サラリーマンの副業で確定申告が必要な2パターン!注意点も解説

サラリーマンの副業で確定申告が必要な2パターン!注意点も解説

サラリーマンの場合は、年末調整を受けています。 毎月の給料から税金が天引きされ、年末調節で払いすぎた税金が還付されます。 何もしなくても税金の管理ができるため、税金の知識が少ない方もいるでしょう。 注意したいのが、サラリーマンの方が副業している場合です。 副業の場合は、自分で確定申告が必要なケースがあります。 サラリーマンの副業で確定申告が必要な2パターンと注意点を解説していきます。
サラリーマンの場合は、年末調整を受けています。毎月の給料から税金が天引きされ、年末調節で払いすぎた税金が還付されます。何もしなくても税金の管理ができるため、税金の知識が少ない方もいるでしょう。

注意したいのが、サラリーマンの方が副業している場合です。副業の場合は、自分で確定申告が必要なケースがあります。

サラリーマンの副業で確定申告が必要な2パターンと注意点を解説していきます。

サラリーマンが副業で確定申告が必要なケース

厳密にはもっと細かいケースがありますが、最低でも2パターンを覚えておきましょう。サラリーマンの方は、副業の所得と還付金に注意してみてください。

副業の年間所得20万円以上

副業の年間所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。

サラリーマンの方が給料をもらっていて、別に副業で利益を得ているケースです。副業からの利益が少額であれば、雑所得として確定申告します。

還付金がもらえる場合

副業の所得が20万円以下なら確定申告は不要ですが、申告するとお得な場合があります。

2か所以上から給料をもらっている場合は、税金の還付があるかもしれません。それぞれ年末調整をしても正確な税金の額にならないためです。本業の給料と、副業も給与所得の場合は、確定申告で還付金得られるか確かめましょう。

または医療費控除、住宅ローン減税、ふるさと納税など控除を使うときも、確定申告が必要です。控除額が増えることで、還付金が発生する可能性があります。

年間所得について

副業で確定申告が必要なのか調べるため、所得について知っておきましょう。所得や収入など、似たような言葉と混同しないようにしてください。

所得を調べる

年末になると、副業をしている会社から書類が届く場合があります。源泉徴収なら給与所得、支払い調書なら雑所得です。どちらも支払額から税金が引かれているため、所得額と合わせて確認しておいてください。

またどちらの書類も届かない場合もあります。書類がないときは支払額から税金が引かれておらず、自分で確定申告をして税金を納めなければなりません。

書類が届かない場合は、振込明細や請求書をもとに、所得を計算しましょう。

確定申告の注意点

サラリーマンの方が副業をやっている場合は、いくつか注意点があります。税金が絡んでくるため、事前に確認しておきましょう。

確定申告しないペナルティ

副業で確定申告の必要があるのにしないと、ペナルティの恐れがあります。

税金を納めるべきなのに無申告の場合は、50万円までは15%、50万円以上は20%の無申告加算税が発生します。悪質だと判断された場合は、40%まで引き上げられるため注意しましょう。

さらに延滞税も発生し、最大年利14.6%の税金がかかります。

サラリーマンの副業は確定申告をしよう

サラリーマンで副業での所得があるなら、確定申告の必要性を調べましょう。年間所得が20万円を超えたら、確定申告が必要です。20万円以下でも還付金で得することもあるため、確定申告の必要性をチェックしてみてください。
TOP