家賃収入がある方がすべきおすすめの税金対策を教えて!!

家賃収入がある方がすべきおすすめの税金対策を教えて!!

現在仕事をしている人からも家賃収入の人気が高い理由はなぜでしょうか。 最近では、新型コロナウイルスの影響で、お給料が下がってしまったり、リストラされたり、会社が倒産してしまったりした時であっても、家賃収入で賄うことができる可能性があるため注目が集まっています。 しかし、家賃収入も所得ですので税金がかかってしまいます(´ε`;) そこで家賃収入がある方へおすすめの税金対策を紹介します。
現在仕事をしている人からも家賃収入の人気が高い理由はなぜでしょうか。

最近では、新型コロナウイルスの影響で、お給料が下がってしまったり、リストラされたり、会社が倒産してしまったりした時であっても、家賃収入で賄うことができる可能性があるため注目が集まっています。

しかし、家賃収入も所得ですので税金がかかってしまいます。そこで家賃収入がある方へおすすめの税金対策を紹介します。
税金対策とは、税法の枠内で、本来であれば支払う必要のなかった税金を無駄に支払わないようにすることである。

家賃収入にかかる税金とは?

via pixta.jp
賃貸経営を行う時には、扱っている不動産がマンションだろうが戸建てだろうが税金についてしっかりと計画を立てなければ、利益を順当に確保することは難しいと言えます(´;︵;`)

家賃収入を得ることによって、どのような税金がかかってくるのでしょうか?

所得税

所得税は、1月1日から12月31日までに発生した所得にかかる税金になります。基本的に所得が大きければ税金も大きくなります。

所得税は、一年分の所得金額から所得控除によって差し引いた金額に、決められた税率を適応させて求めることになります。

会社員の場合には、毎月お給料をもらう前に取得税が引かれた金額が振り込まれますが、家賃収入の場合には、自分で計算して納めなければいけません。

住民税

住民税は、1月1日に住民票のあるエリアごとに徴収される税金です。住民税は県民税と市民税の二つに分かれていますが、納める時には合算して納めた後に、担当の方が県民税と市民税に分けて納税してもらうことができるみたいです(°д°)

住民税は、基本的に収入の10パーセントの金額になります。また、本業が別にある方の場合には、合算して計算する必要があります。

固定資産税

固定資産税は、1月1日時点で、マンションや戸建てなど建物に加え、土地などの不動産全般を所有している方が支払う税金になります。固定資産税は、年4回の分割払いが一般的でみたいです(๏д๏)

固定資産税は一定ではなく、固定資産税評価基準を参考に算出されるみたいです。不動産の評価額を調べる家屋調査が行われ、納税する金額が決まります。

おすすめの税金対策とは?

家賃収入は、どうしても税金の納付を避けることができません(*≧m≦*)

しかし、納税する税金を少なくすることは可能です。これを節税対策というのですが、家賃収入に対する節税対策にはどのような物があるのでしょうか?

家族を青色事業専従者にする

家族を青色事業専従者にすることで、大きく節税することができます。基本的に家賃収入には確定申告が必須となるのですが、その際に青色申告を行う際に、合わせて青色事業専従者給与に関する届出書を提出することができます。

つまり奥さんや両親などにお給料やボーナスを支払う事ができるのです。この支払ったお金は出費となりますので、所得から削除することができます(´◠ω◠`)

結果的に節税に繋がるというわけです。

経費として申告する

家賃収入を得るためには、いろいろとお金がかかります。そういったお金を必要経費として計上することによって、節税をすることができます。

例えば、所有している不動産をチェックする時に支払った交通費、不動産の担当者やコンサルタントとの会食などで生じた費用、家賃収入を得るために生じた電気代や水道代、スマートフォンの利用料や通信費用なども経費として申告することができます。

税金に詳しくなろう

会社員の方が家賃収入を得ることは、大変かも知れませんが、リスクヘッジになりますのでかなりおすすめです。

ただし、会社勤めの時よりも税金に対しての知識を付けなければいけませんので、しっかりと勉強するようにしましょう。特に相続などによって急に不動産を所有した時などは、早めに勉強を開始することをおすすめします。
TOP