生命保険料控除の上限が12万円って本当?誰に相談するべき?

生命保険料控除の上限が12万円って本当?誰に相談するべき?

生命保険に加入している人は、生命保険料控除を受けることができます(n*´ω`*n) 備えながらも節税対策になるので、積極的に加入しておいた方がいいですね。 特に病気や怪我などは、突然やってくるものです(;´・ω・) そのため、後から「加入しておけば良かった」と」後悔しても遅いのです。 事前に備えるようにしておきましょう(`・ω・´)
生命保険に加入している人は、生命保険料控除を受けることができます。備えながらも節税対策になるので、積極的に加入しておいた方がいいですね。

特に病気や怪我などは、突然やってくるものです。

そのため、後から「加入しておけば良かった」と」後悔しても遅いのです。事前に備えるようにしておきましょう。

生命保険料控除には上限がある!

生命保険料控除と言っても、生命保険料すべてが控除されるわけではありません。そのため、全額控除だと思っている人は注意してくださいね(;^ω^)

控除だと聞くと、全額控除になるんじゃないかって期待もありますけどそこまで甘くなかったですね。

生命保険料控除の上限はいくら?

法改正によって所得税の控除限度額が10万円から12万円に拡充されました。そのため、12万円が上限だと思っていてもいいでしょう。

新生命保険料に係る控除額は3万円、旧生命保険料に係る控除額は5万円、両方の適用と受ける場合の控除額が4万円の場合、一番大きな金額が控除額となるのです。

その他に介護保険料医療控除、個人年金保険料控除などを含めて12万円を超えたとしましょう。超えた分はカットされて、12万円が控除額になるのです。

契約日によっても変わってくる?

先述したように生命保険料控除額は法改正で拡充されました。そのため、新生命保険料の控除額と旧生命保険料控除では異なってくるので注意しましょう。どちらの控除になるのかは契約日を確認してください。

契約日が平成23年12月31日以前であれば旧契約、平成24年1月1日以降であれば新契約と考えてください。

全体控除額の限度額は12万円!

生命保険料控除は全体で12万円が控除上限となります。全体での上限なので各項目が12万円というわけではありません。

ややこしいですけど、間違わないように覚えておきましょう(^_^;)

生命保険料控除のことが分からない場合は?

生命保険料控除に関することが分からない場合は、どこに相談すればいいのかと悩む人も多いです。そんな時はどこに相談をすればいいのか紹介しますので、チェックしておきましょう(`・ω・´)

保険会社に聞いてみよう

保険会社に相談するのもおすすめです。ただ、保険会社の中でも控除に関して詳しい人もいれば分からない人もいます。

あくまでも保険商品に関するプロフェッショナルなので、知っている人もいれば知らない人もいます。これに関してはスタッフによりけりなので、相談しづらいかもしれません。

税務署に問い合わせてみよう

一番手っ取り早いのは税務署かもしれませんね。何と言っても税に関するプロフェッショナルが揃っているからです。でも、何となく税務署に行くのってドキドキしてしまいますよね(;´・ω・)

悪いことをしているわけではないのに、何かツッコミが入るんじゃないかとビクビクしてしまいます(笑)

自分で調べてみよう

インターネットでも詳しく紹介されているので、そちらを参考にするのもいいかもしれません。詳しく紹介されているページなどもあるので、それらを確認してみることもおすすめです。

ただ、ずらっと専門用語が並んでいるところもあるのでわかりづらい人もいるようです(;´・ω・)

損のないようにリサーチしておこう!

生命保険料控除をしっかりすることで税金や還付金などに関わってきます。そのため、しっかりと把握しておくようにしましょう。年末調整などで生命保険料控除を受けられなかっただけで、税金が変わってきます。

本来であれば、もっと安くで済んでいるのに生命保険料控除をしなかっただけで高くなってしまうこともあるので注意しましょう(;´・ω・)

少しでも出費を抑えるために、しっかり控除を受けて税金を抑えられるようにしてくださいね!
TOP