遺産相続の節税対策にはどんなものがある?実行できるものがあるかチェック!

遺産相続の節税対策にはどんなものがある?実行できるものがあるかチェック!

遺産相続は決して嬉しいものではありません。 場合によっては税金が沢山かかってしまう可能性があるので、残された人にとって迷惑な場合もあります。 何千万円もの相続税を引き受けるとなっては、遺産相続人に負担がかかってしまうのです。 そうならないために、生前に出来る節税を検討しておきましょう!(^^)!
遺産相続は決して嬉しいものではありません。

場合によっては税金が沢山かかってしまう可能性があるので、残された人にとって迷惑な場合もあります。何千万円もの相続税を引き受けるとなっては、遺産相続人に負担がかかってしまうのです。

そうならないために、生前に出来る節税を検討しておきましょう!(^^)!

遺産相続で可能な節税方法とは?

こちらでは、遺産相続に有効な節税方法について見ていきましょう。遺産が多くなりそうな人ほど有効な方法ばかりなので検討してみてくださいね。

生前分与

遺産相続の税金を減らすために生前分与をするという人もいます。例えば、生前分与をしなかった場合1億円の遺産があったとします。当然ながら、1億円に対しての相続税がかかってしまいますよね。

でも生前分与をすることで減らすことができるのです。3千万円生前分与していれば、相続税は7千万円に対してかかります。

ただ、生前分与をすることで贈与税の対象となってしまうので、やり方や金額次第では「意味がなかった」という場合もあるので注意しましょう!

生命保険の非課税枠利用

生命保険金には相続税の非課税枠があるのです。生命保険の金額から500万円×法定相続人の数を差し引いて相続税の計算ができます。つまり、法定相続人が多ければ多いほど非課税枠も増えていくということですね( *´艸`)

更に生命保険の相続につては他の相続人の了承を得る必要がありません。つまり、もめ事を減らせるという魅力もあります。

孫や子供に生命保険をかける

孫や子供に生命保険をかけて、解約返戻金の金額が低いうちに相続させることで相続税を節税するというケースもあります。ただ、実行している人は少ないと言えます(-_-;)

なぜなら、他の方法と比較してあまりメリットが少ないからです(;´д`)

積極的にしておきたい遺産相続の節税対策とは?

こちらでは、積極的に行っておきたい遺産相続の節税について見ていきましょう。節税をしたい人は、まずこれらを考えてみてはいかがでしょうか(n*´ω`*n)

不要な不動産を処分する

使用していない別荘、山林など不要な不動産を手放すことで相続税の節約に繋がります。ただ、売却したくてもなかなか出来ない人もます。

各地域には売却しづらい不動産を扱っている会社などがあるので、そういったところに相談しましょう。

墓地や仏具を生前購入する

生前に墓地や仏具を購入することで、若干節税になります。墓地や墓石、仏壇、仏具は相続税の非課税財産となっています。

そのため、相続税に含める必要がないので墓地や仏具にかかった分は抜くことができるのです。

養子縁組で法定相続人を増やす

養子縁組は血縁関係と無関係で親子関係を生じさせることができます。相続人の数が少ないと、どうしてもひとりにかかる負担が大きくなってしまうのです。

しかし、法定相続人を増やすことで個人の負担を減らすことができます。ただ、勝手にすると他の相続人から文句が出てしまう可能性もあるので注意しましょう・

ただ、養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組のふたつがあるのです。これらの違いが若干あるので、養子縁組をする場合はしっかり把握しておくことにしましょう。

遺産相続の節税方法はさまざまなものがあるので活用しておこう!

遺産相続に関する節税はさまざまなものがあります。中には強引なものもあるので、他の法定相続人からはブーイングが出る場合もあるのです。

そうならないよう、しっかり生前に話し合っておくことをおすすめします。

亡くなってから遺産争いをするのは、誰も得をしません。むしろ、損をするばかりなのでトラブルにならないようにするのも将来の被相続の役目と言ってもいいかもしれませんね(;´д`)
TOP