遺産相続で支払わなければいけない税金とお得な節税対策

遺産相続で支払わなければいけない税金とお得な節税対策

遺産相続をする時には、事前に遺産相続について勉強しておかなければいけません。家族との相談はもちろんですが、相続したものに対する税金についてはしっかりと勉強しておかなければいけません。
遺産相続をする時には、事前に遺産相続について勉強しておかなければいけません。家族との相談はもちろんですが、相続したものに対する税金についてはしっかりと勉強しておかなければいけません。
「相続」とは、ある人が死亡したときにその人の財産(すべての権利や義務)を、特定の人が引き継ぐことをいいます。簡単にいうと、亡くなった人の財産を配偶者や子どもといった関係者がもらうことです。

遺産相続で支払わなければいけない税金

遺産を相続した時には、税金を支払わなければいけません。

事前にどのような相続に対して、どのくらいの金額を税金として納めなければいけないのかは、事前に確認しておかなければいけません。遺産を相続する時に必要となる相続税についてご紹介していきます。

申告が必要となるケース

遺産を相続した時には、申告しなければいけないケースと申告しなくても大丈夫なケースがあります。その判断は基礎控除の額によって決まります。

基礎控除は、3,000万円+600万円×相続する人の数によってきまります。相続する人の数が配偶者と子供3人の場合には、3,000万円+600万円×4となりますので、5,400万円までは税務署にたいして申告が扶養になります。

相続税がかかる財産

相続税は相続した全てのモノにかかるわけではありません。例えば、墓地や仏壇、神棚、神具、生命保険の非課税枠、死亡退職金の非課税枠などにはかかりません。

相続税の対象となるのが現金、預貯金、有価証券、宝石などの貴金属類、土地、家屋、貸付金や特許権、著作権なども相続税の対象になります。

また、亡くなる前3年以内の贈与や相続時精算課税による贈与、名義財産、書画骨董、自動車、ゴルフ会員権、公社債なども対象になってきます。相続する内容が多い場合には、弁護士に依頼する必要があるかもしれません。

遺産を相続した時にできる節税対策

遺産を相続すると、遺産が大きければ大きいほど相続税が高くなってしまいます。

相続する内容によっては、手持ちの資産では足りなくなってしまうために、相続する不動産などを売却しなければいけなくなってしまいます。そうならないためにも、気合を入れて節税対策をしていきましょう。

生前贈与

生前贈与は、相続税の節税対策として最もスタンダードなものです。

生前贈与をしておけば、相続する金額を減らすことができますので、単純に相続税を少なくすることができるのです。相続する財産が1億円あったとして、生前贈与を3,000万円しておくと、相続税が生前贈与した金額を引いた7,000万円になりますので、確実に節税することができます。

生前贈与をする時には、手渡しではなく銀行振り込みで行うようにしないと、生前贈与をした証拠がなくなってしまいます。

必ず銀行振り込みにするか、贈与を行う際に少し面倒かもしれませんが、贈与契約書を作成するようにしましょう。

賃貸アパートを建築する

相続した更地の相続税の支払い金額をおさえたいのであれば、更地の上に賃貸アパートを建てるといった節税対策もあります。賃貸アパートを建てることによって、更地ではなく固定資産税評価額が採用されます。

固定資産税評価額は、資産を取得した金額の60パーセントになりますので、賃貸アパートを5,000万円で建築した場合には、固定資産税評価額は3,000万円になります。もちろん相続税も3,000万円分ですみますので、単に更地を相続した時と比較して2,000万円の節税対策を行ったことができます。

また、更地に賃貸アパートを建築した時に、一定の条件を満たすことによって、土地の評価額を80パーセント減額することができます。これを小規模宅地等の特例というのですが、賃貸アパートが建築されている土地は、この小規模宅地等の特例のタ一生となる土地なのです。小規模宅地等の特例が適用されれれば、かなり大きな節税対策になります。

節税対策をしっかりと行おう

何もしないで相続してしまった場合と比べて、やはり事前に相続税の節税対策を知っておくことは非常に重要になります。

中には知らずに相続してしまい、逆に出費が大きくなってしまうような事例もありますので、まだ両親が元気であっても、相続税について詳しく理解するようにしていきましょう。
TOP