孫も遺産相続を受けることができる?さまざまなケースがあるのでチェックしよう!

孫も遺産相続を受けることができる?さまざまなケースがあるのでチェックしよう!

孫の場合は遺産相続にあまり関係がないと思われがちですよね(;´・ω・) 実際、通常のままであればほとんど遺産相続をすることができません。 でも、絶対に遺産相続ができないわけではないのです。 今回はどんなケースで孫が遺産相続をできるのかチェックしてみましょう( `―´)ノ
孫の場合は遺産相続にあまり関係がないと思われがちですよね(;´・ω・)

実際、通常のままであればほとんど遺産相続をすることができません。でも、絶対に遺産相続ができないわけではないのです。

今回はどんなケースで孫が遺産相続をできるのかチェックしてみましょう( `―´)ノ

孫が遺産相続できるケースはある?

孫が遺産相続ができるケースとして、大きく分けて3つあります。それぞれで立場などが変わってくるので注意しましょう(;・∀・)

遺言書に書かれている

基本的に遺産相続は法定相続が財産を引き継ぐことが出来ます。しかし、遺言書によって遺贈という形で法定相続人ではない孫でも遺産を受け取ることができるのです。

遺贈によって孫が遺産を受け継いだ場合、注意点があります。それは相続税です。

孫が祖父母の財産を相続することで親の代の相続が1回免れることになります。つまり、孫の相続税額に2割加算した金額が相続税になるのです。

孫が遺産相続をする場合は若干相続税が他よりも高くなってしまうんですよね(;´・ω・)

代襲相続

祖父母の子供がなくなっている場合、子供に代わって孫が遺産相続の権利を持つことになります。基本的に代襲相続は子が亡くなっている場合でしか発生しません。

遺贈とも異なるので、相続税額の2割加算の対象でもないので安心しましょう。

孫と養子縁組を行う

祖父母が孫と養子縁組をすることで、遺産相続の権利が出てきます。本来は孫ですが、養子縁組によって「子」にランクアップしているからです(‘ω’)ノ

確実に孫に遺産相続をさせたい人がいるなら、養子縁組がもっとも適したやり方になるでしょう。

孫はどれくらい遺産相続ができるのか?

孫が遺産相続をする場合、どれくらいの金額が貰えることになるのでしょうか?

こちらでは、各立場における金額を紹介していきますね!

遺言書の場合

遺言書の場合、金額を自由に設定することが出来ます。極端に言えば「財産のすべてを孫に」とすることもできるのです。

ただ、それが通るケースはまずないでしょう。

法定相続人には一定の遺留分があるからです。それらを差し置いて孫がすべての遺産を相続できるとは限りません。法定相続人が異議申し立てをすることで、遺言書の見直しなどもされるケースがあるからです。

代襲相続の場合

代襲相続の場合は子が引き継ぐはずだった遺産を受け継ぐことができます。

亡くなった子の代わりに遺産を受け取ることになるので孫になったからと言って、金額が減らされることはないので安心してください。

養子縁組の場合

養子縁組の場合は、実子と同じ権利を持つことになります。そのため、法定相続分も「子」と同様の金額になるので安心しましょう。

法定相続人が増えるともらえる分が減る、と考える人もいますがその分だけ相続税も減るのです。手に入るお金も少なくなる分、支払うお金も少なくなるので結果としてはメリットの方が大きいでしょう。

さまざまなケースで孫も遺産相続をすることができる!

孫だからと言って必ずしも遺産相続をできないわけではありません。孫に遺産相続をさせる方法もあるのだと覚えておきましょう。

ただ、一般的に孫に遺産相続をさせるという人は意外と少ないですね。残された法定相続人と孫とのトラブルになりかねないので、そういった種を残さない人が多いのです。

ただ、祖父母から養子縁組などを持ちかけられた場合は勝手になるのではなく、他の法定相続人にも相談をしておくことをおすすめします。

自分たちに内緒でした場合と相談があった場合では、同じ結果でも気持ちの持ちようが変わってくるからです。逆の立場だと気分が良いものではないですよね(;´・ω・)
TOP