確定申告で副業がバレない様にするにはどうするべき?バレる原因と共に解説

確定申告で副業がバレない様にするにはどうするべき?バレる原因と共に解説

確定申告で副業がバレない様にするにはどうしたらいいのか?副業禁止の会社に勤めている人にとっては大事なことですよね。 そこでこの記事では副業がバレる原因について解説すると共にバレない様に確定申告をする方法について解説します。

確定申告で副業がバレない様にするにはどうするべき?バレる原因と共に解

確定申告で副業がバレない様にするにはどうしたらいいのか?副業禁止の会社に勤めている人にとっては大事なことですよね。

そこでこの記事では副業がバレる原因について解説すると共にバレない様に確定申告をする方法について解説します。

副業がバレる原因

そもそも副業がバレるという事は何かしらに原因がある訳です。原因を知らなければバレない対策を施しようがありません。

ここでは主に副業がバレる要因としてよくある事例をご紹介します。

住民税の金額が変わる事によってバレる

本業の給料と副業の報酬(もしくは給料)はそれぞれ別の所から支払われますが、所得としては合算する事になります。税金の多くは所得によって変わってくるので副業の収入があれば住民税もその分多く支払う事になります。

住民税は会社の給料から天引きする形になるので、経理担当の方が「こんなに住民税を支払うわけないのに」と気付く可能性があります。

誰かに喋ってしまった

これは副業を個人事業主として働いている人がやりがちなミスです。

ついつい副業が上手くいっていると周りに自慢したくなってしまい、「今、○○っていうビジネスをやっていてそこで○○円も稼げたよ」と漏らしてしまう事があります。その漏らした人がまたどこかで誰かに話してしまう事によってドンドン拡散していき、最終的には会社の上司の耳に入るという訳です。

思っている以上に人の噂というのは拡散していますから注意したい事の1つです。

確定申告をしていない

副業の所得は年間で20万円を超えたら確定申告を行わなければなりません。確定申告を行っていないという事は税金を支払っていないという事ですから税務署から「税金を支払って下さい」と連絡がきます。

上記の2つと比べれば連絡が来るのは納税者ですが、何かの拍子に勤め先の会社に知られてしまう可能性はあるでしょう。

副業の確定申告をバレないで行う方法

副業をバレない様にするにはどうするべきか。ここでは確定申告時にどうやったら会社にバレないで済むのか?

その方法をご紹介します。

確定申告書Bの確定申告書をもらう

確定申告の時期になったらまずは税務署に行って申告書をもらってきて確定申告を行いましょう。

もしくはインターネットで「確定申告」と検索すれば1位か2位にwebサイトでの確定申告ができるサイトがあるはずですので、そこから画面の指示に沿って確定申告を行っていきます。

住民税に関する事項をチェックする

確定申告の記述項目の仲に「住民税に関する事項」という項目があります。その項目の中に「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という物があります。

そこを「自分で納付」にチェックするようにしましょう。これをする事で副業分の住民税は自分で支払う様にする事ができるので、本業の会社は本業の会社の給料分のみの住民税が天引きされるようになります。

心配なら確定申告後に連絡を入れる

最近でこそwebサイト上で確定申告ができるようになりましたが、中にはPCで書類を作成してプリントアウトして税務署に持っていくという方もいるでしょう。基本的にミスは無いはずですが、書類を扱う方も人ですから人為的なミスをする可能性は0%だとは言い切れません。

そこで、心配な場合は確定申告後に連絡をしてちゃんと処理されているかを確認する事で確実に会社にバレない様にする事ができるでしょう。

副業をバレない様にして上手くお金を稼ごう

副業がバレる理由とバレない様に確定申告を行う方法について解説しました。とにかく住民税の変化によって経理担当にバレるというのが定番のパターンですので、自分で住民税を支払うように手続きをするのが重要です。

忘れずに手続きをして安心して副業ができる状態にして下さいね。
TOP