家賃収入の消費税はどうなる?些細なことから非課税から課税対象になるって本当?

家賃収入の消費税はどうなる?些細なことから非課税から課税対象になるって本当?

家賃収入と言っても「居住用」と「事業用」に分けられますよね。 果たして消費税はどうなっているのでしょうか(;´・ω・) 消費税の納付に関することなので、これから紹介することは覚えておくようにしましょう(`・ω・´)
家賃収入と言っても「居住用」と「事業用」に分けられますよね。果たして消費税はどうなっているのでしょうか(;´・ω・)

消費税の納付に関することなので、これから紹介することは覚えておくようにしましょう(`・ω・´)
家賃収入を得る仕組みは「不動産投資」とよばれ、アパートやマンションなどの不動産物件を購入または相続などで譲り受け、それを第三者に賃貸することで毎月安定した賃料収入を得ます。

居住用の家賃収入に消費税はかかるのか?

via pixta.jp
居住用の場合は非課税と言われています。しかし、条件次第では課税対象になる場合もあるのです(;´・ω・)

こちらでは、非課税にするためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

契約書に「居住用」と明示されているか

居住用は非課税ですが、契約で「居住用」と明示されているかで判断されるのです。

課税対象明示されていることで非課税となりますが、契約書に「居住用」と明示されていないと、例え居住用出会っても課税対象になる場合があるので気をつけましょう(;´・ω・)

賃貸期間が1ヶ月以上なのか

賃貸期間が1か月未満の場合は居住用であっても課税対象になります。これは「居住用」と明示されていても同じことです。

ただ、これは課税売上が1,000万円以下の場合は非課税となるので安心してください。課税売上が1,000万円以上で、賃貸期間が1ヶ月未満の場合は課税対象となるので気をつけましょう。

やり方次第で課税対象になる場合もある

基本的に上記ふたつを満たしていれば、非課税となります。気を付けたいことは、契約書に「居住用」と書かれていないことです。

契約書に書かれていないことで、居住用と事業用の判断が出来ずに課税対象になったケースもあります。

事業用物件の家賃収入は消費税がかかるのか?

via pixta.jp
こちらでは、事業用物件の家賃収入について見ていきましょう。事業用物件を所持している人は、しっかり覚えておくようにしましょう(*^▽^*)

事業用は課税対象になる

基本的に事務所や店舗、貸倉庫など「事業用物件」からの家賃収入は課税対象になります。住宅用とは異なり、事業用で所持している場合は納付義務があるので注意しましょう。

住居用でも駐車場を別にしている場合などは課税対象になりますね。そのため、アパートなどは駐車場を含めている場合がほとんどです。

建物と土地は別ではなく総額が対象となる

事業用賃貸物件の場合、土地付きで建物を貸すことがほとんどです。その場合は、土地と建物の両方の家賃が課税されるようになります(;´・ω・)

基本的に土地は非課税で取引されることが一般的です。

でも、土地と建物を同じオーナーが貸し出すことで課税対象になってしまうんですよね。同じ「貸す」でも、やり方次第で非課税分まで課税されるようになるので気を付けなければいけません。

ただ、土地だけを貸して土地を借りた人が店舗を建てた場合などは土地分の家賃は非課税扱いになります。

事業用でも非課税になるって本当?

基本的に事業用家賃収入は課税対象になります。でも、課税対象者となるのは家賃収入が1,000万円を超えた場合のみです。そのため、1,000万円以下の場合は非課税となるので安心してください。

ただ、不動産物件を複数所持している場合は1,000万円を超える人が多くいます。そのため、課税対象となるので気をつけてくださいね(;´・ω・)

家賃収入をしている人はしっかり専門家に相談しよう

家賃収入を得ている人は、なるべく専門家に相談した方がいいです。先述したように些細なことで非課税なのに課税対象になってしまうことがあるからです(;´・ω・)

そうならないためにも、しっかり専門家に見てもらってください。専門家に相談するだけであなたも安心出来るのではないでしょうか?

相談費用はかかってしまうでしょうが、安心のためとなれば決して無駄ではないはずです(`・ω・´)
TOP