副業の経費は申告できる?サラリーマンの副業で忘れがちな節税術とは

副業の経費は申告できる?サラリーマンの副業で忘れがちな節税術とは

社会不安や終身雇用制度崩壊といった問題から、副業をスタートしている人が増えています。 副業で稼ぐときに考えなければいけないのが税金の手続きでしょう。 実は副業のほうが給与所得よりも節税の方法がたくさんあります。 経費を活用した知らないと損する節税術をまとめました。
社会不安や終身雇用制度崩壊といった問題から、副業をスタートしている人が増えています。

副業で稼ぐときに考えなければいけないのが税金の手続きでしょう。実は副業のほうが給与所得よりも節税の方法がたくさんあります。経費を活用した知らないと損する節税術をまとめました。

副業に関わる税金を知っておこう

税金はその人の所得全体にかかります。

そのため、本業で源泉徴収されていたとしても副業する分の所得税や住民税は増加します。副業に関わる税金について知っておきましょう。

所得税はどうやって計算する?

所得税は総収入から諸経費と所得控除を差し引いた課税所得額に対して、所定の税率をかけて税額控除を差し引くことで計算されます。所得は10種類に分けられ、それぞれ扱いや計算方法が違います。

副業の所得はどこに分類される

副業の収入はどこから生まれた所得なのかによって分類されます。副業としてアルバイトした場合なら本業と同じ給与所得になりますが、不動産賃貸をおこなえば不動産所得、株式売買なら譲渡所得です。

またブログやYouTubeで広告収入を得る場合もあるでしょう。規模や継続性が認められると事業所得と判断されることもありますが、そうでない場合は雑所得に分類されます。

所得税を計算するためには、その副業がどの所得に該当するかを知っておかなければいけません。

経費を活用すれば、副業がもっとお得に

副業で税金が増えることを嫌がる人は多いはずです。節税するコツの一つが経費の扱い方です。どのように活用すればよいのでしょうか。

所得と収入は違う

税額を計算する前に所得と収入の違いを知っておいてください。収入は簡単に言えば売上です。お金として受け取った金額そのものを指します。

しかし、そのお金を受け取るまでには仕入れのほか人件費、電気代といった経費が掛かっています。収入から上記の経費を差し引いたものを所得と呼びます。

例えば売上が1億円を超える個人事業主と聞くと税金も多く支払っているイメージがあるでしょう。
しかし、実際には収入だけでは税額がわからず、必要経費を差し引いた所得を確認しないと税額はわかりません。所得を少なくするには経費の計上がポイントとなるのです。

サラリーマンは経費を計上できない

サラリーマンでも、経費を計上すれば給与所得を減らせると考える人もいるかもしれません。

しかし、サラリーマンの場合は収入金額で自動的に算出されるため、残念ながら経費を計上できません。その代わりに給与所得控除として所得から差し引いて計算することになります。経費が認められる所得は雑所得と事業所得、不動産所得だけなので注意してください。

副業の経費を計上しよう

雑所得と事業所得、不動産所得は経費が認められるといっても、なんでも経費に計上できるわけではありません。経費になるのは直接収益に関係しているものだけです。そのためプライベートのものではなく、純粋に収益を得るために購入したものを経費に計上します。

部分的に経費になるものもある

自宅で仕事をしている場合など、100%が経費ではないがプライベートでも副業にも使うというものもあるでしょう。

そのようなケースは家事按分という考え方で、支出した費用を按分することができます。例えば自宅の一室を事務所にしている場合は、敷地面積などを基準にして家賃をプライベート用と副業用に分けることができます。

水道光熱費や通信費なども時間などで按分が可能です。

より節税するなら青色申告も検討しよう

サラリーマンの場合は、今まで自分で確定申告してこなかった人も多いでしょう。

副業に対する税金を抑えるなら経費対策は欠かせません。また青色申告にすることで控除が受けられるなどの税制優遇を受けることができます。

同じ副業であっても確定申告の方法で、納税額が変わります。副業をきっかけに税制や確定申告の知識を学んでおきましょう。
TOP