相続放棄をするメリットやデメリットは?なぜ、相続放棄をする人が多いの?

相続放棄をするメリットやデメリットは?なぜ、相続放棄をする人が多いの?

相続放棄にはメリットとデメリットがあります。 どちらかと言えば、デメリットの方が多いと言われているんですけどね(;^ω^) ただ、人によってはメリットの方が大きいと言われています。 今回は相続放棄のメリット・デメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´)
相続放棄にはメリットとデメリットがあります。どちらかと言えば、デメリットの方が多いと言われているんですけどね(;^ω^)

ただ、人によってはメリットの方が大きいと言われています。今回は相続放棄のメリット・デメリットについて紹介していきましょう(`・ω・´)
相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産の相続を放棄すること。

相続放棄のメリット

こちらでは、相続放棄のメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあれば、相続放棄を選ぶのでしょうか。

将来的なことも考えて、ぜひ参考にしてみてください(;^ω^)

被相続人の借金を背負わずに済む

被相続に借金があった場合、相続者が「借金も引き継ぐこと」になります。遺産相続などでは「良い部分」しか見せないところもありますが、お金が入ってくるだけではなく、自分のお金が出ていく可能性もあるのです(;´・ω・)

相続をした後で「借金のことは知らなかった」と言っても、それは通りません。

相続した以上、借金も引き継ぐので債権者から返済を求められてしまうのです。

揉め事を回避できる

相続をすることで親族との揉め事が生じることもあります。意外と、お金は魅力的だけどもめ事に関わりたくないから相続放棄をする人も多いです。

それだけ、相続に関する揉め事が多いということですよね(;^ω^)

トラブルから解放

お金のことになると、これまで優しかった人も豹変することがあります。そのため、余計なトラブルを抱え込むことになるのです。

お金は手に入ったけど、人間関係が悪化したなどさまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。

相続放棄のデメリット

こちらでは、相続放棄のデメリットについて見ていきましょう。相続放棄をすることでどんなデメリットがあるのでしょうか。

これまで相続放棄のデメリットについて知らなかった人は、今後のためにも覚えておきましょう!

相続財産をすべて手放す

via pixta.jp
結果として相続財産を全部手放すことになります。「これだけは貰いたい」なんてことができないんですよね(;^ω^)

欲しいものもいらないものも一律手放すことが相続放棄になるのです。

相続放棄後は撤回できない

一度相続放棄をすると、それを撤回することができません。

例えば、借金があると思っていたから相続放棄をしたけど、実際はなかったからやっぱり相続放棄はしません、なんてことはできないのです。

勘違いによる相続放棄でも撤回や取り消しは出来ません。そのため、相続放棄をするということは簡単に決めていいことではないのです。

遺産に関わると相続放棄が認められない

相続放棄をした後でも「相続放棄が認められない」ことがあるので要注意です。どんなことをすると相続放棄が認められないかというと、被相続の財産を使ったり処分したりした場合です。

これらを行うと相続をしたと認定されてしまいます。

特に同居をしている人たちに起こりやすいことなので注意しましょう。本人は意識していなかったのに、行動自体が相続したことを了承したとみなされたというケースは多くはありませんが、決してゼロではありません。

その結果、相続をさせられてとんでもない目に遭ったという人もいるようです(ノД`)・゜・。

相続放棄にはさまざまなメリット・デメリットがある!

親族間のトラブルとして多いものが「相続放棄」です。

あなたが相続放棄したことで、他の人が相続者になってしまい、思わぬトラブルを招いたというケースもあるようです(;^ω^)

被相続が生前にしっかり処分なりなんなりしてくれていればいいのですが、全員がそうしてくれるとは限りません。突然の不幸などもあるからです。

そのため、相続放棄に関するメリットやデメリットなどはしっかり把握しておきましょう。

安易に考えていた結果、さまざまなトラブルを招き、泥沼化したという話もあるからです。
TOP