相続税基礎控除と生命保険のポイントとは? 覚えておきたいことについて

相続税基礎控除と生命保険のポイントとは? 覚えておきたいことについて

遺産相続などは相続税がかかりますよね(-_-;) では、保険金はどうなっているのでしょうか。 せっかく保険金をもらっても、それが相続税でほとんど取られてしまうとやり切れませんよね。 今回は生命保険と相続税基礎控除の関係性について紹介していきましょう(`・ω・´)
遺産相続などは相続税がかかりますよね(-_-;)

では、保険金はどうなっているのでしょうか。せっかく保険金をもらっても、それが相続税でほとんど取られてしまうとやり切れませんよね。

今回は生命保険と相続税基礎控除の関係性について紹介していきましょう(`・ω・´)

生命保険に相続税はかかるのか?

via pixta.jp
こちらでは、生命保険に相続税がかかるのかということについて見ていきましょう。

今後、生命保険を受け取る際にこれらのことを覚えておけば役立つかもしれません(`・ω・´)

生命保険を活用している場合

2,000万円の保険金受取を設定していると、1人500万円までは非課税で相続できます。そのため、妻と3人の子供がいた場合は非課税で相続することができるのです。

高額な生命保険が入金されたからと言って、すべてが課税対象ではありません。

生命保険を活用していない場合

家族の総資産が8,800万円だった場合、基礎控除が3,000万円+600万円×4人となります。つまり残り3,400万円には20%の相続税がかかるため680万円支払わないといけないのです。

生命保険を活用している場合とそうではない場合で大きな違いが出てくるので注意しましょう。

ファイナンシャルプランナーを頼ろう

お金のことで悩んだ時は、ファイナンシャルプランナーを頼るようにしましょう。ファイナンシャルプランナーは税金や年金など、お金に関するプロフェッショナルです。

素人がネット情報を探るよりも、しっかりと知識を持ったファイナンシャルプランナーに相談した方が有益なアドバイスなどを受けることが出来ます。

生命保険と相続税基礎控除の関係

こちらでは、生命保険と相続税基礎控除の関係について見ていきましょう(`・ω・´)

どのような関係があるのかによって、生命保険を活用するべきか否かを決めることができます。

生命保険金には非課税枠が用意されている

生命保険には非課税枠が用意されています。そのため、先述したように生命保険を受け取ってもすべてが課税対象になるわけではありません。

非課税枠を使うことによって、保険金を非課税で受け取ることも可能なのです。

ただ、すべての人が非課税で受け取れるわけではありません。金額が大きければ大きくなるほど、課税対象になる可能性が高くなるのだと覚えておきましょう。

受け取った保険金を納税に充てることができる

例え、非課税ではなくても普段よりは随分と抑えた金額になるはずです。受け取った保険金で納税することもできるので、元々の貯金などを切り崩す必要がありません。

受け取った保険金を納税に充てる人も多くいるので、そういったことも考えておきましょう。

複数の相続人がいる場合は相続財産の分割がしやすい

複数の相続人がいる場合は、相続財産の分割をしやすいです。相続人が複数いるということは、それだけ負担も分けることができるということですよね(;^ω^)

相続財産の分割をすることで、非課税にすることが出来る場合もあるようです。

相続税などは状況などによって変わってくるので、しっかりとした専門知識を持つ人に相談するようにしましょう。

生命保険と相続税基礎控除の関係をしっかり覚えておこう

生命保険と相続是基礎控除の関係はしっかり覚えておいてくださいね。生命保険は多くの人が加入しているため、将来的に役に立つ知識が多いはずです(^_^;)

節税のためにも、しっかりと知識を学んでおきましょう。

知識を持たないままだと、そのまま節税することなく素直な計算で相続税が決定されてしまいます。

極端な節税方法はありませんが、ちょっとした知識を知っておくことで節税に繋がるばあいもあるので注意しましょうね(;^ω^)

税金については、自分で動かないと誰も助けてくれないのです(ノД`)・゜・。




TOP