WEBデザイナーの平均年収とは?年収を高くするコツを解説

WEBデザイナーの平均年収とは?年収を高くするコツを解説

これからWEBデザイナーを目指すなら、年収の高さが気になることでしょう。 一般的な年収と比べて、WEBデザイナーの年収は比較的高めです。 ただし働き方によってピンキリなため、年収を高くしたい方は工夫が必要です。 WEBデザイナーの平均年収と、年収を高くするコツを解説していきます。 高い報酬を目指す方は、働き方のポイントをチェックしてみてください。

WEBデザイナーの平均年収とは?年収を高くするコツを解説

これからWEBデザイナーを目指すなら、年収の高さが気になることでしょう。一般的な年収と比べて、WEBデザイナーの年収は比較的高めです。ただし働き方によってピンキリなため、年収を高くしたい方は工夫が必要です。

WEBデザイナーの平均年収と、年収を高くするコツを解説していきます。高い報酬を目指す方は、働き方のポイントをチェックしてみてください。

WEBデザイナーの年収

WEBデザイナーの平均年収は、一般的な年収と比べて高めの傾向があります。ただし海外と比べた場合は低くなるようです。地域によっても年収が変わってくるため、住んでいる地域により比較しましょう。

平均年収は441万円

2020年の求人データから見ると、WEBエンジニアの平均年収は441万円でした。国税庁が発表した平成30年のデータによると、日本人の平均年収は441万円です。WEBエンジニアは、一般的な年収がもらえる職業だといえます。

ただしある程度のスキルがなければ、年収441万円にはなりません。WEBのタグが書ける程度は初歩レベルで、ほかにも変わりとなる人はたくさんいます。

年収441万円になるには、デザインからSEO対策までできるレベルです。初年度であれば、年収200~300万円代でもおかしくはありません。

海外と比べて年収は低め

日本のWEBデザイナーの年収は、海外と比べて低い傾向があります。海外は500万円代や600万円代が狙える国もあります。物価の違いもあるため単純に比較はできませんが、海外だと技術者に高い収入を支払う考え方があるようです。

日本でのWEBデザイナーに限界を感じたら、海外を視野に入れるのもいいでしょう。英語でのコミュニケーションができるなら、WEBデザイナーのスキル自体は、海外でも通用します。

地域により年収に違いがあり

WEBデザイナーは、地域による年収の違いがあります。関東や関西圏では年収が高くても、地方に行くと年収は下がります。

年収の高さを求めるなら、東京や大阪など大都市を狙うのがおすすめです。地方の年収が低くなるのは、下請けする企業が多いためです。

WEBデザイナーの年収を高くするコツ

WEBデザイナーの年収を高くしたいなら、スキルアップがおすすめです。職場を変えることができれば、年収を高くすることができます。独立して働く方法はピンキリなため、働き方に注意してください。

幅広い知識を習得する

高い値段を出しても依頼したいWEBデザイナーは、スキルが高い人材です。世の中にはWEBデザイナーがあふれており、スキルが低い人は安い仕事しか回ってきません。

高収入を目指すなら、新たなスキルを身に付けましょう。プログラミングの知識や、WEBマーケティングの知識があると付加価値ができます。

HTMLコーディングしかできないと年収は低いままです。JavaScriptの知識を深めながら、スキルアップしていきましょう。WordPress関連の知識もあると、さらに年収アップしやすくなります。

高収入の会社に転職する

同じWEBデザイナーの仕事でも、比較すれば高収入の企業は多数あります。大手企業のWEBデザイナーを担当できれば、500万円以上も不可能ではありません。

転職する場合は、スキルを磨いてからがおすすめです。ある程度の実績と経験を積み、スキルに自信が付いたら転職も視野に入れてみてください。

WEBディレクターを目指す

WEBデザイナーのスキルを習得したら、WEBディレクターの道に進む方法があります。最初からディレクターとして活躍もできますが、基礎がわかっていればそれだけいいディレクターになれます。

ディレクターは指示する立場に変わり、指示される側の気持ちがわからないとなりません。効率を求めるばかりで無理難題を突き付けるより、WEBデザイナー経験があり、かゆいところに手が届くほうがおすすめです。

フリーランスはピンキリ

フリーランスで働く場合は、年収200万円代の場合があります。中には本業を持ち、在宅ワークで仕事を受ける人もいるためです。

スキルが高くなれば、本格的に独立して営業する方法もあります。フリーランスなら単価を自由に決められて、年収を高めることは可能です。

高単価の仕事を獲得するため、スキルアップを欠かせないようにしましょう。信用も重要で、まめな連絡が求められます。

WEBデザイナーで収入を高くしよう

WEBデザイナーで年収を高くするなら、スキルアップは必須です。人材があふれる現在では、スキルが低い人材はいくらでもいます。転職や独立する場合も、スキルアップするようにしましょう。
TOP