ふるさと納税はどのような仕組みなのか?

ふるさと納税はどのような仕組みなのか?

豪華な返礼品などで度々話題になるふるさと納税は、自分が興味があったり応援をしたいと思っている自治体に税金という形で寄付をする仕組みです。自分が住んでいる地域以外の自治体にも寄付することができる魅力があるだけでなく、寄付をすることで税金の還付や控除を受けることができます。旅行などをして思い入れがある自治体に寄付をしたい、自然災害の被害があった場所を応援したい、興味がある返礼品を受け取るために寄付したいなど、自由に寄付をする自治体を選べるメリットがあります。

応援する気持ちでふるさと納税を活用しよう

豪華な返礼品などで度々話題になるふるさと納税は、自分が興味があったり応援をしたいと思っている自治体に税金という形で寄付をする仕組みです。

自分が住んでいる地域以外の自治体にも寄付することができる魅力があるだけでなく、寄付をすることで税金の還付や控除を受けることができます。

旅行などをして思い入れがある自治体に寄付をしたい、自然災害の被害があった場所を応援したい、興味がある返礼品を受け取るために寄付したいなど、自由に寄付をする自治体を選べるメリットがあります。

寄付をすると返礼品をもらう権利がある

想いを込めて寄付をするので、その使い道を選ぶことができます。各自治体に定められている様々な使い道の選択肢の多くが、まちづくりや復興支援などに活かされます。

単純に寄付をするだけでなく、自分の想いをしっかり伝えることができるのが、ふるさと納税の仕組みです。寄付をすると返礼品がもらえます。返礼品の多くがその自治体の名産品、特産品で、本社や工場がある場合はその会社の商品などがあります。

どのような返礼品が人気があるのかを調べることもでき、お米やお魚やお肉など食材の返礼品に人気があります。寄付をすると返礼品をもらう権利があるので、ふるさと納税をした自治体でどのような返礼品を扱っているかを事前に確認してください。

控除手続きをすることで還付

ふるさと納税は還付や控除になる制度が受けられます。控除の上限は決まっていますが、その範囲内であれば自己負担額は実質2,000円だけです。

寄付をするときはその感覚を実感することはありませんが、後から控除手続きをすることで還付されたり、税金が控除されるので、面倒だと思わずに手続きをするところまでがふるさと納税の仕組みだと思ってください。

申し込みの手順

事前に自分の控除上限額を確認

ふるさと納税に申し込みをするときは、事前に自分の控除上限額がいくらになるかを確認してください。基本は自己負担が2,000円になるようにどのくらいの金額の寄付をすれば良いかをシミュレーションできます。控除される上限額は全員が同じというわけではありません。

寄付をしたいと思っている人の家族構成や年収で変わってきます。参考例として独身の場合、年収が500万円あると60,000円、夫婦共働きで子供が一人いると84,000円、共働きで子供が二人いて年収800万円だと100,000円の上限で寄付をすると、自己負担が2,000円で済みます。

控除額のシミュレーション

控除額のシミュレーションをして自己負担の2,000円で済むことを確認したら、自治体に寄付をします。最初から寄付をする自治体が決まっていればすぐに手続きをすることができますが、返礼品目的で寄付をする場合、ふるさと納税サイトで見ることができるお礼品ランキングなどで、どのような返礼品があるかを確認することができます。

様々な返礼品があるのでもらって嬉しいもの、活用できるものを選ぶことをおすすめします。ふるさと納税の返礼品は各自治体によって届けられるタイミングが異なります。もし届けられるタイミングが気になるのであれば、事前にいつごろ届くか確認してみることをおすすめします。

最後に控除の手続き

最後に控除の手続きをします。申請方法は大きく分けて、ワンストップ特例制度と確定申告があります。どちらの方法でもふるさと納税の控除を受けることができるので、自分が負担にならないほうを選んで手続きをしてください。

一般的に納税額の控除をするときは確定申告をする必要はありますが、その手間を省く目的でふるさと納税に限り、確定申告をしなくても寄付金控除を受けとれる制度をワンストップ特例制度と言います。

この制度を受けることができる対象者は、1月1日から12月31日までの年間寄付先が5自治体以内で他に確定申告をする必要が無い人です。
確定申告をする必要がある人の対象条件は、ふるさと納税以外の確定申告をする必要があって、1月1日から12月31日までのふるさと納税の年間寄付先が6自治体以上だと、ワンストップ特例制度の対象外となるので確定申告をする必要があります。

ここまでの仕組みを理解しておくことで、2,000円の自己負担額でふるさと納税を活用することができます。

まとめ

ふるさと納税は、自分の想いを自治体に届けやすい魅力的な制度です。自分が住んでいる地域や出身地でなくても寄付をすることができます。

返礼品が注目されがちですが、基本的な考えは自分が寄付するお金を有効に活用してほしいという思いを持って寄付をすることです。その思いは必ず寄付をした自治体に届き、寄付金が有効活用されて魅力ある街づくりに活かされたり、災害が多い日本だからこそ、ふるさと納税で寄付されたお金が復興工事に活かされることもあります。

自分の想いを届ける気持ちを持って、興味がある自治体に寄付をしてください。ふるさと納税の仕組みを知ることで、負担なく自治体の発展に役立つ寄付をすることができます。
TOP