副業をしていくらから確定申告をするのか??

副業をしていくらから確定申告をするのか??

今副業ブームで、本業のほかに何かしら仕事をしたり作業をしたりして収入を得る人が増えています。本業のほかに収入があれば、副業とみなされます。実際にいくらから申告するかというと、20万円以上を超えた場合に確定申告をする必要があります。今副業は自宅にいながらインターネットを使って気軽にできる時代なので、副業の収入があれば自分自身で確定申告をする必要があります。やり方によっては1年で20万円を超えるのは難しいことではありません。源泉徴収される給与所得以外の収入が20万円以上あれば確定申告をすると覚えておけば問題ありません。アフィリエイトなどの広告収入やせどりなどで得た収入は雑所得に分類されます。

いくらから確定申告をするのか?

今副業ブームで、本業のほかに何かしら仕事をしたり作業をしたりして収入を得る人が増えています。本業のほかに収入があれば、副業とみなされます。

実際にいくらから申告するかというと、20万円以上を超えた場合に確定申告をする必要があります。今副業は自宅にいながらインターネットを使って気軽にできる時代なので、副業の収入があれば自分自身で確定申告をする必要があります。

やり方によっては1年で20万円を超えるのは難しいことではありません。源泉徴収される給与所得以外の収入が20万円以上あれば確定申告をすると覚えておけば問題ありません。アフィリエイトなどの広告収入やせどりなどで得た収入は雑所得に分類されます。

雑所得とは?

副業をした際に支払う税金の分類は雑所得として扱われることが多いです。雑所得とは、会社から支給される給与所得や株式の配当金を得たときに支払う配当所得など、10種類に分類されている所得のうち雑所得以外に該当しないものは全て雑所得して扱われます。

副業で得られる収入の多くが雑所得に分類されるので、覚えておきたい税金の区分になります。雑所得には大きく分けて2種類あります。国民年金や厚生年金などの支給を受けている高齢者が支払う公的年金の雑所得と、副業などで年間20万円の利益があったときに支払う公的年金以外の雑所得の2種類です。

公的年金以外の雑所得とは?

株取引やFXや仮想通貨などが公的年金以外と見なされます。さらにライティングなどの記事作成業務も原稿料として見なされて税金を支払います。
via pixta.jp
副業をして20万円以上の収入を得た人が支払う公的年金以外の雑所得は何が該当するかというと、アフィリエイトでの収入やオークションやフリマで販売をしたり転売をして得た収入などが多いです。

さらに、投資をしている人も公的年金以外の雑所得に該当します。株取引やFXや仮想通貨などが公的年金以外と見なされます。さらにライティングなどの記事作成業務も原稿料として見なされて税金を支払います。本業以外の副業の多くが雑所得に分類されるという認識で問題ありません。要領よく副業をすると1年間で20万円はあっという間に達成する金額です。

初めて稼いだから確定申告しなくても大丈夫だろうという安易な考えは通用しません。もし確定申告をしないと脱税をしたことになります。

しっかり経費を差し引こう

確定申告をするうえで欠かすことができないのが、経費についてです。

経費を差し引いた額が雑所得として見なされて納税の対象になります。副業で稼いだ金額ではなく、経費を差し引いた金額で申告をすることが重要です。例えばオークションをして30万円の利益があったとしても、仕入れで25万円支払っていれば差し引いて5万円の利益になります。

確定申告をするのは収入から経費を差し引いた額が20万円なので、5万円の利益であれば税金を支払う必要はありません。ここを理解していないと自分が損をすることになります。経費には勘定科目というものがあり、副業でも種類に応じて様々な経費がかかります。例えばインターネットは通信費、宅配便に支払ったお金は荷造運賃費などと分類して確定申告の用紙に記入をします。

自分が損をしないためにも、副業をした期間のお金の流れをしっかり把握しておく必要があります。そのため、領収書などを捨てないで取っておくことが求められます。

脱税をしないこと

副業で20万円以上の雑所得があれば、必ず確定申告をしてください。そうしないと脱税となり犯罪者になります。確定申告をしない人もいますが、それは申告が面倒だからです。

しかし、税務署はしっかり利益が出た人を見ています。意外なところから収入があったことを知られることがありますが、それは口座やインターネットを使って取引などをした履歴が残っていると金銭の取引があったと見なされて、その金額が経費を差し引いて20万円以上であれば必ず確定申告をしなければいけません。

金額が大きくなればなるほど...

金額が大きくなればなるほど、脱税をしようとしてもすぐに確定申告をしていないことが発覚する可能性が高まります。支払うべき税金を払っていなかったり、本来払うべき金額よりも少ないことが発覚したら、追徴課税を受けて余計に支払うことになります。

過少申告と見なされたときに支払う税金や申告をしてないときに支払う税金、さらに重加算税や延滞税も追徴課税に該当します。悪質であると見なされると、追加で多額の税金を支払うことになります。

副業で多くの利益を得た人が脱税をしてニュースになることもあるので、雑所得が20万円以上になったら必ず確定申告をしなければいけないという意識を持って副業をしてください。

まとめ

お金を稼ぎたくて副業をしますが、そこには必ず税金を払う義務があるという認識を忘れないでください。それが確定申告です。1年間の経費を差し引いた所得が20万円以上あれば、誰でも確定申告をする必要があります。

バレないから大丈夫だと思ったら、それは犯罪行為です。脱税をしないためにも、事前に税金や確定申告の知識を身につけて、安心して副業ができるように体制を整えてください。
TOP