副業の確定申告ってどうするの?確定申告のやり方から会社にばれない方法まで

副業の確定申告ってどうするの?確定申告のやり方から会社にばれない方法まで

サラリーマンをしているとあまり自分で確定申告する必要がないかもしれません。 しかし、副業の収入がある人はどうでしょうか。 副業をする前に知っておきたい副業の確定申告についてまとめました。

副業の確定申告ってどうするの?確定申告のやり方から会社にばれない方法まで

サラリーマンをしているとあまり自分で確定申告する必要がないかもしれません。しかし、副業の収入がある人はどうでしょうか。副業をする前に知っておきたい副業の確定申告についてまとめました。

確定申告が必要な人って?

会社員であれば、多くの場合は会社が確定申告をおこなっています。会社員で確定申告をしなければいけない人にはどのようなパターンがあるのでしょうか。

その年の給与等の金額が2000万円を超える人

会社が従業員に給与を支払うとき、従業員の給与や賞与から事前に所得税を徴収しています。これを源泉徴収と呼び、1年間の所得税額と源泉徴収した税額を比較して過不足金額を調整するのが年末調整です。

しかし、給与等が2000万円を超える人については年末調整はおこなわれないため、確定申告が必要になります。

2か所以上から給与をもらっていて所得が20万円を超える人

2か所以上から給与を受け取っているという人はその給与が主たるものか従たるものなのかをはっきりさせなければいけません。例えば会社員をしながら、他でアルバイトをしているという場合や、会社役員などで2か所以上から給与を受け取っているという人が該当します。

本業以外での所得が20万円を超える人

1か所から給与を受けている場合でも所得合計によっては確定申告が必要になります。例えばYouTuberとして稼いだ、ブログのアフィリエイトで儲けた、不動産収入があるという人もこれに該当します。

上記以外にも確定申告が必要なケースはあります。また医療費控除のように確定申告をすることによって還付金が受け取れるケースもあるでしょう。確定申告が必要かどうかは税理士などに確認しましょう。

会社員の副業はどこから会社にばれるの?

最近は副業を奨励する会社も増えつつあります。しかし、会社や職種によっては規定で副業禁止になっていることもあるでしょう。黙っていれば、ばれないはずと簡単に考えていると痛い目を見ることがあります。どのように会社員の副業がばれてしまうのでしょうか。

住民税の金額から副業が明らかになる

確定申告は給与所得者でも控除を受けるために自分ですることがあります。そのため自分で確定申告したからといって副業を疑われることはありません。副業がばれるのは確定申告ではなく住民税からです。

住民税は本業の給与所得と副業の所得を合計した金額から求められます。副業していると次の年から天引きされる住民税の額が増えていることから、副業が明るみになるのです。

また地域の役所によっては特別徴収税額決定通知書が会社の人が確認できる形で送付されるため副業の所得がばれてしまうこともあります。

副業を知られたくない時の確定申告書類の書き方

副業がばれるのは住民税を給与から天引きするという確定申告書類を提出しているからです。副業を知られたくないのであれば、「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の記載に注意してください。

ここで「給与から差引き」か「自分で納付」のいずれかを選ぶことになるため、「自分で納付」を選択しましょう。「自分で納付」を選択することで税金の納付書を自宅に送ってもらうことができます。

住民税はその地方によっても扱いが違うため、不安な場合は自分の住んでいる地域の窓口に相談してみましょう。

副業をしたら確定申告は必要と考えよう

生活のために副業を考えている人は多いでしょう。しかし、一定以上の額を稼ごうと考えるのであれば、確定申告は必要になると考えてください。確定申告や日々の帳簿付けは専門家に一任してしまうという方法もあります。

また優秀な会計ソフトが多数販売されているので、会計ソフトを使って自分で確定申告する方法もあるでしょう。
確定申告には期限もあります。期限ぎりぎりになって慌てるのではなく、確定申告がしやすいように前もって経理処理や領収書などを保存するようにしてください。
TOP