちらでは、ファイナンスとは何を指しているのかということを見ていきましょう。何となく分かっている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)

同じファイナンスでも言葉次第で意味が変わってくるのだと覚えておきましょう。

ファイナンスはビジネス用語?

ファイナンスとは大きく分けると「金融」を意味します。ビジネス用語としても多々活用されていて、資金や財政、財源、金融を意味します。

お金に関することと覚えておけばいいかもしれませんね(;^ω^)

なるほど!金融の意味なのか?意外と日本語にすると感覚とずれてるのに気が付くね。

知っておいて損はない?

ビジネス用語なので、該当職種以外は覚えなくてもいいと思っていませんか?

確かに使う機会は少ないでしょうが、耳にする機会は多くあります。決して知っておいて損はないのです。

どんな状況でファイナンスという言葉が出てくるか分からないので、どんなことを意味するのかくらいは簡単に覚えておきましょう。

ビジネス用語で使われているので、100%の意味を覚えておいても活用する機会は少ないからです。そのためある程度、簡単にという覚え方で問題はありません。

難しく考える必要はない

ファイナンスはビジネス用語ということで難しく考えてしまう人も多いです。実際は難しく考える必要はなく「金融のことを指す」という考えで大丈夫です。

意味を知ることで、テレビなどでファイナンスという言葉が使われても「こういうことになっているのか」と話の内容を深く感じることが出来るようになるはずです。
「ファイナンス」の一般的な意味は、カテゴリーとしての“金融”です。他に、“融資、資金調達”の意味でもよく使われます。

ファイナンスとは簡単にどんな使われ方をしている?

こちらでは、ファイナンスという言葉がどんな使われ方をされているのかをチェックしていきましょう。中には聞き覚えがある言葉もあるはずですよ(n*´ω`*n)

ファイナンス活動

ファイナンスという言葉だけでも「資金調達」を意味しますが、ファイナンス活動という言葉にすることで他の意味とはっきり区別することができます。

資金調達のための活動を意味するのだと覚えておきましょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは聞いたことがある人も多いはずです。お金に関する相談が出来る人を指しています。民間資格、国家資格とありますがお金に関する相談が出来ることに変わりはありません。

節約だけではなく、税金、投資、住宅ローン、老後の相談などもしっかりできます。お金に関するエキスパートと言っても過言ではないのです(`・ω・´)

デットファイナンス

貸借対照表の負債の部分の増加を伴う資金調達を意味します。このデットファイナンスはいずれ返済しなければいけない資金調達であることを覚えておきましょう。

ちなみに、デットファイナンスは借入金融とも呼ばれていて銀行借り入れ、シンジゲートローン、社債発行などの資金調達を意味するようですね(;´・ω・)

ちなみに、企業が株式を発行することで事業に必要な資金を調達することを「エクイティファイナンス」と言うようです。

ファイナンスは難しく考えずに金融用語として簡単に覚えておこう

ファイナンスに関して難しく考えてしまうと、頭の中でこんがらがってしまうことになります。そのため、難しく考えずに「金融」という意味を持つのだと簡単に覚えておきましょう。

ファイナンスが金融を意味することを覚えておけば、言葉の使い方次第でどんなことを指すのかしっかり見極めることができます(`・ω・´)




TOP