車関連は経費になる?副業の経費における家事関連費を把握

車関連は経費になる?副業の経費における家事関連費を把握

車を副業の際に使うことも多いでしょう。 その際に気になるのが経費として認められるかどうかですよね。 自家用車で打ち合わせに行った時のガソリン代は経費になる? 車を買ったけれど家族も使うから経費で落とせない? など、プライベートと仕事の両方で使うものでも経費として落とせることが多いです。
車を副業の際に使うことも多いでしょう。

その際に気になるのが経費として認められるかどうかですよね。

自家用車で打ち合わせに行った時のガソリン代は経費になる?

車を買ったけれど家族も使うから経費で落とせない?

など、プライベートと仕事の両方で使うものでも経費として落とせることが多いです。

家事関連費とは?

100%仕事でしか使っていないものであれば経費として悩まずに申告できますが、仕事でもプライベートでも使うものに関しては、悩んでしまうこともありますよね。

それは家事関連費として経費計上が可能です。

仕事用とプライベート用の両方で使っている

家事関連費とは仕事用、プライベート用とはっきり分けられず、お金を切り離せない費用のことです。

例えば自宅で仕事をしている場合、インターネットなどは仕事でも使うしプライベートでも使いますよね。

費用としてどれくらいの割合を仕事で使っているかを算出し、経費を計上します。

主な家事関連費

主なものには、自宅で副業をしている場合、家賃やインターネット利用料金、電気代、水道光熱費、携帯料金、持ち家の場合は減価償却費、車やガソリン代などがあります。

副業で使用した車関連の費用について

副業で車を使う場合もあるでしょう。

その際の車関連の費用について解説します。

車関連で経費にできるもの

車関連で経費にできるものは、副業用で購入した車の購入費、ガソリン代、車検や定期点検などのメンテナンス費、駐車場代、重量税などの手数料などです。

ただし、個人事業主の場合任意保険料は計上できないので注意しましょう。

経費の算出方法

経費の算出は、プライベートと仕事で使った割合に応じで計算します。

ガソリン代、高速代、そして駐車場代など仕事で使った分を管理しておきましょう。

車を購入してもその年に全額を経費として計上することはできません。

車は複数年乗り続けるものなので、購入費用を耐用年数で分割し、その金額を計上していきます。

耐用年数は車の種類や新車や中古車かなどによって変わります。

場合によっては中古車の方が経費計上は大きくなることも。

なぜなら、中古車の方が耐用年数は短く、減価償却が早いからです。

税金対策の勉強方法のコツ

車関連の費用も経費として計上できるということは分かってもらえたと思いますが、仕分先など計上方法は細かいものです。

例えばガソリン代は仕分先がないので、車両費や消耗品費などどんな風に利用したかで仕分けます。

車検代や修理費用は内容によって仕分先が修繕費になったり、車両費になったりします。

このようなことは車以外でもあるでしょう。

税金対策としてはこういったことも勉強していく必要がありますが、なかなか独学では難しいですよね。

仲間を作る

経費に関することは仲間がいれば助かることも多いです。

副業や経費に関する話をしている中で自分では気づけなかったことや、知らなかったことなどを勉強することができるでしょう。

インターネットにはさまざまな情報が掲載されていますが、多すぎて勉強するには効率的ではないことも。

初心者だと理解できないこともあるでしょう。

仲間がいれば相談できたり、分からないことを聞いたりできるので便利です。

税金の専門家を利用する

安心なのは税金の専門家を利用することです。

一つは国税局の税務相談室です。

無料で相談できるのがメリット。

ただし、基本は質問に対して回答をしてくれるので、質問内容は具体的にすることが必要です。

個人事業主として収入が増え、さらに法人化も視野に入れるなら、税理士の活用もおすすめです。

税金に関するアドバイスを受けることができ、税金対策もきちんとできるでしょう。

家事関連費を把握して節税につなげよう

仕事とプライベートの両方で使用するものは経費として計上可能です。

ただしすべてが計上できるわけではないので、割合を計算する必要があります。

このような家事関連費を把握することで節税にもつながりますね。

また、経費に関することは簡単には判別できなこともあるでしょう。

経費の仕分け方なども勉強が必要ですね。

同じ仲間を作れば、より賢く節税対策ができるでしょう。
TOP